スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チョッと喫茶店バッグ」を作った

「チョッと喫茶店バッグ」を作った

★久しぶりに革細工道具箱を引っ張り出してきて新作を作った。
以前にも手作りの通勤カバン類やスケッチブック用のショルダーバッグをアップして見ていただいたが、今回は私の日常の必要に駆られて作った小ぶりのバッグだ。チョッと外出して喫茶店で友人と会ったり、展覧会を見に行ったりする小用でも、持ち歩く小物類は結構多い。私の場合だと、財布・手帳・携帯・筆記用具・ハンカチ・テッシュー・タバコ・ライター、時にはデジカメ、等々が小さい手提げバッグやポケットに分散して押し込まれている。だから、何かを取り出そうとしても、あっちこっちのポケットや手提げをかき回して、『どこに入れたかな?…』と焦ることがしょっちゅうだった。

★てなわけで、こんな‘チョッとお出かけ喫茶店バッグ’を作ってみた。小物がバラバラにならないように三つの個別ポケットと側面にチケット入れの小さなポケットを付けた。
周囲を巻く革紐は同じ色のが売っていたのでよかったが、縫い糸は同色が無かったので白いタコ糸を買ってきて茶色に染めた。
今回はわりと丁寧に型紙をとり、制作手順をしっかり決めて取りかかったので、まぁまぁの仕上がりだ。

★ここ数週間、夜中にコンコン、コンコンと革に穴をあける音がご近所迷惑だったかもしれないし、まだ夏だが「秋深き となりは何をする人ぞ」と芭蕉の心境にさせてしまったかもしれない。お許しあれ。


ポチッといただけば感謝感激です!




コメント

おちゃめさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★「すべてのファスナーを開けてしまいそう」、あるある。ポケットが一つでは中がゴチャゴチャになるし、たくさんあっても何処に入れたか分からなくなるし、適当バッグは難しいですね。
★おちゃめさんが中学生の頃か、ら私、革工芸やっていましたよ。この仕事も大好きです。
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/blog-entry-49.html
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/blog-entry-194.html
過去のアップです。お暇なときにご一見ください。

初めて知りました、別の才能ですね

なんと素晴らしいバッグでしょう!
机の上に置いても安定してるし小物を出すときにも出しやすそうですね。

ただ、玉さんはだいじょうぶだと思うのですが、私の場合
一つの物を取り出そうとした時、どの位置に入れたか忘れて
すべてのファスナーを開けてしまいそうですv-11

artkazukoさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★喫茶店で自慢げに持っていても、他人から見れば『アイツ、変なバッグを持っているな…。』と思われているかもしれません。自作というのは全て自己満足ですね。まぁ、それでいいのですが。

バックに「自分」を合わせるのではなく、「自分」に合わせたバックを持つ。
どんなブランドバックより贅沢だと思います。

自作なら、作る楽しみもあり、修理だって自分で出来ちゃいますし。
いいですね~~。

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★画像でお礼をと思いつつ延び延びになってしまいました。その節はありがとうございました。蹄鉄部分は塗装を剥がして、鉄の地肌感があらわになるようにときどき錆取りクリーナーで磨いています。カフスボタンやネクタイピンなどの小物をチョイ!と置く入れ物器として使わせていただいています。タバコの灰で汚さないように…。
★なかなか自分の思うようなバッグはどこの店にいってもありませんね。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★取りかかり始めたら、一気に仕上げてしまわないと気が済まない性分なので、周囲に迷惑をかけっぱなしです。今回も毎日朝から晩まで、トントントントンと迷惑をかけました。革細工は叩く音が大きいのが困りものです。

嬉し~!

そんなバッグが自分で作れるのが最高に良いですね。
私も今、携帯とたばこが入るウエストバグを探していなすが・・・なかなか良い物が有りません。
自分で作るかな~?

写真の物?を観て嬉しくなりました!
使ってないですね。

こんにちは。
いやいや、見事なもんですなー。前にも見せて戴いた気がします。
器用というか、まめというか・・これも前回も話台になっていた「若さ」の秘訣なんでしょうね・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/318-a794f4e2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。