スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よざくらについて…もうひとつ



◆一昨年、私の町の観光ガイドを更新したとき、その表紙や中扉も一新しました。その中の“まつりのまち”というカテゴリーの中扉のデザインです。

◆さて、この町も桜祭りが終わり、サクラが北に行きます。今年も思ったのですが、皆さん、あのサーチライトのでっかいヤツで夜遅くまでサクラや秋のモミジをガンガン照らすライトアップをどう思われますか?
子ども達なんかは、その姿を夜桜と思いこんでいるから困ったものです。せいぜい、露天の電灯、酒宴の明かり、家々のあかり、都会ならビルの窓明かり、に浮かぶサクラが夜桜の美しさです。時期が合えば月あかりも素敵でしょう。なんで、サーチライトでガンガン照らすのでしょうか?。情緒もなにもあったものではありません。サクラを人間に例えれば、もう寝たいのに濃いコーヒーを何杯も飲まされて『寝るのは許さん!』と言われているようなものです。

◆夜桜見学というのは季節の自然を愛でる最高の行為だと、私は思うのですが、あのライトアップは不自然さで自然を見せている間違った見せ方だとかねがね思っています。
昼の陽光と夜の漆黒、このサイクルを守ることこそ自然を自然のままで長く保全する、ごく初歩の心がけだと思うのですが…。

応援クリックお願いします。

もう一つポチッとお願いします。





コメント

拝見しました。

★川面に流れる、花びらの作品、拝見しました。見事です。光景も、作品も。bokkasaさんの精力的な動きには感服します。さて、サクラの次のターゲットは何ですか?。

観光ガイド

こんばんは。
今年は、お祭りも夜桜も行けませんでしたが、玉清さんの観光ガイドを見ていたら、やはり、一度は行かなければと、先日、午後に出掛けました。
ライトアップされない場所で、気に入った写真が撮れました。
夜、ライトがあたっていないので、散った花びらも、生き生きしたように感じました。今朝、UPしました。

・・・今日も、また川面に魅せられていちゃいました。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★今日は、午後から勤めをさぼって、3時から、ついさっきまで、半葉桜の下で遅がけの花見会をやってきました。大いに騒いで、飲んで楽しい花見でした。少々、ほろ酔い気味で響さんへのお返事を書いています。
★夕陽の中に林立する半葉桜にみんな感動しながら、メーターの上がること、上がること、愉快な夕暮れでした。これで、今年のサクラとお別れです。

こんにちは。
玉さんがおっしゃりたい事わかる気がします。
反面、桜を見られる嬉しさで”ドンちゃん騒ぎ in オールナイト”する気持ちもわかるので(笑。
コマッタナア~

でも、『自然を自然のままで』 そうっとしておいてあげたい・・というのはよくわかります。
相手の生活をこちらの都合にいいようにしない。。というか。
そんな感じでしょうか。
今、人が思い出さなきゃいけない事かもしれませんね。
忘れている人多そう。v-507

nankurukuruさん、こんにちは。

★ありがとうございます。昨夜はnankurukuruさんのガウディ、ミュシャの素敵な感想を読ませていただきました。
★サクラの木の下で酌み交わし、見上げると酒宴の明かりに照らされたとサクラの下面の枝が揺れているってのがいいですね。ちなみに、私は今夜、サクラが盛りを過ぎてしまったので‘葉桜見会’です。

こんにちは★^^

今度はにぎやかな桜のお祭りに参加したくてやってまいりました。
でも、、夜桜って、本来はライトアップするものではなく、
他の明かりの元で楽しむものだとは、思ってみませんでした。><;
本物の夜桜を楽しみたいものです・・★

small islandさん、こんにちは。

★それぞれのお立場、お仕事、人生観、さまざまな背景が、それぞれの考えをつくります。考え方は千差万別、それでいいのではないでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/65-867d4112

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。