スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓会

同窓会

★先日、大垣市で大学同期の同窓会があった。県内を四つの地域に分けて、各地域が交代で幹事を受け持ち毎年実施している。以前は対象者全員に案内状を出していたのだが、最初から一度も参加しない者に同じように案内状を送付し続けるのも、幹事の事務を繁多にするだけだし予算も嵩む、さらに私たちの年齢になると、こういう昔からの組織を面倒だと思う者がいることも理解出来る。そこで、数年前に「今後は案内状を送らなくてもよい」「今後とも案内状を送ってほしい」のアンケートをとってメンバーの整理をした。その結果37名の同期生が残った。そして、今回は20数名が大垣に参集したのだ。私たちの年齢にしてはまぁまぁの出席率だろう。

★大垣の幹事の大垣散策計画が面白かった。商店街の各店を廻ってスタンプを押してもらって、そこで記念品をいただくというやつだ。煎餅屋さんでスタンプを押してもらうと、記念品のデッカイせんべいを一枚もらい、バリバリ頬張りながら、次の饅頭屋さんに行き金蝶饅頭を一個いただき、さらに次の店では甘~い柿羊羹を一切れいただく、といった物貰い行脚だ。なんか子どもの頃にお菓子を貰うのが楽しみで各家々のヒナ飾りを見て回ったことを思いだした。

★大垣の幹事がかなりの健脚で、私たちはアップアップしながら彼について廻った。中には万歩計を付けている者もいて 『きょうはもう二日分歩いた』 と叫ぶヤツ、『足がつりそう…』 と太ももをさするヤツ、『喫茶店で一服しようぜ!』 とわがままいうヤツ(私だが)、
それにしても行き交う大垣の人たちは、せんべいや饅頭を食べながらゾロゾロ歩く集団をどう思って見ただろうか?。キッとどこからかやって来た不良老人集団と思ったのではあるまいか。「大垣の皆さん決して怪しいものではありません、恥はかき捨て気味の少々羞恥心が薄らいだ集団ではありますが…」。

★夜の旅館がまた良かった。今はあまり見られなくなった老舗の和風料理旅館だ。宴会場の窓にライトアップされた大垣城が浮かんでいた。
さぁて、来年の幹事は何処で開催するか…、何処ででもいい、またみんなが元気に集まれれば、それだけでいい。

ポチッ!

富士山

富士山

★「二人展」が終わって、気分的にも少々楽になったので、先週の24~25日、一泊二日の旅行に行ってきた。
地元の仲間たちと伊豆・箱根方面への旅だ。

★私の地方からの一泊旅行では、北陸方面や伊豆箱根方面は定番のコースで、私も何回か訪れている。湯河原温泉も馴染みのところだが、今回の山手の奥湯河原温泉は初めてだった。
ちょうど紅葉が最盛期で、ホテルの従業員も訪れていた観光客も『今年はホントに紅葉が美しい!』と感動していたが、私の郷里である飛騨の紅葉の美しさに比べれば比較にならない。鮮やかさも赤色や黄色の彩度がかなり鈍いし、ちょっと言い過ぎかもしれないが、山を覆う色のバランスも飛騨地方のそれと比べれば落ちる。

★しかし、ここに来なければ見ることが出来ない富士山という珠玉の風景がある。
幸運なことに、つい三日前に大きく冠雪した富士山の姿に会えた。夕日に映えるやや赤みがかった富士、青空にそそりたつ富士、何度見ても、何回訪れても、その存在感には誰もが息をのむ。
自分の存在がいかに小さいか、自分の抱いている悩みや怒りがいかに取るに足らない小さなものかを強烈に感じさせる富士の山である。

★富士山、学生の頃、友人と二人で登ったことがあるが、結構きつく苦しかった。遠くから眺める端麗さとは、およそほど遠い厳しい山だった記憶がある。でも、それも何だか厳優を包括してそそりたっているようでカッコイイ。

ポチッといただけば感謝感激です!

「城崎にて」に行ってきた

「城崎にて」に行ってきた

★今秋も東京にいる次男が恒例の『何処か2泊3日の旅行に連れて行ってやるから』ということで、休暇を取って来てくれた。
家内は2回ほど行ったことがあるが、私はまだ行ったことがなく一度行ってみたい温泉地がある。城崎温泉だ。
現役時代は職場や職場のセクションごとの旅行が毎年あったり、友人とドライブしたりして、本州のほとんどの温泉地は行っているのだが、なぜか城崎温泉だけは行ったことがなかった。
学生の頃に読んだ、志賀直哉の短編「城崎にて」はずっと印象に残っていたし、私なりに城崎のイメージも描いていた。
そこで、今回はそこに連れて行ってもらうことにした。

★高速名神から新名神に乗って、神戸から舞鶴若狭自動車道を北上し、春日JCTで降りて、出石、豊岡、を経て城崎温泉に着いたが、家からほぼ350キロのだった。乗っている私たちは快適なドライブだったが、運転の次男は前日の東京からの家に帰って来た距離を併せて800キロほどになるから大変だっただろう。

★さて、その城崎温泉、街も宿も、なかなか良い。少し昔の街並みに昭和初期の空気が漂っていて、志賀直哉の短編「城崎にて」に描かれている雰囲気がまだそのままある。小説に出てくる主人公がケガの治療で数ヶ月逗留して見た城崎のさまざまを私もいま見ているのだ、と思いながら川の両岸を散策した。

★が、食事、日本海はいまカニの最盛期、城崎でも、次の日の由良浜でも、朝夕食ともカニのテンコ盛りだった。『こうも食えるか!』と言うほどカニが並ぶ。でもせっかくなので食べまくった。おかげで当分はカニを見ただけで吐きそうだ。

★帰りは、丹後半島を横切って由良浜に泊まり、舞鶴から小浜を経て北陸道で帰ってきたが、水平線に立つ虹を見たり、北朝鮮か何処からか流れ着いた貝殻の付着したブイを拾ってきたり、実に楽しい全長750キロの3日間だった。

★次男は、仕事が忙しくすぐ東京に帰り、私は明後日から二人展を始める。
『さぁて、ちょっと遊んだので次男に負けないように頑張るか!』

ポチッといただけば感謝感激です!


生きている

生きている

★少し治まったようだが、この秋は彼方此方でクマ被害のニュースが紙面、テレビをにぎわせた。エサを探して街を彷徨っているツキノワグマの母子がいて、通りかかったクルマに前に母クマが飛び出てクルマを阻止し子どもを守ろうとする映像は痛ましくもあったが、ドライバーにとっては生きた心地もないほど恐ろしかったと思う。
中には最も獰猛と言われているヒグマが街を闊歩している北の町の映像もあり、度肝を抜かれた。町に現れた多くクマの殆どは猟師さんたちに駆除された。哀れな気もするが、古来から人間の恐ろしさを知らしめることも、野生動物と人が棲み分ける大きな要素だったと聞く。
クマくんたち、少々、空腹だろうが我慢して冬眠に入ってほしいものだ。

★さて、先々週の事だが、私の町の北に連なる低い里山風の山並みを一日中歩いた。
今夏の猛暑の影響に加えて、ナラ科の樹に寄生する何とか言う害虫が大量発生したとかで、クマの貴重なエサになるドングリが激減したらしいが、ここの山には太った丸々としたドングリがいっぱい転がっていた。幸いにも、ここの山並の大部分は全体が里地から立ち上がったような地形で、余所の山からクマや鹿や猿が入ってくることはないので安心だが、そんな所にだけドングリがごろごろ転がっているというのも野生獣たちには皮肉なことだ。

★今夏の猛暑は小さな虫たちにとっても受難の夏だったらしい。水溜まりや湿気の場所が極端に少ないために、産卵箇所がなかったらしい。蚊の発生が例年よりも少なかったのもそのせいだと、テレビで聞いた。そのためかどうかは知らないが、今年の尾根道の上空には道の両側を渡すようなでっかい蜘蛛の巣がやたら多かった。きっと至る所に網を張り巡らせて、空を飛ぶ少ない虫を捕らえようと必死なのだろう。

★下り道、踏みつぶしそうになったが、落ち葉の色に擬態した♂♀のカマキリが重なっていた。猛暑を乗り切って、やっと子孫を残す元気を取り戻したのか…。

みんな必死に夏を乗り切ったということだろう。

ポチッといただけば感謝感激です!

孫の運動会に行って/ビーチパラソルの渦

孫の運動会に行って

★早いものです。孫がもう小学校2年生です。先日、運動会に行って来ました。
昨年は急がしくて、ちょっと顔を出したでけて帰ったので、今年はゆっくり観てきましたが、その観客の状況に驚きました。観覧風景の雰囲気は少し昔とは隔世の感があります。

★殆どの家庭は、野外キャンプで使用するパラソル付テーブル持参です。木陰に置いたパラソルのもとで、親、ジジババ、親戚、がそこに腰掛けてゆったりとおしゃべりです。

★親はカメラを抱えて子どもの出場する競技を撮ろうと走り回っていますが、ジジババたちは初秋の風を受けながら物見遊山の気分です。近くのテーブルに知り合いが居ようものなら、ジジィたちは、釣りの話から、土地の値段の話、今年の収穫の話、更にそこに居ないヤツの噂、などなどへと楽しい会話は飛びまくります。
孫の運動会に来ているのだということさえ忘れて、まさに野外サロンです。
昔はトラックの周りの指定場所にシートを敷いて応援したものですが、炎天下での応援に体調を崩す親やジジババも居ました。その点、最近の運動会は素晴らしい!

★昼食時間には、親が昨夜遅くまでかけてつくってくれたお弁当を囲んで、一族郎党がやっと一つになります。
孫の競技を観ていても観ていなくても『○○ちゃん頑張ったね~!』『リズムお遊戯、うまかったよ!』と、みんなで言いながら運動会本来の会話が弾みます。

★運動会が終わって、帰宅すると孫から電話が入ります。『運動会に来てくれてありがとう!』と。ジジィはこの電話を聞いて不真面目な観客だったことを反省するのです。

ポチッといただけば感謝感激です!

永平寺から小浜へ

永平寺から小浜へ
★東京にいる二男が以前から、『秋になったら、北海道でも沖縄でも行きたいところに旅行に連れて行ってあげるよ』と、言ってくれていたのですが、私はそんな遠いところではなく、ずっと気になっていた行き先がありました。
実は家内の養母が福井県の北端にある永平寺で供養していただいているのですが、8年ほど前に回向に行ったきりのままになっていました。もう一つは、福井県の西端にある小浜に嫁いだ私の二番目の姉が逝ってから、その嫁ぎ先ともずっと不義理をしていました。
どうでもいい遊び旅行はスッと行けるのですが、永平寺も小浜も、どうしても行っておかなければ義理を欠いてしまうという大切なところなのに、なかなか行く機を得なかったのです。
そこで、今回は両者への回向の旅にすることにしました。

★二男は『そんなところなら俺の車で回ろうか』と言って、東京からクルマで来てくれました。が、このクルマ、釣りの好きな二男が釣り師仕様に改造したクルマで、天井には何本もの竿、両サイドには釣り道具の棚、荷台には釣り場でのキャンプ用道具、寝袋等々、があって、乗用車とはまた違った雰囲気のクルマでの2泊3日の旅に出たのです。

★自分で運転しないクルマの旅ってのはいいですね。好きなところで休んで、好きなところを見て、好きなものを食って、おまけに全て二男の財布にたよって、言うこと無しです。ホテルもその都度、PCで探して当日予約をしてくれました。
そんなわけで、郡上白鳥インターから福井県に入り、大野市、永平寺で回向をして、芦原温泉、小浜の姉の嫁ぎ先で回向をして、小浜港、石山温泉、石山寺、琵琶湖大橋、と2泊3日で600キロ近くの行程でした。

★ナビを見ながら運転しているのに『ナビは信用できない』という二男、土地カンが全くないのに『この道違うんじゃない』と言う家内、かなり昔に通った微かな記憶で『その信号を右に』と知ったかぶりをする私、てんでバラバラの意見で何回も変な道に迷い込みましたが、無事に行ってきました。
おかげで、ずっと気にしていた養母と姉の回向が出来てホッとしたのです。

ポチッといただけば感謝感激です!

意外!晩秋に月下美人

意外!晩秋に月下美人
★急に寒くなりました。でも、驚くことに昨夜、この冷気の中で月下美人が見事に花を開きましたので、急遽アップしました。
月下美人といえば、夏の夜だけに妖しく美しい姿をみせると思っていたのですが、初冬を前にした冷たい夜気のなかで見せる姿もなかなかのものです。

★今年は夏の初めに一つ咲いて、それ以後は蕾の突起が出てこなかったので、『今夏は一つで終わったな…』と思っていたのですが、十月の初めごろ、葉の端にいきなり蕾の突起が二つ現れて、みるみる大きくなり昨夜の開花でした。蕾突起から開花の過程は、夏のそれと比べればかなり早く、あたかも、『寒気が来ないうちに早く咲かなければ!』と、彼女は急いで急いで花を咲かせて見せてくれたように見受けました。
ご覧のように横にもう一つ大きくなった蕾がついているので、今夜か、明晩にそれも花開く筈です。

★夏と晩秋が同居したような玄関先の風景で、季節感が無くなりつつある昨今の気候を象徴しているように思えなくもないのですが、一方で、季節を問わず、いつの夜に訪れてくれても大歓迎の彼女の姿だと思いながらシャッターを切った昨夜の月下美人でした。

何とも妖しい彼女の姿にポチッといただけますように!

寒露/古着

寒露/古着
★十月八日は二十四気の一つで「寒露」という日だそうだ。
「寒露」の意味を初めて知った。聞くところによれば、寒さで露が凍り始めるときだそうだが、同時に、秋雨前線が遠のき、澄んだ冷たい空気の秋晴れが始まるときでもあるそうだ。予報士の言によれば、今年の天候は、ほぼその暦どおりに推移しているらしい。
私の家から80キロ程北に行ったところに、美濃国と飛騨国を分ける坂本峠と言うところがあって、どこの紅葉観光場所よりも美しい紅葉が観賞出来る。極彩の紅葉時期もいいが、北風が強くなり始めた時期の終わり頃に、赤茶けた葉や落葉松の針葉が降るように舞い落ちるさまは他に例えようがないほど美しい峠風景だ。

★「寒露」を過ぎたところで、朝夕はめっきり涼しい、というようも寒い。『さて、厚めの衣類を…』と、衣類の入れ替えをしながら、フッと気づいた。勤めを辞めたせいか、着る物の趣味というか方向が違ってきている。私は一つ目の職を辞してから、二つ目の仕事は役所のデザイン室に勤めていたが、それもこの3月で辞めて、自分の作品づくりや頼まれ仕事をやるという束縛のない気ままな生活をしているが、それに合わせて、ネクタイやワイシャツや背広も殆ど着なくなった。しかし、それに代わる衣類もたいして持っていないし、イオンやヨーカドーに行ってもイメージに合った物もない。

★そこで最近は、岐阜や名古屋の古着屋に行くことが多い。他人が手を通した衣服なんて!、と古着を嫌う人も多いが、私は一向にかまわない。家内に教えてもらって、ミシンも自由に使えるので、気に入った柄のシャツで襟が若干すり減ったヤツがあれば買ってきて、面倒でも襟を外して裏表を逆にしてミシンで縫ったりもして着ている。この夏も、柄は気に入ったがちょっと色がハデハデだったので、手芸屋さんで黒の即染染料を買ってきて丸染めをしたら、完全に黒には染まりきらないので年相応の渋い色の柄になった。
親から子へ、兄姉から弟妹へ、衣類の使い回しは当然だが、大きな古着屋さんに行くと老若男女、さまざまな人が来ていて『ここをこう直したらどうかしら?…』などと話ながら古着を手にとって見ている。まさに衣類のリサイクル、リフォーム、の情報交換場の感があった。

★「寒露」の話から古着の話に行ってしまったが、初冬も間近、温かい衣類に身を包んで、木枯らしの街へ飛び出そう!。

ポチッといただけば感謝感激です!

十五夜、雲一つない

十五夜、雲一つない
★ここのところ、ずっと雨が続いていたので『ことしの十五夜はダメかな』と思っていたが、なんと雲一つない晴れわたった空で美しい満月を仰ぐことが出来た。そういえば、私の記憶では殆どの年が、十五夜の日に雨が降ったことが無かったように思う。
おかげで、お供えが無駄にならずに済んだ。
『こんなに晴れていなくて、少し雲が懸かっていたほうが情緒があるかな…』などと贅沢なことを言いながらの夜のウォーキングだった。

★ところで、十五夜のお供え、各地方で異なっているかどうかは知らないが、この地方では、煮たサトイモの他にサトイモの形に固めた米粉のダンゴを添える。妙にサトイモにこだわっているのが不思議だが、その理由は知らない。
私の家では東向きの窓に供えるので、中天を目指す満月は30分ほどで窓枠からはずれてしまう。我が家では、その時がお供え物を下げてきて、そのサトイモを箸でつまみながらお湯割り焼酎をはじめる合図だ。

★満月を見て、日本ではそこにウサギの餅つきの姿を見るが、各国それぞれに満月を見て、そこにさまざまな動物の姿を連想するそうだ。
某国ではワニの姿を連想するらしい。『あの優しいお月さんを見て、ワニかよ!』と、驚いた。どうせこじつけの連想だから、どんな動物にでも見えないこともないが、こともあろうにワニはないだろう。
秋、涼風、揺れるススキ、そして満月の日本。
ワニに例える某国は季節がないか、あるいは情緒を育む自然観が根底から違うのかは分からないが、ワニには驚いた。
まっ、どうでもいいことだが…。

ポチッといただけば感謝感激です!


寒い!

寒い!
☆この絵、どこかの国の、どこかの街の晩秋の夕暮れ風景です。とある窓辺からチェロの音色が街角に流れてきます。
☆秋、こんな経験ありませんか?、いつもその家の窓から小学生がピアノの練習をしていた音色が聞こえていたはずなのに、夏の喧噪を過ぎたこの時期になって初めてハッとそのピアノの音に気づく、といった経験…。静かでどことなくもの悲しい晩秋の空気が、ジッと周囲に耳を傾ける神経を鋭敏にさせます。
☆私の仕事場からみはるかす10キロ先の岐阜の町のビル街、春先は中国からの黄砂で、夏の終わりまでは水蒸気で、ボヤ~ッと霞んで見えていたのですが、この時期は遠い窓の一つ一つをクッキリと視認出来ます。ハッキリとした陰影、濃く伸びる影、その澄みきった空気が、物思う晩秋の雰囲気をつくりあげています。

★な~んて、さもロマンチストぶったサムイことを書いてしました。
私の実生活はそれどころではありません。今朝も寒くて早く眼が覚めました、そして家内に、『今夜から電気毛布を敷いて、上布団も一枚増やそうか』と言うと、『今からそんなことをして、真冬になったらどうするの、お布団の重さで圧死しちゃいますよ!』と言われたところです。
晩秋の風情を愛でるどころではありません。美濃路を吹き抜ける木枯らしに飛ばされそうです。
冬直前、この時期が一番寒い!!世情も、そして懐も…。

ポチッといただけば感謝感激です!



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。