スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いがけなくトクをした気分

思いがけなくトクをした気分

★私たちは日常の中で、全く予想もしていなかった小さな幸せに出会い、得をしたような嬉しい気分になることがある。

★例えば、もう随分昔のことだが、上野駅に着いて、予定の時刻まで時間があったので、時間潰しに映画館に入った。私は洋画が好きだったが、その映画は当時あまり話題に上がっていない知らない映画だったし、そのとき既にリバイバル上映で安い入場料の映画だった。ただ時間を費やするためにだけに入ったのだが、なんとその『激しい季節』というタイトルのイタリア映画は私がそれまでに観た映画の中で最高に感動させられた。戦時下の暗いヨーロッパ社会での悲恋映画だったが、モノクロでスタンダードの画面も哀調を帯びたサントラもこれ以上考えられない程のストーリーとのベストマッチングだった。
映画を見終わった後、主目的だった上野の展覧会なんかどうでもよくなって、いい加減にサッサと美術館を走り鑑賞して岐阜に帰って来たことを思い出す。ホントに得をした気分をくれた映画だった。

★主演俳優のエリオノラ・ロッシ・ドラゴとジャン・ルイ・トランテニヤンも、もうこの世に居ないかもしれないが忘れられない。時代を経て、彼方此方にレンタルビデオ屋が出来て、その映画ビデオを探したが何処の店にも見当たらなかった。

★つい先日、同じように得をした気分を味わった。
アジサイの時期が来たので、毎年行く山間のアジサイ寺と呼ばれている小さなお寺を訪れた時のことだ。
毎年訪れるのにここで、こんな仏事が行われていることを全く知らなかった。境内からモクモクと護摩焚きの煙と炎が十人程の僧侶の読経とともに辺りの深い山中に吸い込まれていた。僧侶たちの息のあった読経のイントネーションが空に立ちのぼる護摩焚き煙の揺れのリズムとピタッと合っているように見えた。読経の合間にときどき大きな声の読経で全体の読経をリードする僧侶がいた。こういう役目の僧侶を何と呼ぶか知らないが、いわゆるリードボーカルのような僧侶がいた。何処かで見たような顔と思っていたが、昔、職場を同じくしたことのある仲間で、現在は近くの実家のお寺で僧籍を継いでいると初めて聞いた。
何気なく毎年アジサイを見に訪れている山中の小さなお寺でこんな荘厳なステキなイベントが開催されていることを初めて知ったし、まさか、そこで僧衣を纏った旧友が読経をしている姿に遭遇するとは思わなかった。

★これは余分な事だが、その夜、ドラマ「仁」の最終回、150年の時を経て過去の人から届いた手紙を読む予想外の結末が良かった。
昼のアジサイ寺から夜の「仁」の結末、清々しい一日だった。

ときどきトクをした気分に出会いますように、ポチッ!


コメント

おちゃめさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★そうかもしれませんね。どこかで、何かが、そういう意外な出会いに導いてくれるのかもしれません。私の場合は雑事や忙しさに紛れて感動や驚きから遠ざかっているときにフッと、こんな嬉しい意外性に出会うことが多いような気がして、なにかの啓示のようにも感じます。
★「仁」、最後の手紙、よかったなぁ~。とても気持ちの良い完結でした。

玉さん、よかったですね。そうゆう気持ちとてもわかります。

でも最近私思うのですよね、偶然は必然的だと
きっとそうゆう場所や機会に引き寄せられたんだと思いますよ。
そして引き寄せられることが必要だったと思います。
私もあまりにもそうゆう事を多く経験してそうゆう気持ちになりました。

仁は、私も欠かさず見てました。
ほんと最後よかったですね。

響さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★過去に出会った事柄や人を、もしかしたら私たちはその時々にその事柄や人の未来までイメージづけているのかもしれませんね、無意識に…。だから、予期せぬ事態に驚いたり、嬉しがったり、感動したり、なのでしょうね。
★でも、「予想外」「想定外」などと、危険な事態を起こしたことの言い訳にするのは許せませんが…。

まさしく、『棚からぼたもち』というところでしょうか。

それにしても、かつてデスクをならべていた人が、袈裟をお召しだったら、さぞおどろくでしょうね。
私も今年同じような想いをしたのですよ。中学の同窓会で、ひそかに片思いしていたかわいい系の美男児(だったはず)が『まいうー♪』のあの方のように変身していました。(笑

『仁』は夫が夢中になっていました。大沢君、いい演技しますよねえ。

枯雑草さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★枯雑草さんに教えていただいた「声明」、ネットで見て初めていろいろなことを知りました。日本古来の多くの伝統音楽の基礎にもなっているのですね。
大自然の中で僧侶たちが謳う読経のうっとりするような心地よさは、確かに何か聞く人たちの心を綺麗に洗い流してくれるような魅力のイントネーションでした。
あまり信心深くない私が、こんな感じになったのも初めてだったのです。

予期せぬ出会い

こんにちは。
予期しないで、トクをしたように感じるものに出会うこと・・けっこう
ありますね。でも、本当は予期しないのでは無くて、それを受けとめる
べく用意していた・・ということかもしれませんね。そんな感じがします。
お寺での護摩供養。これがそうであったかどうかしりませんが、空海など
が伝えたもので「声明」という仏教音楽がありますね。密教では声と
いうものに重きを置いているのですね。私も、とっても感動的な体験を持ったことがあります。

外道sさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★タイムスリップを素材にしたストーリーはいっぱいあるけど、「仁」は、とても良く出来ておりましたね。特に、最終回の過去からの手紙にグッときました。
結末をどう締めくくるのだろうと前から気にしていましたが、期待以上の終わり方でした。
★最近、安っぽいアホみたいなドラマばっかりで、韓流ドラマにやられっぱなしだったのですが、久しぶりに見応えのある「仁」でした。

私も・・・

私も、「仁」を毎週観てました。
一生懸命な先生に、毎週涙が出ました。
そして最終回は、良い感じで終わりましたから大満足のドラマでした。
何だか玉さんが仁の事を書いていたので嬉しくなりコメントしました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/311-f371c14a

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。