厳しかったクジャクサボテンの越冬

厳しかったクジャクサボテンの越冬

★今年のクジャクサボテンの具合は最高だった。5月の終わり頃から7月の始めまで、毎日いずれかの鉢で艶やかな花を付けた。

★我が家の今年のクジャクサボテンの花付きの良さについて、ご近所の花好き連達のご託宣のよれば、私は全く意識していなかったのだが、クジャクサボテン鉢の冬の過ごし方にあったと教えてくれた。

★いつもの冬は、殆どの花鉢を家の中に避難させて、3月になってから外へ出すという繰り返しであったが、家の中に鉢を入れると言うことは鉢の中に産み付けた虫どもの卵が孵りその幼虫も温々と家の中で越冬することになる。冬なのに部屋の壁に小さな虫が動いていたり、ハムシが蛍光灯に飛んできたり、ときにはムカデが這っていたりする原因は、きっと家にいれた多くの花鉢たちのせいに違いないと思ったのだ。
そこで、今冬は大切な鉢を除いて、殆どの鉢を透明ビニールシートで囲った簡易温室らしきものを狭い庭につくって、そこで越冬させた。でもやはりクジャクサボテンは1月2月の厳冬に勝てず、葉肉が黄色くなり冬枯れ寸前のところで3月を迎えた。ところが春になり温かい陽光が射し、水をもらうと、みるみる葉肉は緑になり、花芽があちこちに付き、7月上旬まで、毎日いずれかの鉢で艶やかな花をいくつも付け続けた。

★冬の寒さに生命の危機を感じたクジャクサボテンが慌てて種族保存機能をフル稼働させて、次から次へとたくさんの花を咲かせたというわけだ。

★植物に限らず、動物でも、人間でも、逆境をくぐった方が強くなると言う。しかし、リスクのコントロールが出来ないような逆境は経験しない方が良いし、させるべきではない。我が家では、せいぜいクジャクサボテンくんにその経験をしてもらったということか…。

美しいクジャクサボテンにポチッと!


コメント

枯雑草さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★限られた花ですが結構鉢を増やして何年も生きながらえさせています。
花が好きと言うよりも、人に聞いたり、調べたりしながらやっているうちに、ドンドン増えてしまったという感じです。

くじゃくサボテン

こんにちは。
玉さんとこのクジャクサボテン、よく拝見しています。
いろんな経験を積まれて、すっかりクジャクサボテン育てのベテランに
なられたようですね。ますますきれいな花を見せてください。ポチ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/344-2e67ed32

FC2Ad