孫のサルの絵

孫のサルの絵

◆5月に愛知県犬山にある《日本モンキーセンター》の園内で写生大会があり、5歳の孫が参加しました。その作品が、なんと《園長賞》に選ばれて、この16日に表彰式がありました。私は行きませんでしたが、夕方、たくさんの賞品を抱えて一家で喜びの報告に来ました。

◆展示されていたのを親がデジカメで撮ってきたので、ここに載せました。見てやってください。

◆これまでも、2回ほど彼女の絵を見ていただきました。身内のことをほめるのもジジバカで申し訳ありませんが、彼女の得意技は筆に墨汁を付けて、いきなりザザァ~と輪郭を描いてしまうことです。だから、結構、力強く、ハッキリした絵になるようです。

◆この年齢の子の対象のとらえ方は不思議です。対象の大きい小さいとか、遠い近いとか、物の位置関係などはどうでもいいようです。要は、そのときの印象が最優先した絵になるようです。小さな印象派です。
この絵の場合はこうです。最初、写生のポイントを探していたとき、遠くの猿山の上にかかる吊り橋の上で、いきなり『キィヤ~キィヤ~』と凄まじいボスサルの叫び声が辺りに響き渡りました。度肝を抜かれるほどビックリしました。結局、彼女の絵は、叫ぶボスザルと驚く自分をデッカク描くというものでした。

◆白い画用紙を前にして、なかなか最初の一筆が描けないという人がいます。やっと描けても小さな絵になってしまう…。この状態を画家や書家の中には《白の恐怖》と呼ぶ方もいるそうですが、彼女は墨でザザァ~と描くことを繰り返しているうちに、この《白の恐怖》はクリヤーしたようです。

ポチッと応援クリックお願いします。

こちらもポチッとお願いします。!

コメント

IDAKAさん、こんばんは。

★お訪ねいただきありがとうございました。
★この子、これからどんなふうに自分の絵が展開していくか分かりませんが、今のところは先ず絵を描くことが大好きです。大胆さをいつまでも持ち続けていてほしいものです。
★娘さんの6歳のときの絵拝見しました。やさしい透明感のある絵をお描きですね。また、ゆっくりお訪ねします。

すばらしい

大人が忘れてしまっている自由に思うままを描く感性に溢れています。
この絵を見ていて娘が6才の頃に描いた絵を思いだしました。
ありがとうございました。

りつさん、こんばんは。

★お訪ねいただき、ありがとうございます。
★小さな子って、写実の概念でのものを見るってことは、あまり無いのでしょうね。自分の印象だけで描いているって感じです。そのうちに写実的に描こうと思い始めると、大胆さも奔放さも消えてしまって味のないものになりがちですね。そこをどうクリヤーして味のある絵を描き続けさせるか、難しいですね。
★りつさんの可愛いイラストいつも拝見していますよ。

はじめまして!
お孫さん、5歳にしては構図がすごくまとまってますね。
私も姪っ子と一緒に絵を描いたことがあります。

セーラームーンを10パターンぐらい描かされました(笑)
小さな子って対象を見ずに、ずーっと画用紙に向かって
描いてるんです。

だから形をうまくとらえられないのかななんて感じました。
でも、それが味なんですよね。

お孫さん、色の扱いも上手ですし、
これからが楽しみですね!ではでは

artkazukoさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★私も、なかなか面白い絵だと思いますが、本人が勢いで描いていたら、こういう画面構成になったということでしょう。こういう筆勢がこういう結果になったのだということを知るのは、もっと成長したときに、この絵をみたときのことでしょう。そのときまで、描くことに興味を持ち続けているかどうかは、分かりません。これから先々、いろんな違った興味を出会いますからね。また、そうでなくてはいけませんからね。

リガサキさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★彼女、土曜日ごとに私の家に絵を描きにくるのです。だから、絵の具、パス、墨、ポスターカラー、何でも自由に使わせているのです。地域の集まりなどで、小学校の教室に入ると、皆んな同じような絵になっていますね。もっといろんな素材を使わせればいいのにと思うことがあります。
★名刺見たいな。

拝見した瞬間、おお迫力っと・・・。
そして、子供のもつおおらかな表現が無理なく発揮されていますね。
手足を思いっきり広げたお猿さんの元気いっぱいの表現が実にいいですね。

ほんのちょっと見えている青空・・・構図も面白いです。

イギリスの3歳くらいの少女の作品が、大人の美術コンクールに入賞して天才児現ると、騒がれたのですが美術教師の母親は「これくらいの年齢の子はどんな子でも自由な表現ができるもの、うちの娘が特別なわけではなく、子供なら当たり前。騒ぐほどのことではない」と凄く冷静で面白かったです。美術教師ですからねぇ、確信犯ではないかと。コンクールをからかったのかもしれないなと。

子供の絵に甲乙はつけられないですね。
そして、どんな名画より、可愛い子供や孫の絵が、その一家にとっては宝物だと思います。

上手!!!お孫さん、素晴らしい絵をお描きになるんですね。褒めるのも当たり前だと思います!この歳でクレヨン、色鉛筆以外の画材を使って絵を描く子なんて、そんなにいないと思います。
子供の絵ってすごいですよね。天才だと思います。本当に、何のためらいも無く描いていたよなぁ…と思います。私も子供を見習って、ためらわずに、大胆な作品を作ってみようと思います!

名刺デザイン、出来ました!でも、奇抜で大胆かと言われたらどうか分かりません。名刺って奥が深いですね。。。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★大人になっても、絵、音楽、運動、なんでもいいから、自分を支えるものを持っていてくれるといいですね。しかし、それらは通常では《生業》にはなりません。だから趣味って言うのでしょうね。

水無月さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★墨をタップリ付けた筆を持つと、墨がたれるものですから、どうしても素早く画用紙に筆を運ばなければならない。こんな、繰り返しのうちに、その方法に慣れたようです。太い線や細い線が入り交じった輪郭は面白いですね。でも、本人がその面白さに気づくのはもっと後のことだと思いますよ。

足袋ネコさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★《こう描きたい!》という意図性のない幼児の絵が素晴らしいというのも変なんですが、実際、素晴らしいですね。この子たちが将来、意図性を持って描く絵でありながら素直でさわやかな絵、というのを描けるようになるには?、その指導は難しいでしょうね。結局、本人次第、《描くことが好き》が続くかどうかにかかっています。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★周囲からの刺激を素直に受け入れる子ども、特に幼児の表現活動にはかないません。でも、じょじょにさまざまなフィルターを付けて素直な屈託のない表現から遠ざかることでしょう。それで好いと思います。今度はどれだけ意図的に自分を表現出来るかですね。

きらりんさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★〈おじいちゃん〉と3回も連呼していただき恐縮です(事実ですからいいのですが…)
★やはり、そのときに何か強いインパクトがあると、それなりの絵が描ける、それは、幼児でも小学生でも中学生でも同じですね。なんの手だてもなく、ただ絵を描かせる先生は×ですね。

ダイナミックな絵は、やはり天性のものでしょうかね。今から絵の楽しさを知っていると。将来はやはりこの道でしょうか。楽しみですね。

玉さん、おはようございます♪
(今朝は雨で、雨が上がるまでしばし、のんびり♪)
お孫さんの感性、と~っても羨ましいです。
最も印象に残った場面、心に強く感じたことを、ためらいのない線で
伸び伸びと描かれていて・・・。
その驚きや、感動がダイレクトに伝わってくる、とっても楽しい絵ですね!
白い紙に墨で、ざぁ~っと描く・・・大人には、なかなか出来ないことですね。
特に私には、絶対にできないかも・・・。
絵に描きたい!という感動が覚めないうちに、お孫さんのように一気に描くことが、
動きのある、素敵な絵になるんですね。
「園長賞」おめでとうございました♪

お孫さんの受賞おめでとうございます。
「血」は受け継がれるものですね。
実は私の家にも”姉の孫の絵”があります。
それはそれは 迫力のある構図、色合いでして
ちまちま描いている私の絵なんか吹き飛ばされています。
この”絵”にあった額を頼まれているんですが
なかなか難しいです。

↓ すみません! 私の好みを書かせていただいただけでーす。
私、着物の仕事をしていながら
上品とか、繊細とかからはほど遠い人間なのです。

”白の恐怖”・・・・私も空間の恐怖と戦っております。
分っておるんですけど、なんか描かないと不安なんです。

こんばんは。
お孫さんの絵、すばらしいですね。
絵といえるものをお描きになっていますものね。
おもいきって、ガーっと塗ってるかんじもダイナミック!

子供の言葉、絵。
発想力・表現力・イメージの自由さ
どれをとっても子供に勝る芸術家はなかなかいませんね。

とびだす画面!みたい

おじいちゃんとお孫さんの共通点みつけました!
画面から声が聞こえてくるのです!
ボスざるが突然大声を出してびっくりするお孫さんを見て まわりの猿がはやし立てているようすが よくわかります。
おじいちゃんのは ちょっと昔を回顧したりずっと昔をイメージしたりしてロマンチックな静かなメロディーが流れてきますが 彼女は今を元気に描いていますね。躊躇しないで思いっきり表現されていて・・すばらしい絵ですねッ☆
おじいちゃんも時々 こどもの歓声があがる絵を好んで描かれるようですけど おとぎの国(ファンタジー)が多いですものね。
子どもさんのかいた絵を大人が評価することはあまり好ましくないと思いますが 描きたいことが良くわかる絵は 本当にすばらしいですね。成長ごとにどんな絵をかかれるか楽しみですね!

ぶくさん、こんばんは

★ありがとございます。
★そのうちに憎まれ口をたたくようになっていくのでしょうが、それがまた成長ですね。周囲の中の自分を認識することで、自分の存在
価値を自覚していってほしいものです。でも、願わくば、対象の外側の形を見るのではなく、内側の形を見るような人になってほしいと、全てのことに…。

こんぐらちれーしょょょん!!!

僕も玉はんにコメしょうとしてたらニアミスでした

玉はんの お孫さんへのまなざし ひしひしと伝わります
最後の部分の観察力なんかは 玉おじぃちゃん(あれ!失礼っ)ならではの着眼点 ジジバカ万歳です 愛される 愛でられるために 子どもは存在するものと 思います

がんばれ!おじぃちゃん。。。

おちゃめさん、こんばんは。

★お訪ねいただき、ありがとうございます。
★どんな子でもそうですが、これから成長の過程で、好きなものはコロコロと変わっていくのでしょうね。イヤになって、また好きになって、また飽きて、というように。そのうちに何か自分を支えるような打ち込むものを見つけてくれるといいですね。

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★〈大人になるにつれ、一般人は、これが、徐々に薄れて〉、おっしゃるとおりだと思います。その原因の一つに、特に小学校の頃、大人や先生が言う『よく見て!』という指導に問題有りと感じます。形や色をそのとおりに描かせようとするから絵が嫌いになるのでしょう。子どもは『よく見て』って言われなくても、ちゃんと子どもの印象で見ているのに…。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★小さいうちは、屈託のない絵を描いていても、年齢が進むにつれて、必ず、写実回帰というか、見えるように描かなくちゃならない、という意識がはたらくようになり、上手く描けないから絵が嫌いになるってことがあるのですが、その段階での大人の指導が重要ですね。

写風人さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★孫はまだ小さいから、先々、自分の好きなものはコロコロ変わっていくと思いますが、その時々に、絵が好き、音楽が好き、運動が好き、書道が好き、何でもいいから、好きなものを持っていてくれるといいですね。
★私も変なところは似てほしくないのですが、既に、変なところを喜んで真似します。

才能が確かに・・

才能ってやはり遺伝するんですね
絵をみて確信しました
これからの成長(絵の)が見たいですね

いい絵ですね!

屈託の無い、いい絵ですね。
ボス猿の迫力があり、バックのサルには動きがある。
そこにやさしい表情をした自分を置いている。
感じたままを表現できる絵の巧さがありますね。(玉清さん譲りですね。)
子供の印象絵は大好きです。
大人になるにつれ、一般人は、これが、徐々に薄れていってしまうんですよね。

はしゃぎまわるお猿さんが、ほんとに伸び伸びと描かれて
いますね。さすが、玉清さんのお孫さん、才能は伝わるの
ですね。以前、ねむの木学園の宮城まりこさんが、子供たち
に自由に絵をかかせている様子に感動したことがあります。
子供の心って、ほんとに絵に映し出されるのですね。

おぉ~、すごい!「園長賞」おめでとうございます。
やはり血筋なんでしょうかね。
玉清さんの息子さんが小学生の時に描いた絵が、いつまでも学校に飾ってあったのを思い出しました。
やはり、力強くて印象的な作品でした。
さすが玉清さんの息子さんだなぁと感心していましたが、お孫さんまで血を引いてしまいましたか。
お嬢さんなので変な所まで継いでないかすごく心配です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/96-067d3997

FC2Ad