タイムスリップ

タイムスリップ

★先日の24日、長男の運転で飛騨に墓参に行ってきました。
こちらを出るときはもうすっかり葉桜になってしまって、華やかだったサクラがもう遠い昔のことのように思っていたのですが、国道を走っていると少しづつサクラが戻ってきました。美濃と飛騨の境辺りでは散り遅れた花がまだ枝に残っていて、下呂温泉に入るとサクラ吹雪が車に舞って、私の故郷の町に着くと今ちょうど満開の時期でした。同じ県内で、わずか100キロそこそこの距離なのに、ゆっくりした桜前線の北上のおかげで、今年は二度のサクラを仰ぐことができて、何だかチョットしたタイムスリップを味わったような気分になったのです。

★そして昨日、東京のAくんから『お久しぶり!高三のときに隣の机に座っていたAだけど覚えてる?今度の下呂での高校の同窓会に参加する?』電話が入りました。
私は仕事が重なって参加出来ないと言ってから、当時の懐かしい話題に盛り上がっていきました。実は、私はAくんのことが記憶になかったのです。必死で記憶をたどりながら話を続けました。話に出てくる他の友人の顔もその友人の話題も、当時の出来事の話題も、全て鮮明の記憶しているのにAくんの顔が思い出せないのです。
『玉くんと一緒に授業を抜け出して町に遊びに行って、担任のN先生にひどく叱られたこともあったな~。』とAくんは言うのですが、私はそんなことは何回もあり常習犯でしたので、それが何時のそれか分かりません。

★でも話の終わりがけに、Aくんが私の親友だった下呂温泉のHくんの近くに住まいしていたことを聞いて、『あ~!、あのAくん!』と、記憶が一気に蘇りました。
Aくんには本当に申し訳なかったと反省しきりです。ボケがひたひたと近づいて来ているのでしょうか、心配しきりです。
と言うわけで、こちらの方のタイムスリップは大失敗でした。

ポチッといただけば感謝感激です!

コメント

おちゃめさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★決してその旧友の印象とか付き合いが薄かったというようなことではなく、そのときのいろいろあった出来事が分厚く重なってしまっていて、慎重に記憶の一枚一枚を剥がしていかないと、思い出せないことがあります。でも、その思い出す過程にも、他のいろいろなことも同時に記憶に蘇ってきて楽しいものですね。

二つのタイムスリップですね

桜は、ほんとによかったですね、二度おいしいお話でした。
岐阜は、広くて長いってことですね。
ほんとに実感でしたね。
同窓生の話、そうゆうこと多々ありますね
人それぞれ記憶の内容の違いがありそれを話すだけでも同窓会っていいなぁ~って思いますよね。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私の故郷にはもう実家もなく、身内もなく、兄弟は全国に四散しております。ただ、先祖と両親の墓石があるだけ。そうなると一層故郷が恋しくなります。まさに犀星の詩のとおりです。

思い出

こんにちは。
二度、桜の満開をみられましたか・・それはよかったです。
学校時代の友のこと、私も多くは忘れています。
年とると、会うと自慢と嫌味ばっかりという人もけっこう
増えて、昔の思い出だけ・・という方がいい場合もありますね。
故郷は遠きにありて想うもの・・かも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/304-12127d6d

FC2Ad