スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜が行っても彼方此方に新芽が!

桜が行っても彼方此方に新芽が!
★今年も街は美しい桜に覆われました。それも最近には珍しく学校の入学式に合わせたように咲きました。
昨日はシーズン最後の花吹雪の中を大勢の人々が屋台街を歩いてました。私たち夫婦も毎日、この桜の下をゆっくり歩きました。今年ほど、自分たちの生活環境のありがたさを感じた春もありませんでした。桜前線はいつもと同じように、まもなく三陸海岸に訪れるでしょうが、なんかやりきれません。

★私の地方では桜が終わる頃に彼方此方の木に新芽が吹き出して、春本番を迎えます。当たり前のように続いてきた命の繰り返しに『オッ!…』と感じてカメラを向けたのも今年が初めてでした。



コメント

おちゃめさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★それぞれ個人がこれまでの放漫さを振り返る自粛は重要でしょうが、お祭りやイベントはこれまで以上にジャンジャン派手にやって、その都度、義援金を募って、ということの方が良いのではと私は思います。
私の地方でも子ども御輿まで自粛取りやめという町内があり、チョッと自粛の取り違えだろうと思っています。

今年は、おもいきり桜を楽しみましょう

桜きれいですね。
特に今年は、雨も少なくほんとにきれいな満開の桜を楽しむことが出来ましたよね
お花見を自粛して、よけいに綺麗に見えるのかもしれませんね。
団子がないかこそら花だけを真剣に眺めるためかもしれませんね。

枯雑草さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★この地方の、今年のサクラは雨にも当たらず、晴天続きで、例年に無いほど特に美しく咲きました。だから余計にやるせなくなります。

平穏なこと

こんにちは。
平穏なこと、いつものように桜の花が見れるという
こと・・今年ほどこのありがたさを感じる春はありませんね。
祈るしかない、わが身の不甲斐なさを感じます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/302-93824dd3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。