スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子のスネをかじる親の秋

息子のスネをかじる親の秋

★東京の二男が仕事の合間を見つけて帰省してくれた。そして、今年もまた親のスネならぬ、「息子のスネをかじる親」の秋が来たのだ。

★今年は2泊3日で近場のじっくり旅を実施してもらった。同じ県内なのにバスツアーでサア~としか通ったことの無かった御母衣ダムや白川郷を皮切りに、竹久夢二の湯桶温泉、金沢駅の丸太ゲート、茶屋街、それから能登の根元部を横断して氷見市、黒部市へ。北陸内では出来るだけ高速に乗らないで下道を行きながら彼方此方を巡った。
とりわけ初日の御母衣ダムから湯桶温泉に入る裏山道は夜なら絶対に行きたくないような怖い道だったが、旅を急ぐ古人の姿を彷彿とさせるような歴史街道だった。

★今回は海の街々や山々の細い道に入り込んでのポイント巡りが多かったが、私たち夫婦はふんぞり返って『あそこを観たい!』『そこに寄りたい!』と言うだけ。文句も言わずにでっかい車で狭い道を行く二男には相当の神経を遣わせてしまった。

★私は北陸地方も日本海も大好きで現役時代もその後もよく訪れている。ただ、その地域の風土や生活や歴史などを視点にした旅はしたことがない。その意味で今回の旅は新鮮だった。

★余談だが、帰途の車で、二男がこんなことを思いだし盛んに感心していた。『金沢でも、氷見でも、街の中の公園で休んでいて感じたのだが、公園周囲を取り巻く低木生け垣が何処でもきれいに剪定されていて、クモの巣一つ無かった。』と。そういえば私も以前から北陸の街々は何処も清潔な感じがしていた。

★最後のにもう一つ息子のスネをかじった。以前、山用にと高度計と気圧計が表示出来る腕時計を二男に買ってもらったのだが、取説に書かれている内容が難しくて操作出来ず、今回また同じ高度計と気圧計の付いた今度はデジタル表示の腕時計を買ってもらった。とても軽くて調子がいい。だが、やっぱりこの取説文の理解もむずかしい…。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/391-9a8257c1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。