スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージ〈春〉

イメージ〈春〉 border=

◆春が行ってしまわないうちに、〈春〉のイメージイラストをご覧ください。

◆京都です。最寄りの新幹線駅から、40分程度で行けるものですから、よく行きます。いつ行っても、表面的には古都のイメージから、ほど遠く、人であふれています。夜の新京極界隈などは、まっすぐに歩けません。修学旅行の生徒、腰にジャラジャラ鎖をぶら下げた若者、歌舞伎の隈取りのようなメイクをした女の子、見事に和服を着こなしたご婦人、そして、キラキラ輝くショウウインドーの直ぐ隣に歴史を感じさせる小さなお寺や祠がジッと佇んだりしています。さらに、ひとつ裏に入ると表の喧噪が消えて、町屋の灯りが揺らいでいます。まさに、人も、ファッションも、町の様相も、新旧のルツボのような京都です。京都ですから、神社仏閣が素晴らしいことは言うまでもありませんが、私は、そんなごった煮の京都が大好きです。

◆でも、繁栄を極めた平安の昔も、きっと今とそんなに変わらなかったのではないか、と思うのです。日本中から、あらゆる階層の人々が都を目指し、都の集まり、さまざまな市が立ち、やっぱり、ごった返していたのでしょう。

◆この絵は、春、清水の三年坂で見た幻影です。

応援クリック、ポチッとお願いします。

もう一つポチッとお願いします。

コメント

nanakoさん、こんばんは。

★はじめまして、お越しいただきありがとうございます。
★nanakoさんのおっしゃるとおり、確かに不思議な街ですね。喧噪と静寂が、とても近いところで隣り合っている所など、不思議な魅力です。
★nanakoさんのブログ、さっき拝見させていただきました。淡く、優しい、きれいな画面ですね。また、ゆっくり読ませていただいてから、お便り書かせていただきます。

saraさん、こんにちは。

★中心地から外れた数々の名刹が素晴らしいことは言わずもがなですが、あの街のゴチャゴチャの雑踏のなかで出会う京都らしさが私は好きです。不思議な街と言えばたしかに不思議な街ですね。
★でも、saraさんのように、知らないところで知らなかったものを見つける旅も私は好きですよ。

初めてコメントをさせていただきます。
水無月さんのところからまいりました。
今までもうかがうたびに、すてきな作品にうっとりしておりました。
でも、コメントさせていただく勇気が無く、そのまま帰っておりました。
今日は、勇気をふりしぼって・・・。

京都は学生時代をすごしたなつかしい街です。
京都は不思議な街です。
庶民の知恵が息づいていて、しなやかでしたたかな街という印象です。
それから、ウエストサイド物語は大好きな映画です。
1953年生まれの私は、高校生のときに、授業をさぼって観にいきました。
あの感動は忘れられません。

突然うかがって、長々と失礼いたしました。
また、うかがいたいと思います。

心が春になりました。( ^ ^ )
イラストの右の桜の枝に触れそうな・・そんな気がしています。
春の京都・・・なんて素敵なのでしょう。
息子が3年前に修学旅行で行きましたが
もう1度ゆっくりと訪れてみたい・・そう言っていました。
(私も・・また行きたいなと思っています。)
京都には、いろんな表情があるのですね。

水無月さん、こんばんは。

★庄内のサクラもうすぐと、当地のブログ友人がおっしゃていましたので、やっぱり北海道は、もう少し後ですね。お楽しみ…。
★京都、観光客であふれていても、そこにある建造物も、道も、空気も、いにしえのままであることには間違いありません。人の雑踏の向こうに平安の昔が見える…、と、思うのです。京都は…。この作品はそんなつもりで…。

リガサキさん、こんばんは。

★精力的に彼方此方を訪れて、さまざまな感想を持ったり、感動したり、批判的な眼でみたり、いろいろしてください。きっと、リガサキさんのデザインの勉強の肥やしになりますよ。先日の大原美術館の絵の論評すごく良かったですよ。

玉清さん、こんにちは。
本州の方が北国に憧れるように、北海道の私は京都や奈良などの古都の風景に、
たまらなく憧れをいだいています。
今の京都の様子はわかりませんが、私にとって京都は修学旅行で訪れた時に
感じた優雅なイメージのままです。

春の幻影・・・見事に咲き誇る桜で街がピンクに染まり、
桜の花びらが敷き詰めたれた三年坂を、飛び跳ねるように遊ぶ子供達・・・。
玉さんの昔を懐かしむお気持ちが、込められていますね。
とても明るく、楽しいイラストですね。

あぁ~、京都行きたいです。中学の時に修学旅行で行きましたが、大人にも子供にも魅力的なところですね。どんなにチャラチャラした若者でも(笑)京都のあの雰囲気を嫌いという人はいないのではないでしょうか?倉敷の次は、京都に行きたいです(*^^*)

里奈さん、こんばんは。

★お訪ねいただき、ありがとうございます。
★さっき、きれいなブログ《京都に唄えば》見せていただきました。ブログによれば、もう東京にお移りの由、3年半、ご苦労様でした。でも、あれだけの情報収集力と的確な論説をお書きだから、また、東京の何処かをきれいなブログでお見せくださいね。

オリオさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★京都を《ゆっくり》旅するには、あの雑踏を完全に無視して、マイペースでいうことに徹っしないと、《ゆっくり》出来ません。ブログのおつきあいで推測すると、オリオさんは、マイペースのお方のようで京都向きです。

ぶくさん、こんばんは。

★私んとこは、近いのでありがたいです。
★春夏秋冬、どの季節もイメージし易い街のようにかんじています。
昨年の晩秋、京都のお寺に銀杏の葉が降る光景を見たけど、その印象をいつか描こうと思っています。また見てね、ぶくさん。

noriくん、こんばんは。

★noriくん、覗いてくれてありがとうございます。
★この作品を気に入っていただいて嬉しいです。HPの方は更新したら、どうせまた1年間ほったらかしになるのは眼に見えているので、しばらく撤退しました。その分、ブログで頑張ります。更新も簡単だし…。
★先日は親切なお誘い恐縮です。また、メールでご返事します。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★旅先の善し悪しは、それぞれの印象によって異なることは確かにありますね。私もnanbuyaさんと同じような印象をもつ旅先もあります。私たちの絵の仲間はもう何十年も季節を問わず京都に通い、わざわざ京都で忘年会をやるというほどの京都好きです。

small islandさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★small islandさんは忙しい毎日だから、たまには安らぎの京都寺社回りをお勧めします。
★祇園ねえ…。「いちげんさんお断り」の世界だから、私は『Gifuのsmall islandさんの連れですが』と言って上がらせてもらおうと思うのですが、ダメですか…。

初めまして^^ ランキングから訪問させて頂きました。とても印象的な絵ですね~階段を歩いているのが観光客ではなく着物を着た子供なのがいいです。

私は京都に唄えば♪という京都情報のブログを書いています。でも4月から東京に移りもうすぐ京都情報も発信できなくなります。。京都はいい街ですね^^

この時期の京都は最高でしょうね。
京都は、大昔、修学旅行で行ったきりです。(笑)

画面から、花満開、楽しさ満開のイメージが伝わってきますよ~。
のんびりと、京都を旅したいです。

これも黙ってられへん!

京都ゆうたら 高校の修学旅行で行っただけやけど 大好物やねん 玉はんが言うように 新旧の ごった煮みたいな とこがええねんなぁ 

死ぬまで もう一回は京都行くから 玉ほんも長生きして僕らを 案内してねぇぇぇ。。。

春らんまん

せんせー、こんにちは。
ホームページの中で、この絵が一番気に入っています。
絢爛豪華な京都のイメージに、どことなくのどかで、カントリーで、未来があります。軒屋根で、転回している少女を描くあたりは、先生の感性しかり、な部分なんだろうかと思いました。ちゃーんと、雨どいまで描いてあったりして、見る度に発見があります。
過日、「男だけ同窓会」のご案内をさせて戴きましたが、如何でしょうか?
お手すきの折に、ご返事、お待ちしてます。

京都には、10回以上行きました。何回行っても観光の顔しか見せません。これが京都の素顔だと思ったことは一度も有りません。よそよそしさを感じてしまいます。愛想のよい笑顔も、営業笑いに見えてしまいます。これが、私の京都の印象です。

京都、清水、三年坂...随分久しく出かけてないなあ...
こんな素敵なイラスト見ていたら、今すぐにでも列車に飛び乗って
行ってみたくなりました。京都は私も大好きな街です。お寺を巡ることも、古都を彩る花を楽しむことも、美味しいものを食べに行くのもいいですねえ..。そして一度くらい、祇園というところにも行ってみたいかな....

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/66-efe021bb

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。