スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯車

歯車

◆この作品は3年前に、某全国公募展のデザイン部門で奨励賞をいただいたものです。テーマは“NO WAR”です。ここではキャッチコピーを外して、イラスト部分だけを載せました。

◆今、現在も世界のどこかの国々の人々は戦火の中にいます。その原因となる宗教対立、民族・部族の対立、イデオロギーの対立、領土拡張への野望、為政者の覇権争い、いずれも理解し難く、自分の立場に置き換えることが出来ません。ですから、このテーマのポスターはどうしても客観的捉えになるのでは、と、描くのを尻込みしてきました。

◆しかし、その戦禍を被り、家族や兄弟、仲間を失い、さらに荒れ果てた土地で飢餓に苦しみ、貧困にあえぐ人々の苦しみは、自分に置き換えることは出来るし、その不条理に怒りと悲しみを禁じ得ません。

◆絵を描くものは絵で、文章を書くものは文章で、それぞれが自分のカテゴリーの中で、例え「所詮、客観的」と言われようとも、“NO WAR”への発言していかねば、と思うのです。

◆何処かで、誰かが、歯車の動きを狂わせる、それは次の歯車へ、また次の歯車へ、全体の歯車が取り返しのつかない勢いでビュンビュン回り出す。日本が世界を巻き込んだ先の大戦もそうだったと思います。いま、核保有の国々が増える一方の世界で、こうなったら、もう、この歯車を止める手だては無いのです。

応援クリックお願いします。

もう一つクリックを!

コメント

ArtKazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★おっしゃるとおりですね。平和のため、民主主義をまもるため、などと言う名目で、その国を戦禍に巻き込んでいる現実は理解出来ませんね。
★「NO WAR」の作品にしては、やや訴求力に欠けるかも知れないと、私も感じています。

メルクールさん、こんばんは。

★駄作、駄弁をご覧いただいてありがとうございます。
★アートと言っていただくほどのものではありませんが、またお暇なおりに、お寄りいただけば嬉しいです。

いつも戦争を起こすのは、エネルギー欲しさの権力者。
平和のための戦争なんてのはないです。
平和のために、なぜ人を殺すのか・・
シンプルな疑問を抱かなくなったとき
戦争協力者になるのだと思います。

今回の作品は反戦のメッセージとのことですが、
とても美しいですね。

はじめまして。
アート、おもしろかったです。
アートのことはよく知りませんが、楽しく拝見しました。

リガサキさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★リガサキさんがデザインをやろうと思ったきっかけの一つがこういうテーマを訴えようと思ったこと、というのは素敵ですね。でも、デザインの仕事は依頼主の要望に応じてさまざまなことを、ときには、やりたくないことも…。しかし、最初の気持ちだけは大事にしながら、どんな仕事でもやりこなすように、そんなデザイナーになってください。

遅くなりましたが、コメントさせていただきます。
私がデザイン、その中でも広告デザインをしたいと思ったキッカケは、世界平和や環境問題を訴えたいと思ったからなんです。
例えば飢餓で苦しむ人を救いたいと思っても、現地に行って助けるのは難しいし、自分の力に限度がある。そう考えた時に、自分の好きな美術と組み合わせてポスター等で訴えかけるのが、自分に一番あった貢献の仕方だと思ったんです。なので、このようなポスターを作ることが、私の目標です。これからも頑張っていこうと思います!

オリオさん、こんばんは。

★こうも自分の国をムチャクチャにして、元通りになると思っているのだろうか、と、世界遺産を次々に破壊したタリバン政権の記事を見て思ったことがあります。結局、為政者は有り余る財を蓄えているから、国民の苦しみなんて分からないのでしょうね。

ぶくさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★親しい仲間うちでは良いも悪いも全て許せるし、認めることができても、チョッと疎遠な友人だとそうは簡単にいかない、なんてことが私にもあるのです。アメリカの人種問題、各国での移民問題、それと同じようなことが小さなコミュニティーのなかでも時々あります。これでは、何も言えませんね。

nanbuyaさん,こんにちは。

★ありがとうございます。
★日宣美、なつかしいお言葉を!、雑誌「デザイン」に掲載される日宣美の作品をいつも見ていました。亀倉ユウサク、大橋タダシ、稲垣コウイチロウ、憧れでした。
★実は、私のいう某公募展は二科です。二つ目の人生が始まってから、毎年出しています。(タマキヨシではなく本名で…)

水無月さん、こんにちは。

★いまの状況は“平和”というよりは“緊張感の無い日本”、だから由々しき事件が頻発しているのでしょうね。戦禍に苦しんでいる他国の人々の情報を知りたいという気持ちが先ず必要に思います。私も含めて、そういう現実を他人事と思っているうちはエゴの社会のままでしょうね。

nanakoさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★びくびくしながら生活する社会、命の危機を感じながら生きる社会、かっては日本もそういう時代があったことを忘れてしまうことが最も危機的状況だと思います。貴重な国民の体験なのに、なぜ、そのことを自虐的というのでしょうか、教科書検定は…。

響さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★ホントに私たちは力は、その影響力も、説得力も無力ですね。自分たちのコミュニティーの中では、何とか頑張れても、この問題は全く違った次元での発想で起こり始めるだし…。でも、一人一人が自分の無力さを認めてしまったら、そういう発想をする連中になめられてしまうし…。

展覧会で入選された作品では思いもひとしおですね。
玉清さんの思いが作品に十分表れていると思います。(笑)

人間の力で地球を操る事は出来ませんよね。
人類が中心として動いている地球、その中で大自然を守っていく事は難しい。
破壊する事はたやすい事かもしれませんが。

たとえ、、、

正義のヤイバだとしても 人は傷つき 人は死に、、、伴なう痛みや 悲しみは 正義だろうが 悪だろうが変らないし、、、

悪も正義も 見方で 立場で違うのだろうし
十人十色で 一人も十色なんやし

違うのは 当たり前なんやけど 違いを否定して拒むか 認めて受け入れるかで変って来ると思ってるんね。。。

公募デザイン展の奨励賞か。
20代前半のころ、デザイン志望の友人と、二科展に挑戦しました。見事に落ちました。そんなことを思い出しました。当時は日宣美が全盛でしたね。

こんばんは。
狂い始めた歯車と、黒い影に覆われる地球・・・
「NO WAR」のメッセージが、しっかりと伝わってくるイラストだと思います。

地球のどこかで、戦争は起きているというのに、どこか実感がありません。
私に出来ることは何なのでしょう?まず、家族や隣人を愛することなのかな・・・。
一人の力は小さくても、水面に石を投げ込んでできる波の輪のように、
人を愛する心がどんどん広がっていくといいのに・・・。
最近の、信じられないような犯罪や事件を見聞きすると、近い将来、
日本にもとんでもないことが起こるのでは・・・と思うことがあります。

感動しました。
もちろん、このすばらしい作品に!
そして、玉清さんのこのことばに・・・です。
>絵を描くものは絵で、文章を書くものは文章で、
>それぞれが自分のカテゴリーの中で・・・・・

私は、両親が戦争体験者なので、
小さいころから戦争の悲惨さを聞かされてきました。
母は「戦争だけはしてはいけない」いつもそう言っていました。
でも、私の次の世代にその想いを伝えられているだろうか・・・
そう思うのです。
歯車は一度狂い出したら止められない・・・本当にそう思います。

こんばんは・・・。
考えさせられるイラストだし、ご紹介文ですね。
う~ん・・・。こういうのを考え出すと 自分の小ささしか感じられなくなります。
私がなにかしたところで・・何かよくなる?or ただ、黙ってみてるだけ?・・エンドレスな葛藤。

『NO WAR』 ・・・願ってやみませんね。
子供たちの未来から、黒い影を取り払いたい。

枯雑草さん、こんばんは。

★早速のお訪ねありがとうございます。しかもタイミングよく。実はこの3年前の作品を載せようと思ったのは、枯雑草さんのこの前の四国巡礼の旅のブログが一因なんです。大変な苦労をして旅を続けられながら、ご自分を見つめられておられるような気がして。自分を見つめる、自分に問いただす、あのブログからそんなことを感じて、フッとこの作品のことを思い出したのです。

こんばんは。人間の欲望の、無限の連鎖を、地球に重なる
歯車で表現されたのでしょうか。とても、迫力のある、ドキッと
する映像ですね。地球という自然の中で、その1要素としての
人間は、どう生きてゆけばいいのか、その生き方を自然から
学んで行くしか、解決の方法はないのかもしれませんね。
このすごい映像を見せていただいて、そんなことを考えました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/74-725f2017

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。