fc2ブログ

月下美人が朝に咲く?

gekkaasa.gif

★本当に不思議なことがあるものだ。いやその道の専門家から見ればこういうことは珍しくないのかもしれないが、私は初めて見た。私が月下美人を育て始めてから随分歳が経つ、株が古くなって葉の色が悪くなりかけたと感じた年には上部の出来るだけ元気そうな葉を切って挿し葉をして、一から育て始めるといった繰り返しで幾鉢にもなった。もう20年以上経つ。

★今夏もそろそろ花芽が出るのを楽しみにしていたのだがいっこうに出ない。まあ以前も秋遅く咲いたこともあったので気長に待っていたら10月上旬、ヒョコッと赤い小さな花芽が出て、1ヶ月程で大きな蕾になり膨らんできた。

★昨夜のことである。そのパンパンに膨らんだ先っぽが少し弾けていて、間違いなく今夜12時前後に一年ぶりの月下美人に会える、とカメラを横に置いてお湯割りの焼酎をすすりながら待った。しかし、12時を過ぎて深夜1時になっても2時になっても依然として膨らんだ蕾のままでジッとしていた。確かめに玄関戸を開ける度に寒風がパジャマを冷やした。私の眠気も限界だったので「もっと待てば見られるが、まあ今年は諦めるか…」と暖かい布団に潜り込んでぐっすり寝てしまった。

★今朝のことである。寝坊して8時頃起き、新聞を取りに玄関を開けると月下美人が思いっきり手を広げるように咲き誇っていた。
そもそもこの花は夏の真夜中にソッと妖しく開いて絢爛の姿を見せながら深夜の一刻を過ごしたあとは、見る影もないグシャーと垂れた醜態を晒して朝を迎える。この妖気こそが私の思う月下美人という植物なのだが、明るい秋晴れの朝に玄関を開けると『おはよう!』と元気に呼びかけてくれる月下美人に、長年のイメージがドミノのように崩れ、大いに戸惑った朝であった。

★でも月下美人が何で朝咲くのだろう?しかも初冬に…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/429-bfaa8789