スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去

過去

◆この前、五歳になった孫が水疱瘡に罹りました。二週間ほど家に閉じこめられていたのですが、やっと『もう幼稚園に行ってもいいよ』と、お医者さんからお墨付きをもらい、病院からの帰り道大ハシャギだったそうです。

◆その夜、早速、一家が私の家に遊びに来て、長男(孫の父親)が『ところで、大人になってから水疱瘡に罹ると大変だ、と聞いたけど、自分は子どものとき、既に水疱瘡に罹っているのかな?』と聞くのです。『多分、罹ったと思うけど、う~ん…』と、家内と私は唸るだけでした。
30年前の「母子手帳」も、しばらくの間、引き出しの中で見た覚えはあるのですが、いまは所在不明です。『まぁ、罹ったときは、罹ったとき』と言う結論しか出ませんでした。

◆少々、スケールの小さすぎる例えを、さらに誇張して言えば、《母子手帳さえ有れば、過去の真実を知り、現在につなぎ、将来を予測し、その対応を考える》ことが出来た筈でした。
こんなことを考えると、歴史学、考古学などの高邁な世界も、我が家の《長男水疱瘡被罹記録不明事件》と本質的に、そんなに変わらないと思ったりしたのでした。(アホ!全然違うわ!)

ポチッと応援クリックお願いします。

こちらもポチッとお願いします。!

コメント

リガサキさん、おはようございます

★ありがとうございます。
★この絵、夕焼け空はずっと前に撮った写真、町の風景はビルの家から撮った私の町の写真を上下に圧縮して丘の町のように見せ、電車から周囲の樹木と竪穴式住居と人物はイラストレーターで描き、黄色の大きい花は図鑑にあった面白い形の花をトレスして黄色系統でグラデーションしました。いずれにしろ、イラストレーターとフォトショップを行ったり来たりでしあげます。
★ブログ友人の話によると予防接種そんなに高価でないようですよ。リガサキさんの旅行土産の値段に比べれば…。

うわーすごい!この作品とても好きです!!これは写真を使ったりしているのでしょうか?奥の景色に引き込まれます。

私は子供の頃水疱瘡にかかりました。でも未だにおたふく風邪と麻疹にはかかったこと無いんです!ちょっと怖いです…。大人になってからの予防接種はお金がかかるらしいので、もうかかったときはかかった時ですね(^^;)

nanbuyasさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★オッ~!、お孫さんのお誕生おめでとうございます。これからますます可愛くてどうしようもなくなります。ゲーム?『はい、買ってあげる』、オモチャ?『はい、何でも買ってあげる』、お洋服?『はい、お好きなものを買ってあげる』、というように。孫は別格ですから。

枯雑草さん、こんばんは。

★絵の方に眼を向けていただき、ありがとうございます。
★【】は、以前、この絵を展示したときに付けた説明コメントです。
【私たちは太古の昔から同じ大地の上に生きています。何層も、何
層も重なるように、時代が、時間が、蓄積されているのです。大地
の下を覗いてみれば、いつの時代かに光があたったこともあったで
しょうか…、闇の時代もあったでしょうか…。】と、
★このバックの町、ビルの上から撮った私の町の遠景です。それにさまざまな絵を加え過去→現在を形象化したつもりです。

私にも今月初めに孫が。先日、一時間だけ子守をしました。私に孫なんて、夢心地の一時間でした。あれ、ブログの内容とあまり関係なかったですね。

こんばんは。
水疱瘡のお話が、たくさんなので、別のこと書きます。
今回の「過去」という絵、すごくいいけど、ちょっと難解
のように私には思えます。遠くから近くへ時が逆流して
いるのでしょうか。遠くは工業地帯、それから住宅があったり
電車があったり、動物がいたり、近景はちょんまげの人が
古代の壷が流れついたのを採ろうとしている。??
ちょっと、解説をお願いできれば・・。

響さん、再びこんばんは。

★早速教えていただいてありがとうございました。分かりやすく説明いただきよく理解できました。家族や周囲がこういうことに遭遇したとき、これだけ知っていると、落ち着いて対応できます。
★響さん、さすがですね。

ご質問ありがとうゴザイマス。

【水痘(みずぼうそう)】について
微熱から始まりますが早いうちからにきびの親分のような発疹が出始めます。発症後3~5日間は発熱期(38度以上)で発疹を伴い、その後2~4日かけて熱が下降し、発疹が乾いてきます。
なので、
Q1:罹患したらまもなくポチポチは出てくると思います。
(見つけやすいところとは限らないので厄介ですが)

Q2:潜伏期間は14~21日です。

Q3:大人になるとなぜ大変・・。
発熱が3~4日続くと、たいていの大人はダウン寸前です。
(実際 幽霊のようです。)
CRPの数値が上昇したり、肝機能がギューンと上がってしまう人もいて、かなりダルイと思います。
あと、高熱が持続するのは生殖機能にダメージがあるようでコダネのほうのご心配をされるようです。

ですが、水痘は発疹でビックリするのか、
かなり高い率で早めに受診してもらえるため、状況に応じて治療を進められるので、ちゃんと治りますよ。
大人の人は 何割かは入院になりますが。

コレについては、最後まで通院して医師に社会復帰の免罪符をもらったほうがいいとおもいます。

以前、妊娠5ヶ月の人が罹患した症例に接しましたが、
内科・産婦人科医師チームのケアにより、通院で治療が進められ無事にご健康な赤ちゃんを出産されました。
恐れるなかれ・・ですよ。

きらりんさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★多分、一度はかかる病気とはいえ、病に罹るということは心配な
ことですね。出会う全ての病気が、少しでも軽く通り過ぎるように《普段の健康》に心がけましょう。言うのは簡単ですが…。
★そうですか、中学校の頃そんなことあったんですか、知りませんでした。TK先生は、ものすごく情に厚いところがありますからね。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★せっかく水疱瘡の話題に遭遇したので、医療にかかわっておみえの響さんに質問です。なにかのときに教えてください。
Q1・ボツボツが出てきて『水疱瘡よ』と、お医者さんに言われて気づいたのですが、罹患してボツボツが出来るまでの期間は長いの
ですか。
Q2・潜伏期間ってのは、どのくらいですか。
Q3・麻疹や水疱瘡はおとなになって罹ると大変と言いますが、なに
が大変なのですか。
★考古学の件、どうも見抜かれているようで、じつは、この絵をアップしたかったので、若干無理な展開を(-_-;)

水無月さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私も家内も、結構記録好きな方なのですが、母子手帳に限らず、その肝心の書き物を何処にやったか分からないのですから、記録の意味がありません。もうボケが忍び寄っているのでしょうか。
★私、こうしたブログもまた自分自身の貴重な記録になると思っています。大事にしなきゃと…。

水疱瘡

お孫さん、水疱瘡治られてよかったですね。
私は、忘れもしません、水疱瘡になったのは中学生の3学期のことでした。当時幼稚園だった従兄弟が遊びに来ていてうつってしまいました。高熱が続いたことと疱瘡がまるで小さなブドウの粒のようにまん丸くなりそれが体一面にできて気持ちが悪かったしさらにそれがかさぶたになると衣服が擦れるだけでもビリビリ痛く、横になると動くこともできず、眠れない日が続きました・・。結局、1ヶ月ほど学校を休み、その間のノートの写しをグループの子が交代でかいてくれたことと、そのノートやクラスの子の手紙をT.K.先生が数回家へもってきてくれ嬉しかったことを記憶しています。数学は関数だったと思いますがまるっと授業を受けてなくてそれからしばらくチンプンカンプンでした。
子どものときに病気をしたはどうか親が忘れていると心配ですね。
私も長女が風疹になってその後肺炎を併発して入院したとき妊娠4ヶ月でした。免疫力は数値を忘れましたが移るかもしれないという微妙な数値でした。1週間ほどの入院にずっと付き添いながら不安な日をすごしました。
よく聞くのは自分の子がおたふく風邪になったときに父親がうつってしまい大変つらい目にあった・・お話や、お孫さんの看病でおじいちゃん、おばあちゃんにうつってしまったという お話・・。
ごめんなさい。よけい心配になるお話をしてしまって・・・。
どちらにしても ちょっと心配ですね~。玉先生のところも1ヶ月位のうちに誰にもうつらなければいいですね。

こんばんは。

免疫抗体価はたしか、5千円くらいでできると思います。
ワクチンもそのくらい。私なら調べずに打っちゃうかな。

水疱瘡は、罹患してしまうと忘れっこないので、子供の頃に済ませておいてくれるとありがたいですね。
うちのこは二人で同時になったので、インパクト強くて忘れようにも忘れらないです。
そういう意味では、ご長男さんは健康については親にご心配をかけなかったのではないでしょうか。潜伏期間は終わる頃ですね。

水疱瘡から、考古学概論につながる・・
玉ワールドの4次元的広がりのほうが高邁だと思います。

再び、こんばんは♪
お孫さん、水疱瘡が治って良かったですね!
2週間ものお休みは、幼稚園のお友達が恋しかったことでしょう。
最近、こちらでは麻疹が流行し、私も少林寺娘の予防接種は、
どうだったのか気になり慌てて母子手帳を探しました。
子供が幼児の頃は、育児ってこんなに大変なのだから、
この苦労の日々は忘れるはずがない!と当時は思っていたのですが、
過ぎてみると、本当に大きな事しか記憶に残っていないのです。
確かに自分が体験してきたことなのに・・・人間の記憶って、随分いい加減なことが多いのですね。
今を騒がす消えた年金問題のいい加減さにも、驚きを通り越して怒りを感じます。
記録の大切さを実感する日々です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/94-8fae8b98

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。