スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏、8月…

夏、8月…

★以前のスケッチです。久しく奈良に行っていないので今の状況は分かりませんが、この二月堂周辺の風景はあまり変わっていないと思います。冬の二月には修二会で賑わうこの辺りも、炎天の夏は人も少なく、メインの東大寺から少々離れたところにあるために、ただ深緑の中でジッとしていた当時の風景でした。

途中で幾度かの再建事業があったものの、1000年を越える歴史がうかがえる古都が現存していることは、我々の誇りでもあります。

★でも、一方で、我が国は全国の各地で、数え切れない多くの命と膨大な文化遺産を戦災で失いました。私の住む町も基地が在ったために、昭和20年6月~7月に3度の大空襲に遭い焼け野原と化しました。
そして今年もヒロシマの日が過ぎ、ナガサキの日が来て、終戦の夏を迎えます。

★先日、新聞コラム欄の次の一節を読んで考えさせられました。
ある投稿句だそうです。
『 ヒロシマは夏の季語か 』 と問うサラに 冬には詠まむ我を恥じたり
日本文化を研究しているサラという名のフランス人の素朴な問いに、作者はハッとしたそうです。
そういえば私たちは ヒロシマ、ナガサキ、戦災、終戦、の辛苦の過去を思い起こすのは夏のこの時期だけです。
この時期にだけ、せっせと戦争のことを取り上げる風潮を皮肉って「戦争ジャーナリズム」という言葉もあるそうです。

★べつに昭和史の負の部分にもっとスポットを当てた教育をとか、先の大戦忘れまじとか、叫ぶつもりは毛頭ありませんが、その時々の歴史の事実をジッと見つめてきた奈良の風景のように、私たちもその事実はジッと心に留めておきたいものです。そんなに昔のことではないのだし…。

ポチッ!

コメント

枯雑草さん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★こちらもやっと暑い8月が戻ってきました。今朝も少し離れたところに在る墓地広場から、お盆を迎える準備に忙しく草刈り機のうなる音が聞こえてきます。老若男女の子孫たちが和気あいあいと墓石回りを清掃しています。
こういう夏の風景を見ると、過去どんなことがあっても、営々と継がれてきた先祖を尊ぶ日本人の心の健在を感じ、誇らしくも思います。
★私の一家も14日には庭のアスターをいっぱい手折って飛騨への墓参です。

昔のこと

こんにちは。
さすがに、いいタッチのすばらしいスケッチを見せていただきました。
そうですね。何といっても長い時間を経てきた、もの、風景、貴重ですよね。その中から歴史の有様を読み取ることができますからね。
ヒロシマ、終戦・・それらが夏とともに語られることが多いのは仕方ないと思います。マスコミの調べで明らかになってきた過去の事も多いでしょう。総てが正確な報道であるとは言えないでしょうが・・
要は、それらをどう判断し、これからの生活や考え方にどう反映するか・・我々に問われる問題だという気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/315-c2393358

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。