スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100歳の天寿全う

100歳の天寿全う

★寒さが厳しくなり始めた昨年の暮れから、家の中に避難している我が家の各種鉢物の冬籠もり風景である。何もしないで、ただじっと南の窓際で春を待っている。まさに私と同じだ。
そろそろ玄関先に出そうと思っていたら、なんとこの時期になって今年最大の寒気が南下する由、コイツらが外の陽光に触れるのは来週になりそうだ。

★さて、書き出しとは全く関係のない話題だが、先日、何気なく紙面に目を通していたときのことである。いつもはその「おくやみ欄」など気に留めたことも無いのだが、その中の一行に私の故郷の町と懐かしい住所地名があり『ウンッ?』と見入ると、MTさん(100歳)と掲載されていた。

★『あ~、Mさんとこのおばさん、100歳まで生きていらっしゃったんだ…。』と、深い感慨を覚えた。私はこのおばさんをよく知っており、遠い少年時代の思い出とともにある。

★飛騨の私の住んでいた家の真東方向、飛騨川対岸の山麓に大きな農家があって、乳牛を飼っていた(遠い日のことなのでハッキリしないが、もしかしたら乳牛ではなく山羊だったかもしれない)。‘おばさん’はその家の奥様だった。私はいつも一升瓶を抱えて搾りたての牛乳(山羊乳)を分けて貰いに行くという我が家のお使い係だった。カラの一升瓶を持って行くと、既に牛乳(山羊乳)がはいった一升瓶が置いてあって、カラの一升瓶と取っ替えてくるのである。

★田舎の家並みを一升瓶を抱えて歩くのは、さすが小学生の私でも恥ずかしかったのだが、それにまさる余得が私にこのお使いを続けさせた。牛乳(山羊乳)が四分の一程入った一升瓶を貰っての帰り際に、おばさんは『ハイ、これ』と言って必ず何かをくれた。その時々によって、お菓子だったり、茹で栗だったり、冷えたトマトだったりさまざまだったが、貧乏でいつもひもじい思いをしていた引き揚げ者家族の私にとってあの時のおばさんの優しい顔とおいしいお駄賃は今でも忘れていない。

★その後、飲料業者が牛乳を配達するようになり、いつの頃からかおばさんのところにも行かなくなった。

★爾来半世紀以上経て、まさか新聞紙上で100歳の天寿を全うされたおばさんの名前を目にするとは思わなかった。心からおばさんへのお礼とご冥福をお祈りした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/382-a9bcd0c7

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。