スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミ袋行きか、1日~2日留まるか、

ゴミ袋行きか棚行きか

★このイラストはずっと以前に描いたもので、何年か前にアップしたことあります。
友人がつとめている某団体から、機関紙の表紙を2年間分つくってくれないかと依頼されましたので、昨年と今年やっております。それで以前に描いたイラストを引っ張り出して今年の新年号の表紙に使ったのです。

★さて、こういった機関紙とか広報紙とか、宣伝誌、DM等々の類は私の場合ですと、殆ど、郵便受けからゴミ袋か資源回収箱に直通ポイ!です。ですから、『内容などは、チラ見でいいから、せめて1~2日は居間のテーブルか棚の上にでも置いていて欲しい』。それが、この手の依頼を描くときの私の心情です。
表紙次第でゴミ袋行きか、棚の上行きかを決める私のような人は結構お見えなのでは…。

★それにしても、送られてくる各種機関紙、広報紙、宣伝誌、ミニコミ誌、DMの氾濫に驚きます。新聞の膨大さも同様で、32ページから36ページありますから、8枚~9枚の大版の紙が毎日ドサッと郵便受けに入ります。そして、その各機関紙から新聞まで、ことごとくが記事のどこかに「節約」「資源保護」「環境」の啓発記事や文章が書かれています。大変な矛盾を感じます。資源回収→再生のコストよりもゴミ袋直通の数を減らした方がはるかに資源保護になると思うのですが。

★が、私も無駄文化の中にドップリ浸かって、きょうも朝から興味のない内容のテレビをつけボッーと見ながら、『さぁて…、そろそろ描くか』とテレビを消さないで二階のアトリエに向かいます。階段をドンッ、ドンッ、とゆっくり上っていると、『チャンとテレビを消してから行くの!、無駄な電気は使わないで!』と家内の小言が聞こえてきます。なんともはや…。

ポチッは節約しないで!


コメント

artkazukoさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★artkazukoさんの地域もかなりの地震被害があったのではないですか、案じております。私も東京の息子に電話をしてもなかなか繋がらず、今朝やっと通じました。
★とりわけ東北地方の方々の悲しみは察するに余りあものがあります。一日も早い復旧を願うばかりです。

こんばんは。

地震、ご無事ですか?
大変な状況ですね。
地震、津波に石油コンビナート爆発・・・

とても可愛らしいイラストですね。
船の前の渦巻き・・・平穏なときは美しい海の状況なのに、
津波で出来た大きな渦巻きとその渦巻きに巻き込まれていく小船の映像は恐ろしいものでした。

出来うる限り、被害が拡大しませんように祈るばかりです。

おちゃめさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★漁船、赤い海と波の感じ、子どもたちの動作や表情、着ているシャツ、そう言われれば何となくレトロっぽいですね。絵を描く時の気持ちって不思議ですね、その時々の自分の感情がどことなく出てきます。
私はいつも漠然とした遠い昔への憧れがあるのでしょうか…。

昭和の頃を思い出しました

なんだか今回の子供達の絵はレトロっぽい感じがします
昭和初期にかかれたような・・
その中に小人さんたちのロマンチックさがあったりと妙な世界感
のような気がします。
節約の心が昔の世界にタイムスリップさせたような気がしますね。

枯雑草さん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★少し前までは広告や印刷ミスの裏はハガキ大に切って閉じて、メモ書きなどに使うのが当たり前でしたが、そういうことも殆ど見られなくなりました。私の家でもそんな面倒なことはしなくなりました。資源回収箱に直行です。
資源回収に出せばいいだろうという気持ちが、かえって「節約」の心を疎かにしているようです。

ほのぼのとした・・

こんにちは。
最近の玉さんの絵とはちょっと趣が違いますか・・でも
ほのぼのとした絵ですね。こんな絵がついた機関紙なら
とっておこうと思うのは心情ですね。私のマンションでは郵便受の
傍にゴミ箱があって、不要なDMなどはそこに直行するように
なってます。その量が半端じゃない・・無駄といえば、ほんとに
そうですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/299-a50c8305

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。