いつの時代も

いつの時代も

◆『最近の子どもたちは…』『ホントに近頃は…、昔はこんなことなかったのに…』『あの頃はみんなに活力あったのに、今の若いモンは…』等々、年配の者が自分たちの生きた時代を基準にして、現在の若者や社会に対して苦言を言う、といったパターンは既に江戸時代の文献にもたくさん出てくるそうです。『ったく、今どきのワケーやつぁ』と言った調子でしょうか。多分、もっともっと以前から、そして未来永劫にわたって、この苦言文化(?)は続いていくことでしょう。
◆でも、いづれの時代も、自分たちが作ってきた文明や社会構造の中を後輩たちが歩いているわけですから、その苦言は自分たちへの苦言ということになるのでしょうね。

この作品は本サイトHPのS11です。

応援クリックお願いします。

もう一つクリックをお願いします!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/56-a2b4b54d

FC2Ad