スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓会

同窓会

★先日、大垣市で大学同期の同窓会があった。県内を四つの地域に分けて、各地域が交代で幹事を受け持ち毎年実施している。以前は対象者全員に案内状を出していたのだが、最初から一度も参加しない者に同じように案内状を送付し続けるのも、幹事の事務を繁多にするだけだし予算も嵩む、さらに私たちの年齢になると、こういう昔からの組織を面倒だと思う者がいることも理解出来る。そこで、数年前に「今後は案内状を送らなくてもよい」「今後とも案内状を送ってほしい」のアンケートをとってメンバーの整理をした。その結果37名の同期生が残った。そして、今回は20数名が大垣に参集したのだ。私たちの年齢にしてはまぁまぁの出席率だろう。

★大垣の幹事の大垣散策計画が面白かった。商店街の各店を廻ってスタンプを押してもらって、そこで記念品をいただくというやつだ。煎餅屋さんでスタンプを押してもらうと、記念品のデッカイせんべいを一枚もらい、バリバリ頬張りながら、次の饅頭屋さんに行き金蝶饅頭を一個いただき、さらに次の店では甘~い柿羊羹を一切れいただく、といった物貰い行脚だ。なんか子どもの頃にお菓子を貰うのが楽しみで各家々のヒナ飾りを見て回ったことを思いだした。

★大垣の幹事がかなりの健脚で、私たちはアップアップしながら彼について廻った。中には万歩計を付けている者もいて 『きょうはもう二日分歩いた』 と叫ぶヤツ、『足がつりそう…』 と太ももをさするヤツ、『喫茶店で一服しようぜ!』 とわがままいうヤツ(私だが)、
それにしても行き交う大垣の人たちは、せんべいや饅頭を食べながらゾロゾロ歩く集団をどう思って見ただろうか?。キッとどこからかやって来た不良老人集団と思ったのではあるまいか。「大垣の皆さん決して怪しいものではありません、恥はかき捨て気味の少々羞恥心が薄らいだ集団ではありますが…」。

★夜の旅館がまた良かった。今はあまり見られなくなった老舗の和風料理旅館だ。宴会場の窓にライトアップされた大垣城が浮かんでいた。
さぁて、来年の幹事は何処で開催するか…、何処ででもいい、またみんなが元気に集まれれば、それだけでいい。

ポチッ!

コメント

響さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★最も多感だった時代に何年か一緒に横着をした仲間はやっぱり懐かしいし大切にしたいですね。家庭ではそれぞれに、もうすっかり、ジジ、ババなのに、こういう会のときだけは昔に戻れます。
★でも、みんなまだまだ、いろんな分野で活躍をしていて、当分はくたばらないで大丈夫のようです。

こんばんは。

イイですよね、同窓会は!
タイムスリップが味わえますよね。
そのときばかりは心がハタチくらいに戻られたのではないでしょうか?笑。
スタンプラリーも楽しそうです。
周りからどう見えようとも、そのときの玉さんたちは20代の若者の集団の気持ですから、ウヒャウヒャしてしまってもしかたがないです。笑。

”袖触れ合う”以上に、同じ教室で何時間も空間を共にした仲間ですもの、ご縁があるのですよね。
お互いに幸福や健康を祈る・・・そういう相手の人数が多いのは幸せなことだと思います。
玉さんがその旅行の写真をニヤニヤ見ているのを想像する私も、何だかハッピーですよ☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/321-3ce1429b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。