スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感受計

感受計

◇展覧会用につくった作品です。姪っ子がモデルです。イラストレーターで描いてから、フォトショップに配置し、好きな柄の古布をそのままスキャナで撮って、加工しながら、はめ込みました。

◆こちらは、もうとっくにホタルの季節は過ぎました。近くにホタルの名所がありますので、行こう行こう、と思っているうちに過ぎてしまいました。アッという間のホタルの時期でした。

◆私の地方で本格的な夏の到来を実感させるのは、やっぱり《ホタルが舞った》との報です。静岡あたりの茶所では、歌にあるように《茶摘みが始まった》の報でしょうか。ある古人が香具山に白い布が干されている光景を見て夏の到来を感じたとは、万葉集の一句です。私がずっと昔勤めていた北アルプスの麓の温泉地では、登山の装備をした最初の客がバス停に降り立ったのを見て、《いよいよ今年も夏が始まった》と地元の人たちは言ったものです。

◆各地方で、あるいは人それぞれに、さまざまな事柄の始まりと終わりを実感したり、予感する、感受計を持っているのでしょうか。

◆人と人との出会いや別れはどうでしょうか、振り返ると、私感ですが、出会いの方は、この感受計、うまくはたらかなかったようです。自分の感受計の針は大きく振っても、相手の感受計の針は微動だにしなかったり、その逆だったり。でも、別れのほうでの感受計の精度は抜群でした。ウソ、食い違い、ある一言、話しかけても生返事…、どちらかの持っている感受計がピッと、それらに反応すれば、もう終わりの始まりだったように思います。

◆いまは、もう錆び付いてしまって、よほどのことがないと作動しません。でも、いまの状態の感受計が一番いいのかも…。

ポチッと応援クリックお願いします。

こちらもポチッとお願いします。!

コメント

けいさん、こんにちは。

★お久しぶりです。ありがとうございます。
★丹生川、当時は丹生川村でしたね。平湯に勤務していた頃、よく通りました。数年前、通ったら、まだ当時をそんなに変わらない風景がそこかしこにあり、嬉しく思いました。
★いよいよ、けいさんの山の季節到来です。今年はどの山に入りますか?余裕のプランでゆっくり登ってください。
★メールによれば、無言館に行かれたとか、いいところに行かれましたね。私も、昨年の春、行きました。多くの人に言っていただきたい希有の美術館ですね。

artkazukoさん、こんにちは。

★コメント、ありがとうございます。
★出来上がった人物を、編集→変形→遠近ツールでグッ~とやって、小顔の女性にしてやりました。『これ私っ?!』と、姪っ子も喜びます。
★ホントですね。ブログの出会いも何かのご縁、顔も、場所も、歳も不明で、ハッキリしているのは文章と作品、イメージが膨らんで楽しいものです。それに、その人それぞれの見方や考え方を知ることが、私を成長させるようにも感じています。

高山の田舎の丹生川の母の、実家の隣の谷川は、護岸工事をしていないので未だ蛍が飛び交います。
丁度今頃で、毎年、今が見ごろ!!と、有難い電話が入るので、
母や娘と飛んで行きます。
子供が小さい時、夜、車で田んぼの近くに行き、車のライトを消して
ハザードランプを点滅させると、沢山の蛍が体にいっぱい留まり、喜んだものでした。
夏好きな私は、飛騨の夏は短いので、呑気にしてられません。

涼しげでいいですね。
足が長くて八頭身美人ですね。
玉さん似ですね。

本物の蛍は未だ見たことありません。
凄く幻想的だということだそうですので、機会があったら蛍体験してみたいです。
ちなみに蛍の大きさは小型の蝉くらいあるとず~と信じていました。

人生において、いろいろな出会いがありますね。
Blogを開設して感じたのは何万件もあるブログのなかで、
たまたま迷い込んでコメントしてくださった方とは何かのご縁だと。

玉さんのサイトに迷い込んだのも何かのご縁。
作品と文章を通してのお付き合いって、
古の時代を彷彿させますね。

nanbuyasさん、こんばんは。

★ご訪問、ありがとうございます。
★そうですよね、ホタル狩り、団体でバスで行くものではありませんよね。まあ、それぞれの勝手ですけど、そこにドッとバスから降り立って『きゃ~、すっご~い』と言うものではなく、ソッと近づいて『あ~』といって光を追うのがホタル狩りです。

私の田舎ではホタルは珍しいモノではありませんでした。
あれから何十年、一度も見たことがありません。ホテルなどではホタル狩りのイベントがありますが、ちょっと、ですね。

ぶくさん、こんばんは。

◆いつも、ステキな詩をありがとうございます。
◆ぶくさんのような《達観》の域までは、ほど遠い私ですが、おっしゃることはよく理解しているつもりです。特に、〈伝わる人に伝わり、響く人に響けば…〉、ホントにそうですね。さらに、そのコミュニケーションの広がりを目指していくには、自分も変っていかなくては…、
ですね。

水無月さん、こんばんは。

◆おいそがしいときに、ありがとうございます。
◆間もなく水無月も終わりですね。収穫の時期はもうすぐですか?
◆ホタル、なんとも情緒的で美しいものですが、ホタルの幼虫ご存じですか?、見かけも気持ち悪く結構デッカク、カワニナの貝殻の中に頭をつっこんで食べ尽くすのですよ。すごい食欲で、獰猛な感じさえします。それが成虫になると、あの優しい光のホタル。その落差に私は、すごく興味があるのです。

リガサキさん、こんばんは。

◆見ていただいて、ありがとうございます。
◆イラストレーター、フォトショップ、それぞれのソフトに得意技がありますから、両方を行ったり来たりしながら、つくるのがいいと思います。形の修正や変化はイラストレーター、色やグラデやフィルターや柄の差し込みはフォトショップ、というように、私はやっています。フィニッシュはイラストレーターデータにして仕上げることが多いかな。

きらりんさん、こんばんは。

◆お久しぶりです。ありがとうございます。
◆だいぶん前に、KT先生が復活させたホタルを見に行って以来、ホタルの飛ぶのを見ておりません。いつでも見られると思っているうちに、毎年、そのチャンスを逸しております。そのうちに、ホタルがいなくなるかも、来年こそは見に行かねば…。

かかゆく 涼しげでーす!

から梅雨ぎみの海坂からです 玉はんの感受計の言葉と 文章内容に うなずきながら読んでました

*45等身大

捨てたら 楽くなった 楽しくなった 
捨てたら 広くなれた 見えてきた
捨てたら 仲よしなれた 友ふえた

なんで あんなもの持ってたんだろう
なんで あんなもの捨てれずにいたんだろう
なんで あんなもの湧いてきたんだろう

僕の周りに高くつみ がちがちに身につけて
守っていたつもりだったんだね
何を 守るつもりだったのだろう
何を 誇るつもりだったのだろう

いいじゃないか そんなもん
伝わる人に伝わり 響く人に響けば
かくしき こだわり 自己満足 プライド、、、捨てるものは 捨てちゃえ
みんなが よろこんでくれるなら 笑顔になれるならさ

しきいは低く ゆめこころざしは 高くだね

ーーーーーーーーーーーーーー
伝わるとこに伝わればいいよね。。。



こんばんは♪
何て涼しげで、爽やかなイラストなのでしょう!
姪御さんの表情や、浴衣の柄もとても素敵で、ずっと見入っていまいした。
蛍はきれいな水辺でしか、見られないのですよね。
私は本物の蛍は見たことがありません。
北海道は、いかにもいそうな感じがしますが・・意外と生息している場所は少ないようです。

住んでいる場所によっても、季節の感じ方は違いますね。
私にとって夏だなぁ・・と感じるのは、「網戸」です。
気温が高くなって、網戸から外の風が家の中に流れてくると、夏到来を感じます。

イラストレーターとフォトショップを両方使って作品を作ったことは無いので、挑戦してみたいです。あと布をスキャンしたこともないのでやってみたいです!
そういえば蛍…私も見に行こう見に行こうと思ってて結局見れてません…。多分もういないですね。思いついたらすぐ行動に移すことが大事なんですね。。。

今年も蛍に会うことが出来ました。
幻想的な妖精たちを見ていると 不思議な世界にひきこまれていきます。今年は小学校の時の友達とその時空に浸りました。
川辺にたたずみながら 寄り添っているととってもとっても いつまでもいつまでも こうしていたい。時よ止まれ って帰りたくなくなってしまいました。
空高く 飛んでいる蛍は瞬く星と見分けがつかないくらいでした。
今は、また 忙しい喧騒な世界に戻っています。私も虫かごいっぱいに捕まえて蚊帳に放った思い出があるけど、今年 友達と見た蛍もきっといつまでも心に残っていると思います。
来年も また 蛍に会えるといいなって思っています。先生のことも懐かしく思い浮かべています。あいたいなぁって・・!!

オリオさん、こんばんは。

★早速のお越し、ありがとうございます。
★私のあたりは、夏直前の風物詩です。山国の方に行けばまさに夏の夜の風物詩でしょうね。
★もういまでは無神経、無節操の無礼三昧の日々です。

涼しげな夏の風景ですね!

蛍の時期のイメージって夏のイメージがしますが・・・、夏になる前なんですね。
なんか、子供の時に、蚊帳の中に放って、楽しんでた思い出があったんですが・・・。
あれはいつごろだったのだろう・・。


>いまは、もう錆び付いてしまって、よほどのことがないと作動しません。でも、いまの状態の感受計が一番いいのかも…。

・・・そうかも知れませんね、やたらに反応しすぎると疲れてしまいますからね。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/90-adad2b23

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。