スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能登半島最北端 「禄剛埼灯台」

能登半島最北端 「禄剛灯台」

★東京にいる二男が今年もまた恒例の秋ドライブ旅行に私たちを連れて行ってくれるということで、先週はじめに帰省してくれました。

★ところで、殆どの人がそうだと思いますが、職場や仲間とのチョイ旅行は随分何回も重ねました。本州で一応名が知れている所は多分全て行ったように思います。ときにはそこのお土産物産を買ってきて家に帰ると、同じものが既に棚にあって『アッ、ここは以前行ったことがあったなぁ!』と、後で気づくこともよくあります。職場や仲間とのバス団体旅行というのは場所を変えて飲みに行くだけで、ちっとも印象に残っていない私です。

★そこで今回は、能登半島の海岸線をたどる一周旅行を二男にリクエストしました。
先ず、山国岐阜を出発して、富山県の高岡市の海岸に突き当たって、氷見の海岸線を走り、石川県に入って和倉温泉、能登島に渡ってから、また半島の東海岸を北上して、最北端の禄剛埼灯台を見て、今度は半島西海岸を南下して塩田、千枚田、輪島。そして金沢に、最後は家内の養母が眠っている福井の永平寺で回向をして帰ってきました。
地図上ではチョコンとした能登半島ですが、入り組んだ海岸線の道を行ったのでかなりの距離と時間を要しました。こういう長旅のドライブは若いもんにしか出来ません。
おかげで私と家内は日本海の海岸のさまざまな風景や漁港や漁村の味わい深い光景をじっくり見て、夜は彼方此方のある能登半島独特の塩っからい温泉でゆっくり休みました。

★半島の東側と西側とでは、海岸の風景や地形も、そこにある海の幸も、そこに成り立っている産業も、全く異なっていることを実感として見ることができて少々賢くなったような気がしたです。
また、禄剛埼灯台のある狼煙町の食堂に【韓国釜山まで7000キロ】と書かれたポスターがあり、いま北端の町に居るという何ともいえない感慨がこみ上げてきました。
二男にさんざん我がままを言いながら散財させて、ちょっと普段では味わえない良い旅でした。

★旅行後、二男は家に一晩いただけで土曜日の夜、東京に帰りました。小規模な会社をやっているのですが忙しくて大変なようです。私たち夫婦は旅の楽しさに漬かっていて、彼が忙中の合間をみて、わざわざ旅行のために帰省してくれたことをスッカリ忘れていました。

よろしければ、ポチッと!

コメント

鍵コメさん、こんにちは。

★こんにちは。
★お久しぶりです。お元気の由何よりで喜んでいます。Kさんとの山行き良かったですね。旧交を山であたためるなんて最高です。Kさんによろしくお伝えください。
★関展、次の記事にアップしたとおりのような事情で、2日前まで案内状を出せませんでした。案内状を受けた人が 『何!明日から!』 と、急な迷惑をお掛けすることを考慮して、関市近在の人だけに数枚の案内をしました。
また来年、よろしく御願いしますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きらりんさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★観光客のいない鄙びた漁村や海岸の素晴らしい風景を巡りながら旅の感慨を味わいました。
一方で、同じような風景だった東北の三陸海岸がもう無くなっているのだ、と
思いながら寂しい思いも抱きました。

ゆったり旅 いいですね。

私も海の無い県で育ったせいか 海の景色が大好きです。
ずっと遠くの船をぼ~っと眺めているだけで癒されます。
そしてサンライズ サンセットも楽しみにしています。
新鮮な魚や潮風 岐阜では味わえませんものね。今年は自然の恐ろしさも知りましたが 家族揃っての思い出つくり 生きている限りいっぱい 作っておきたいと思うこのごろです。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★海、波、漁村、漁港、素晴らしい風景ですね。山国の私には、たまにこうして訪れるとショックを受けるほどの美しさです。スケッチの仕上げも家に帰ってからの楽しみです。

こんにちは。
二男さんのご案内で能登半島の旅ですか・・いい所に行かれました。ほんと、職場仲間との旅は、飲み会が主ですから行った先は殆ど印象残りませんね。ご家族との旅は、時、時の記念。心に残りますね。いい旅をされました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/325-0f4a5386

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。