スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気難し屋

気難し屋

◆シャガ、水はけの良い、木漏れ日の山の斜面などに群生する晩春の山野草です。地中を這うように根が繋がり、先々で芽を出し、群生地域をつくっていくのです。全国どこでもありますので、ご存じの方も多くお見えかと思います。

◆その飛騨の山峡の町で、私が、ものごころついてから最初に覚えた花の名前がシャガです。あまり草花に興味のない私にとって、よほど強い印象の花だったのでしょう。彼女は実家の裏山の斜面や、すぐ横にある神社の杉林の地面にビッシリ群生していて、最初に山国の初夏を飾るのは彼女達でした。小ぶりな花ですが、多分、姿形から見て、アヤメやショウブの仲間でしょう。でも、それらと違って花びらの色と柄にかなり意匠を凝らしていて、これが野生の花かと思うほどもきれいさです。

◆その山峡の町は、5月中旬、近隣のどの町よりも多くあちこちに彼女が咲き乱れるのです。だから、‘シャガの○○’といったように彼女の名を頭に付けた商品や温泉の屋号があるほどなのです。しかし、彼女、なかなかの気難し屋で、彼女を花瓶にでもと、切り花にすると30分で完全に萎れてしまうし、他所に移植しても、よほど彼女の気に入った場所でないかぎり、絶対に根付いてくれないのです。

◆私も、いまの家に住むようになってから、飛騨に帰省するたびに、彼女の株を持ち帰って、家の庭に場所を変えながら、毎年、移植したのですが、いつも嫌われっぱなしでした。移植を始めてから5年目に、フッと、彼女は気むずかしいから、ちょっと変わった所へと思い、花壇から出てきた邪魔な小石を一カ所に集めている所に、無造作に移植してみたら、なんと、それがしっかり根付いたのです。3~4年でその一角が彼女のテリトリーになりました。ここは飛騨より暖かいものですから、4月はじめに花を付け、いま伸び放題です。この写真が我が家の彼女です。【バックの絵は、彼女の郷里のイメージです。】

応援クリックをお願いします。

もう一つクリックをお願いします!

コメント

けいさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★そうですか、けいさんのお家の庭にも、シャガが咲いていますか。花に無関心な私も、このシャガだけは飛騨の思い出と重なって忘れられない花です。
★もうすぐけいさんの好きな山の季節ですね。私はもう、そこの辺のちょこっとした山行きしかしませんので、ウエストサイズストーリーを絞れません。

西洋の花も綺麗ですが、山里に咲く花は優しいですね。我が家の小さな庭にも、姫しゃがが咲きます。作った時は小さいながらも、すっきりとした庭だったのに、山野草等がアチコチから芽を出すので、踏んでしまわない様、母の目が光ってます。それから、映画も大好きです。
勿論 ウエストサイド・ストーリーも。

ArtKazukoさん、こんばんは

★ありがとうございます。
★シャガという名前、ホントに面白いですね。植物図鑑にもシャガって書いてあります。日本の他の花の名とちょっと雰囲気が違いますね。
★さしあたって、男性は《ドクダミ草》ってとこですかね。
★飛騨の山間の地域はまだ殆どこんな雰囲気ですよ。特に他市や他県に通り抜けれない行き止まりの地域は昔のままです。art kazukoさん、たまには東京を出てスケッチなどに如何ですか?

シャガという名が面白いです。
彼女ということは女性ですね。
では、男性にたとえられる花は?

この絵の光景は、東京生まれの東京育ちの私にとっては本当に今でも現実にあるのかと思われる光景です。

リガサキさん、おはようございます

★ありがとうございます。
★こどものころ、遊んだなつかしい草花が、いま絶滅危惧種に指定されているといったものもあります。世代を超えて、同じ自然を話題に出来るように、自然を大切にしたいですね。

saraさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★例え、草花といえども、それぞれに強烈な個性を持っているものですね。だから、あんなきれいな花を咲かせるのかもしれません。
★リンク、ありがとうございます。

枯雑草さん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★長の旅のお疲れは癒えられましたでしょうか?
★レンゲ、枯雑草さんのお気持ち分かるような気がします。子どものころ、レンゲ畑の中に寝ころぶと、目線と同じ高さにレンゲの花が揺らいでいました。

シャガ…野草とは思えないほどの美しい花ですね。私の地域ではあまり見かけないかもしれません。。。今の時期だと、レンゲやシロツメグサで冠やネックレスを作ったり、カラスノエンドウという植物のサヤで笛を作って遊んだりしていました。もう何年そんなことしてないんだろう…。この作品を見ていると、急に懐かしい気分になりました。やっぱ自然っていいですね。

こんばんは♪

私は、どなたかのお家に飾ってあったのを見たような気がします。
さりげなく、印象に残る花だなって思いました。
ジャガ・・・というのですね。
5年目に・・花が咲いたのですね。きっと、植物にも想いが伝わるのかもしれませんね。
ずっと、ずっと見守ってくださっていたことを・・・・。

リンクの件ですが、ありがとうございます。私もリンクさせていただいてもよろしいでしょうか。

ご無沙汰しました

こんばんは。
四国、広島からやっと帰ってきました。
相変わらず、すばらしい映像のパレードですね。小さい時
心の中にしっかり場所を占めてしまった花って、夫々の人
にありますよね。玉清さんにとっては、シャガですか。いい花
ですね。私は、レンゲの花です。この花見ると涙が出そうに
なります。

オリオさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★図鑑には、《アヤメ科》で、《林の下の日陰に生える》と書いてあります。面白い名ですね。
★オリオさんのように、覚えていないけど、どこかで見たという人が多いのです。それほど何気ない山野草なのです。

シャガ?

「シャガ」って云うんですか?

どこかで見たような感じはあるのですが、名前は始めて聞きました。
花びらが3つに分かれていて、それでいて均等が取れた、凛とした美しい花ですね。
5年がかりで、やっと根付いたって、玉清さんの根気強さには感心させられます。(笑)

small islandさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★愛情というよりも、彼女との根気比べです。いまは、飛騨よりも温暖の場所に居着いて、すっかりデカイツラをしています。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★この花、もっと山の中に行くと、同じ花なのですが、もう少し花のでっかいのがあって、それは《姫シャガ》いうのです。なんか、さらに
扱いにくそう!さらに、その町には、その名を借りて《姫シャガの湯》という温泉があるのです。熱っそう!

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★nanbuyaさんが、シャガをご覧になったのは、その東北の古里ではありませんか?、この花、山間の田舎にこそ似合うのです。私の家では、気候が暖か過ぎて背が高くなりすぎて、やや可愛げに欠けるかな、と感じます。

しゃが...私もアヤメ科の花は好きです。花を飾ったり鑑賞するのは大好きですが、世話をするのは得意ではありません。だから、
5年も諦めないでこんなに見事に綺麗なしゃがを咲かせられたこと、尊敬しますm(_ _)m 諦めないで愛情を注ぎ続けることが大切なのですね...

キレイですね。胡蝶蘭に負けない美しさ。
ちやほやされたくないんでしょうか?
面白い性格ですね~。

きれいな花でも、過酷な条件を好んでいるようなのは
人間のそばにいてくれませんよね。

5年もあきらめない玉さんがなんともいい感じです。
あきらめないのもいいですね。彼女も観念したのでしょう。(笑

シャガとは、初めて聞きました。この花は見たことはあります。野生で見たのか、花屋で見たのか、花壇で見たのか、定かではありません。それにしても、この風景、正に私の古里そのものです。夕暮れになると、家々から夕げの煙が上り、貧しい食事ですが、一家団欒の楽しいひとときでした。その我が家は今、原野に埋もれようとしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/67-5964bc5e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。