スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わり

夏の終わり

★先日、残暑お見舞いのハガキを投函した。暑い暑いと言っているうちにアッという間に過ぎていくの夏なので、暑中お見舞い状は出さなくてもいいか…、と思うのだが、立秋を過ぎても酷暑がおさまらず、さらに彼方此方で豪雨災害の報に接すると『あいつの所は大丈夫かな?』と思ったりして、結局、残暑お見舞いのハガキを出すことになってしまう。毎年その繰り返しだ。

★ずいぶん昔のことだが、この時期になると必ずテレビに出てくるこんなJR東海のCMがあった。
親の田舎の実家で長い夏休みを過ごした子どもたちが祖父母に見送られて新幹線に乗る。車窓は緑の田舎風景から街の風景に変わっていく。そこでナレーションが流れる『来年の夏も、きっと来るからね…』と。
定かには覚えていないがおよそこんなCMだった。夏の終わりを見事に表現した情緒あふれるCMだった。
私の二人の息子はその頃、中学生と高校生だったが、遊びまくった夏休みとまだ残している宿題や課題を抱えていて、このCM画面が出るたびに『そのCM止めろ!』とテレビに向かって怒鳴っていた。
自由奔放に過ごした夏休みから規制だらけの学校に戻るイヤイヤ感は子どもの頃誰もが経験した懐かしい思い出だ。

★厳しい酷暑が続いていても、子どもたちの夏の終わりは夏休みが終わったとき、甲子園球児の夏の終わりはグランドの土を袋に詰めるとき、ちなみに私の夏の終わりは墓石や仏壇に飾ってきたアスターの花も咲かなくなり、根っこを抜いてその庭の一角を平地に戻したとき(なんとジジくさい!)だ。
それぞれがそれぞれに夏の終わりを感じるケジメを持っているのだろう。
そして、また全く趣の異なった次の季節を迎える。四季のある日本はいい!!。


夏の終わりにポチッ!

コメント

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★夏の終わり『残念感』、響さんはうまいこと言いますね。まさにそういう感覚が夏のおわりに常にあります。自由、解放というイメージが夏という季節にあるものですから、晩夏が寂しくて…。
でも豊穣の秋になると、夏をすっかり忘れて秋が最高の季節になります。季節への順応、大切ですね。
★そうですか、日航機事故のころ高校3年生でしたか。大変ショッキングな青春期の思い出のターニングポイントでしたね。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★年を重ねるにしたがって、酷暑がこたえます。ポカリスエットを飲みまくって水分補給に精を出しすぎると、糖分の取りすぎは危険と医者に言われます。
夏の暑さと冬の寒さ、自然の厳しさにより一層慎重に対応していかねばならない年令です。

こんばんは!

わかります。わかります。
『夏の終わり』のなんとも言えない『残念感』。
毎年ウキウキと楽しみにしてる分、その残念感の大きいこと。
といえども、夏を楽しめるのは、その前後に自分が頑張ってるからなんですけどね!
夏が終われば 次は『収穫期』!! 食いしん坊の私のための季節です!

高校を卒業する頃の夏休みの最終日あたりに、坂本九さんの乗っていた飛行機墜落の事故がありました。
搭乗者の名簿が読み上げられるのを聞きながら呆然と宿題を片付けていたなぁ。
毎年、この時期になると思い出します。。。。

この記事のひとつ前の奥様のポシェットよいですね!!
ご夫婦の仲睦まじい様子が目に浮かびます。

夏の終わり

こんにちは。
夫々の人の、それぞれの世代の夏の終わりですね。
私はというと・・年を経るに従って夏の終わりの想いは、だんだん寂しいものが勝ってきたような・・それで、あんまり思いださない方がいいかなと思ったりしています。幸いボケを手伝って忘れたことが多いですよ・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/348-9ce94dbe

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。