スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫の絵/日本モンキーパーク

孫の絵/日本モンキーパーク

★久しぶりに孫たちの絵です。上の娘はもう小学校の4年生です。下の娘は3歳になりました。
毎年、上の孫娘は犬山市のある「日本モンキーパーク」が主催する写生会に参加しているのですが、今年は下の孫まで一人前に参加してきました。上の絵が4年生で下の絵が3歳です。

★自分の孫の絵を誉めるのもどうかと思いますが、4年生になると結構大人びた絵を描きます。リスザルの体の向きの変化や木の幹のタッチなど、それなりにモノになっている描き方のように思います。彼女の描き方を見ていると何か一気に描くので、私が『オイ、そこの形、チョット違っているだろう』というと『いいの、いいの』と言いながら、ドンドン先に描き進みます。一筆一筆に未練がないというか、立ち止まらないというか、そういう描き方です。
でも、だからこそ絵が新鮮に見えるのかもしれません。こねくり回す私の絵とは勢いが違うように思いますから…。
彼女たちは絵を描くとサッサと隣の遊園地に走っていきました。どうも、写生会よりもそっちの方が目的かも。

★ところで、この犬山市の「日本モンキーパーク」、世界のサル70種、約900頭を飼育展示する施設ですが、普通の動物園とは少々異なります。あの「京都大学霊長類研究所」は京都にあるのではなく、この「日本モンキーパーク」に隣接した敷地にあるのです。人類の歴史や人類の未来の安寧を研究するために「日本モンキーパーク」のサルくんたちは多いに寄与しているのです。

リスザルにポチッと!


コメント

yukaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★サル、面白いですね。あいつらの一挙手一投足がどこかで見た人間の動きに似ていて笑ってしまいます。孫たちもゲラゲラ笑いながら描いていました。

こちらも

再びです。
お孫さんの絵を見てびっくり。
表情もおもしろいし、枝幹の模様も、全面の植物とその背景の陰影も、すごくよく描けてますね。
3歳の子の右の方の髪の毛が逆立っているのはなんだろう(笑)
楽しませてもらいました。
ポチッとして帰ります。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★このモンキーパーク、孫たちは大好きで年間に何回も行きます。特にリスザルが好きで、飼育係のおじさんにいろいろ聞いてその生態をかなり知っているようです。
★あっ、そうそう、ここは枯雑草さんが訪れた明治村のすぐ近くです。岡本太郎氏制作のデッカイ塔もあります。あの「太陽の塔」によく似ています。

おちゃめさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★絵よりも遊ぶことに熱心なので、特別の絵が大好きというわけではないようですが、描くことをそんなに嫌がらずにサッサと描くという、思い切り描法がいいと思います。

いやー、驚きました。やっぱり遺伝子ですね。
特におねーちゃんの絵。きっちりと描き込んでいて、もう
立派な作品になっていますね。

着実に玉さんの遺伝子が受け継がれていると思いました。
ほんとにどちらも年齢を超えた素晴らしい絵だと思います。
特におねえちゃんの絵の木の表面はほんとにリアルに描かれているがいいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/341-8c9d713f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。