冬の色

冬の色

★先月の下旬、寒さギリギリまで外に置いていたシャコバサボテンを部屋に入れた。外にいたときに既に大きな蕾が出来ていたし、何輪かの花がついていたが、家の中で多くの蕾が開いた。毎年5月に坊主になるほど茎を掻いて、その茎を別の鉢に植えて増やしている。
最初に花屋で買ったときの一鉢程のたわわな花付きは難しいが、正月にはもう少し花が咲くだろう。この花、結構厄介な花で温度や環境の急激な変化に弱く、家の中に持ってきても下手すると花が咲く前に蕾が落ちてしまう。だから、私は外にギリギリまで置いて出来るだけ蕾も大きくして、出来るだけ花もつけさせてから家にいれる方法をとっている。

★さて、色のなくなったモノクロ世界の冬に艶やかな色があるというのは嬉しいものだ。今でこそ温室育ちの花が年中供給されていて、さまざまな花を手に入れることが出来るが、私が育った飛騨の田舎では、極彩色の紅葉が過ぎると一気にモノクロの風景になった。そんな初冬の風景の中に、柿の木の枝に一つ残った熟した柿の赤色がとても美しいと思ったことを思い出す。

★お正月の風物詩として年末によく報道されている飛騨高山の‘花餅飾り’も、色の無い冬を飾るために古人が考え出した花咲く草木の表現だと聞く。
モノクロ世界にいるから色を求め、極彩色に満たされるとモノクロの静けさが懐かしくなる。自然界の色の変化はその都度、人の心や感情を豊かにしてくれるのだろう。

★私事、ここ一週間、扁桃腺が腫れて悩まされた。年末には恒例の京都での忘年会が控えているので、まいにち耳鼻咽喉科に通ってようやく平常に戻った。
ことしもいい年末を迎えられる気配だ。皆さん、楽しい年末、明るい新年を!!

楽しい年末を!ポチッ

コメント

おちゃめさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★最初買ったときときの一鉢の花付きと比べれば、とても及びませんが、それでも素人なりにドンドン枝を挿して新しい鉢を増やしていくことは楽しいことですね。

実に綺麗ですね。
こんなにたくさんの鉢を育てること結構大変でしょう
この冬の満開のために一年中世話をしなくてはいけませんもんね
植物ってほんとに世話次第で正直に反応してしまうものですものね

響さん、おめでとうございます。

★ありがとうございます。
★絵を描いて、作品をつくって、花をいじって、淡々とした繰り返しをしながらウン十回の正月を迎えました。カレンダーがあらたまるだけで生活は何にも変わらないのに、どこかで気持ちをあらためようとする意識だけは持つ。正月というのはいいものです。
★今年もよろしくお付き合いください。

こんばんは。

見事なお花。私の祖母が好きだった花です。よく育ててたな~。
でも、買ったときの花数にはなかなかならないようでしたね。
園芸師さんたちって、やっぱりプロなんですよね。
私はポインセチアの2年目以降がうまくいかないです。
シクラメンは一年中咲いてますが(北海道だからなんでしょうかね。)

お風邪引かぬようお気をつけください。
良いお年を~。

きらりんさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★南側のタタミの部屋にビニールシートを敷いて、ホームセンターで買った鉢置き棚に載せているだけです。この状態のまま、毎年、外と内を移動しています。
★なんとかもっとたわわな花付きが見られないものかと、本などで研究してしますが、うまくいきません。

あったかそうですね~

ショコバサボテン我が家も咲きました。
玉さん家は素敵な温室フラワーガーデンのようですね。
どの花見ても 素敵だな~♪

花餅 お餅をレンジしてやわらかくして食紅で色つけて作ってみようかなぁ~。お正月準備そろそろはじめないと・・・。

枯雑草さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★高山の鼻餅飾り、ステキな庶民の生活伝統品ですね。他の地域にも同じようなものはあると思います。正月が終わるころ、それを枝から外して家族みんなで焼いて食べるというのも、いいですね。
★元気な年末、明るいお正月を!

まさに冬の色

こんにちは。
鮮やかな紅葉から一気に色の無い世界に入る冬。
生活の中で造られてきた色は、まさに冬の色であり、人々の生活の知恵だったのでしょうね。大事にしてゆきたいですね。
体に十分注意され、よい年末を、そしてよい新年をお迎えください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/329-2ce8916d

FC2Ad