スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心中よりお見舞い申し上げます。

★昨日、私たちの地方でもユラユラと動いたのですが、直後、テレビで三陸沖地震による信じられない惨状を知りました。こんなことがあっていいいものだろうかと夫婦で涙しました。
言葉では言い尽くせませんが、被害に遭われた方々の悲しみは察するに余りあるものがあります。
ブログの皆様の中にもご親戚や友人が被害に遭われた方々がお見えになるのではないかと案じております。
★具体的に何をして差し上げることも出来ませんが、只々、亡くなられた方々の御霊に合掌することと、併せて、一日も早い復旧を願うことしかできません。

心からお見舞いを申し上げます。

コメント

響さん、こんばんは。

★この報道に接したとき、随分以前だった思いますが、響さんのご家族が北海道にこられる以前のお話の中で、お身内が東北にいらっしゃるというようなことを伺ったことを思い出し、とても案じておりましたが、ご無事のご様子ホントによかったですね。
★私たちは地震列島の上に居住していながらも、でも最悪の事態は想像の中にしかなかったのですが、その悪夢を現実の映像で目の当たりにし、言葉がありません。
被災者の方々、いまの悲しみと無念が、遠からぬ日に復興の気持ちに転じてくださることを祈るしかありません。

玉さん。
あの日、私は北海道でしょっちゅうおこる地震の一つかと思ってました。
TVで震度を確認しようとして、どこかの海岸の映像が映って車がたくさん流されていてびっくりしました。
すぐさま友人や親戚の消息確認をし 身近には被害はなさそうでしたが、給水車を待ってたとか、避難所に行ってたとか、メールをみて驚くやら安堵するやら。

連日のTVには胸がつぶれそうです。

玉さんもお気をつけて。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/300-195d71b9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。