制約

制約

◆これも展覧会に展示したものです。そこに出口が見えそうなのに、なかなかそこにたどり着けない、といった、そのときの焦りのような心境を作品にしたものです。

◆さて、…をしたいのだけどやれない(やらない)。…をしなければならないのだけどやれない(やらない)。といったことで自分の行動力の無さや、決断力の無さ、に自己嫌悪を感じたことってありませんか?、私はしょっちゅうです。いざ、あることに取り組もうと思っても、時間が、金銭が、集中力が、などなどの負担感が襲ってきて、やり過ごしてしまう。負担感というと体裁はいいのですが、結局、めんどくさいということでしょうか…。

◆私の場合、どうしてもやらねばならないのは作品展なのですが、それすら面倒で嫌なのです。毎年、どのようにしてクリヤーしているかと言いますと、『今年の×月×日に、××の会場で作品展をやる』と、早くから周囲に旗をあげるのです。公言した手前、やらないとただのホラ吹きか大嘘つきになるものですから、必死で作品をつくります。作品を見ていただいた方にいただく感想に喜々とすることはあっても、決して喜々として制作をしているわけではありません。

◆作品展に限らず、自分で、自分に制約とプレッシャーを与えることでしか、クリヤーで出来ないことって、自分の生活の中では案外多いことに気づいている私です。

ポチッと応援クリックお願いします。

こちらもポチッとお願いします。!

コメント

ArtKazukoさん、こんばんは

★気に入っていただいて、ありがとうございます。
★〈出口はかえって見えないほうがいいのかもしれない〉、私もそう思っています。先を見通して自分の到達点が分かっているなんて味気ないですね。
★絵を描くときも、実際は、なんとなくぼんやりと完成予想図があって、描きながら、塗りながら、じょじょに出来上がっていく、しかし、それは当初の予想図とはかけ離れたところにフィニッシュしていた、
ということが、私は殆どです。

宮沢賢治の世界を思い出しました。
いいですねー。
光のむこうには何があるのか、
それとも光が襲いかかってくるのか、
次の展開が楽しみになる作品ですね。

出口はかえって見えないほうがいいのかも知れません。(^_^)

リガサキさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★リガサキさん、それでいいと思いますよ。いまはデザイン勉強中の学生さんなのですから、学校の課題に真剣に取り組むと言うことが何よりも基礎を培う大切なことだと思います。そのうちに、そういう仕事に就けば、いやでも自分自身の力だけで1から10までやらなければならないのですからね。
★学校課題に頑張ってください!

私もいつも行動が出来ません。作品作りは好きですが、学校の課題など強制されたことしか出来てない自分がいます。そういうものはすごく張り切るんですけどね~。周りにはその逆の子が多いです。誰に言われるでもなく、黙々と作品を作ってるクラスメイトが羨ましくてたまりません。だから私も自分に自分でプレッシャーかけるというやり方で奮い立たせるしかないようです。これからもそうやって頑張って行きます!

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★唐突ですが、山に登るとき、頂上が見えるのになかなかたどり着けない、だから、頂上を見ないで下ばっかり見て歩いていたら、いつの間にか頂上に着いたって経験があります。もしかしたら、先の明かりをみたり、先の計算したりしないで、ただ、ガムシャラっていうのも有りかも知れませんね。私は出来ないけど…。

きらりんさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★みんな、きらりんさんと同じことの繰り返しをしているのだし、それが普通の生活だと思いますよ。
★どんなに好きな仕事だって、趣味だって、嫌になること、止めたくなること、惰性でいくこと、あります。でも、取りかかったからには嫌々でもキチッとフィニッシュしたいし、しなければならないと、私は思っているのです。

写風人さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★何をおっしゃるのですか、いつも、より高レベルなものへと、研究しながらの仕事ぶりには敬服しております。写風人さんが仕事で蓄積された多くの技術情報は私も非常に役立たせて頂いています。だから、写風人さん、それが自分の次の仕事に生きなくてもいいのです。他人の仕事に生きれば、同じ地球同胞の仲間ですから(クックッ)

玉清さん・・・・。
この絵は、まだまだ幸せです。
この先に、明かりを見出しているのだから・・・。

どこが出口か解らない状態がもっとも悲惨です。
・・・今日は、前向きな事(発言)がいえません。
なんか、暗くてごめんなさい・・・。

「人生は明るく前向きに生きよう!」なんて、自分に言い聞かせるのですが・・・。
なかなか届きません。(自分の心に)

nanbuyasさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★nanbuyaさんもそうですか。私も若いときはあることをサボっても、そのサボったことよりも意味のあることが見つかったこともあったように思うけど、最近は一つのことをサボって、その代わりに何をするか、何にもない…。といった状況が増えつつあります。イカン…。

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★外道sさんが抱えていらっしゃる不安や悩みはブログの交流の中で、よく理解しております。私も幾つかの不安材料を抱えていますが、それらをクリヤーする出口ってのはあるのでしょうかね…。気持ちの問題などど、簡単に言うヤツもいますが、私は出口を求め続けることが一生ではないかと最近思います。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★こちらは湿気の中で生活しているような、雨と曇りが絶妙のバランスで繰り返される毎日です。気の滅入ること…。いいですね、梅雨のない北海道は。
★響さんのような責任感が強くて物事を放っとけない人(そのようにイメージしています)は、自分の時間をドンドン削って行かれるのでしょうね。でも、それはそれで素晴らしい生き方のように思いますが、響さんらしくて。
★出口が近づいたり、遠のいたり、おっしゃるとおりの絵です。結局、本当の意味の出口というのは無いのかも知れませんね。

揺らぐこころ

きょうから後半戦!と、キリッと襟を正して仕事をはじめたいところですが、このところグラグラと迷いこんでいます。良い風に言えばあれもしたいこれもしたいの夢ばかり追っている附けがまわってきたというのでしょうが、本当のところはどれも中途半端で何をしていいのかわからない状態になっているのです。今まで何か自分のいいように折り合いをつけてきた。好きなことだったから夢中になってきたことも仕事とした途端に嫌なことになってしまい、評価が厳しいものになり、自分も相手も満足しないと非常に凹んでしまいしばらく立ち直れない。それで 違うことに目がいってしまい、結局時間に追われることになり悪循環を繰り返しています。  きょう、仕事に向かう前に先生のこの絵を見てよかった。けじめをつける勇気が出来ました。
~文化は日々の生活の中から生れる。美しいものに毎日ふれていれば、志操もおのずから堅固になり、立居振舞も正されるであろう。真の繁栄が訪れるのはそれから先の話である」。白洲正子著『ひたごころ』
これも 今さっき、ネットサーフィンしていて友達の日記から見つけたことば・・。自分なりに勝手に解釈すると逃げないで続けていこうと決心することができました。 

恩師と親友に感謝!

これは私に諭すための記事じゃないですか?
玉清さんは仕事が早いですから、その気になれば出来てしまいますもんね。
私の場合はさんざん苦労して最後にはなんとか帳尻を合わせるんですが、次に生かされないのが私の欠点です。毎回同じ思いをしています。
でも玉清さんの仕事はいつも最優先ですよ。

まったく同感です。頭の中では、やる手順や準備をしているのだけれど、動かない。一寸のばし、特に最近はその傾向が強いです。
いつもながら、自由自在に作品を創っていますね。うらやましい。又創れる環境も羨ましい。

怖い・・・

この作品を見て、私が感じた事は「怖い」でした。
見た瞬間に記事の内容が解りました、今の自分の状況も有りますが、今までの心の葛藤を表現されたように感じました。(私の心ですよ)
このプレッシャーが有るから、進歩・発展して行くのでしょうが・・・
私は、「考えるより行動」なのかな?と、最近思っています。

こんばんは。
なんだかわかる気がします。

私は今は”自分のための時間”をどう作るかですね。
やはり、努力をしてでも作らないとダメなんです。
玉さんと違い、何かアートが生まれるわけではないんですがね。

葉っぱに乗ってる人の、”あ~、行っちゃう~”という声が聞こえてきそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/91-c36f75a2

FC2Ad