fc2ブログ

春の庭/花暦

hanagoyumi.gif

★2023年になって、やっと2回目のアップである。ホントに全ての行動がノロノロで億劫で面倒になってしまった。しかし、今年のサクラはビックリするほど早く来て、瞬く間に北に旅立ってしまった。自然界では多少の早遅はあっても、毎年そこにその花が咲き、その辺りにその雑草が鬱陶しく広がっている。『さ~て、草取りをやるか…』としゃがみながら周囲を見ると、そこかしこに次の花の蕾らしきが見えて、こんな狭いスペースの庭の中でも自然界はキチッと規則正しく花暦を刻んでいることに気付く。

★春の庭/花暦
①しゃが=3月中旬
たびたびアップしているのでご存じ方もお見えだが、数十年前に私の故郷、南飛騨の町のシャガを毎年持ってきて移植を繰り返し、数年後にようやく根付いたものだ。現在、我が家の庭でドンドン増え続けている。遠い日の思い出と望郷の念とともに私の最も好きな野草である。

②すずらん=3月下旬
これも数十年前、故郷の象徴である御嶽山の飛騨側裾野に広がるS高原から移植した物が元株である。試行錯誤しながら狭い土地の彼方此方に植え変えていた。その間、雑草に囲まれたり、株が増えたり、絶滅寸前まで減ったり、を繰り返した。結局、今のところは、いくつかの鉢に分けて植えて、初春は日当たりの良い場所、夏は木陰に、という具合に鉢ごと移動することにしている。本当は地植えにしたいのだが…。

③卯の花=3月下旬
ずっと以前、家内が何処からか木の枝を持ってきて『この枝、土に挿しておくとすぐ根がついて花も咲くそうよ』と言って、庭に端に差し込んだのが最初である。生命力が強く放っておくと密集した枝が伸び放題になり通り道の邪魔になるので、今は秋口頃にバリバリに剪定し40㎝ぐらいの高さの裸の枯れ木のような状態にする。でも年が明けると無数の新芽から小枝が伸び、3月にはこのように真っ白な小花が光る。

④花名不明?=4月上旬
これは山野草ではないし、何処かでよく見かける花でもある。が花名を知らない。でも懐かしい花だ。ずっと以前のことだが、家内とウォーキングをするコースに、軒先の縁台に趣味の花の小鉢をいっぱい並べている老婦人がおみえで、目が合うと『こんにちは』『こんばんは』と交わして過ぎた。ある日老婦人が花鉢を持って私たちを待ち受けていて『毎日ご苦労さん、良かったらこの鉢をあなたの家の何処かに飾ってくれる?』と言いながら手渡された。もう十数年前のことである。その後、株も増え鉢も広い物に変えながら現在にいたる。老婦人は何年か前に他界されて、花鉢が置かれていない縁台だけが今もある。

⑤せっこく?=4月中旬
確か(せっこく)と聞いたように記憶しているが自信はない。現役の頃、同僚が『実家の父が山から採取してきたもので、結構珍しい野生ランの一種だそうです』と言いながらいただいた花だ。自然界にとっても、マニアにとっても、貴重な植物であろうことは、その全体の姿や雰囲気からも、茎や葉や花のフォルムからも、素人の私でも納得できる。私は、この花には下手に人力を加えない方が良いのか、あるいは何か手入れの方法があるのか、ユーチューブなどで調べながらも、結局、樹と塀がつくる木陰あたりに一年中放ったらかしにしている。それでも少し茎や葉が増え、全体が大きくなっているように思う。この植物、美しさに加えて野生の頑強さもある。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/431-69ed9404