スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴底が破裂!

靴底が破裂!

★「靴底の破裂」という不運に見舞われました。

★1月14日のことです、夜に名古屋で私たちの会の新年会があるので、家を出るとき『どの靴を履いて行こうか…』と、下駄箱を開けたところ、もう数年も履いていない安物の靴で、処分しようかと思っていたのですが、最も足に馴染んでいた靴なので捨てるに捨てきれなかった靴が目に入りました。『よし、今夜はこれを』とその靴を履いて出かけたのが間違いでした。

★名古屋駅に着いて、地下街への階段を降りるときに、何となく足のカカトに違和感を感じました。足の運びがどうもうまくいかないのです。『まだ、足がもつれる年齢ではない筈だが…』と思いながら地下街を歩いていると、さらに靴底の接地面が傾くような感じになったのです。その時です。後ろから近づいてきたご婦人が耳元で『あの~、靴に何かくっついていますよ。』と教えてくれました。
『エッ!』と足下を見ると、靴のカカトの部分が破裂したように破れていて、中から白いワタのようなボロボロがはみ出しているではありませんか!。それも両方の靴が!。辺りの何人かの人たちも気付いていたとみえて、私の足下を気の毒そうに見ながら通過して行きました。

★私は恥ずかしくて、すり足で壁際の柱に隠れて、ここの地下街に男物の靴店がないかと見渡したのですが、女性靴の店しか見当たりません。とにかく今の危機状況を脱するために『足のデッカイ女性物の靴でも買おうか…』と思ったのですが、そんなものを履いてオ☆マさんと思われるともっと大変だと思ったのです。少し冷静になってから、結局、この地下街の上に高島屋があることを思いだして、足下を隠すようにしながらやっとの思いで、9階の紳士靴売り場にたどり着きました。が、百貨店の靴はどれも値段が高い!、でも、裸足で名古屋の町を歩くわけにもいかず、おかげで今月の小遣いの大半が失せてしまいました。

★私の破裂した靴を見た、女性店員によると、その理由は、概略次の通りです。
『長期間、履かないで下駄箱に放置しておくと、カカト部分や靴底部分の素材の組織が乾燥して硬化してしまい、柔軟性がなくなります。だから、その靴を履くと、体重の重みでカカトの部分の回りの硬質ゴムが割れて、芯になっていたウレタン素材もグジャグジャになって外に飛び出してしまうのです。よくあることですよ。』と、まさかこんなことが、「よくあること」ではないでしょうが…。

★長い間履かないままの安物の靴は、未練たらしくいつまででも下駄箱に置いていないで捨てること、新年早々の教訓です。

大恥者め!ポチッ!

コメント

boumamaさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★ホントに慌てふためきました。もし、近くに高島屋の紳士靴売り場がなかったら、間違いなく、地下街で、取りあえずでかいサイズの女性物の靴を買ってその場をしのぎました。もしかしたら、クリス松村のような歩き方で…。
地下街のオ○マにならなくてよかった!!。

革靴

大好きな靴ですので特に革靴はいつも磨いたり大切にしてるのですが、最近はズッとスニーカーばかり履いてるような生活習慣になり、気になりながらも履いてない靴が夫婦ともあります。

玉さんの慌てようがなんとも可笑しくて失礼ながらも大笑いしちゃったプッ^m^

そして、女性の靴を履いて内股で歩く玉さんも想像しながら楽しませていただきましたm(_ _)m ペコッ

artkazukoさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★ボロボロになっても、破れてもなお愛着があって捨てきれない、なんて物は現代の石油原料製品には望めませんね。
★地デジ化にしたって、ホントにその必要性があったのかどうか疑わしいと聞きました。何処かの誰かの都合に動かされて、廃棄テレビの山です。使い捨てを助長する社会なんて末期的な社会です。

歩いているとき、愛用していた靴の底がボロボロを割れてきて、無くなってしまったことがありました。
現代の技術でつくられた人工的な素材は、弱いですね。
よく履いてもダメ、保存しておいてもダメ・・・。
一定年月を過ぎたら、壊れないと業界も儲からないってことでしょうか?

物を大切にするのではなく、物を消費させるのが資本主義経済のひとつの本音ですものね。
壊れてもいない某家電製品を、短期間に大量廃棄物にさせるよう国が躍起になってますし。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私もこのことを周囲の連中に話したら、ままあることのようですね。
私は、スキー靴でも同じような経験をしていて、下に滑り降りてリフトに向かっているとき樹脂製の靴が前後に真っ二つに割れました。最近の便利な化学素材も疲労すると瞬間にパーになります。やっぱり、布や革といった旧来の素材が一番いいのでしょうか。

普段履かない靴

こんにちは。
それは、大変な目にあいましたね。
私はサラリーマンやめてから、普段からトレッキングシューズ風
のを・・。たまたまややフォーマルな会合に下駄箱の底にあったの
を履いていったのがアウト。踵がとれちゃいました・・
履かない靴はあっさり捨てること、まさに教訓ですなー。

おちゃめさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★なんと、おちゃめさんも経験ありますか。人通りの多い地下街での私の狼狽ぶりを分かっていただけますね。
★履き慣れた靴だと思って、古くなっても捨てないでおいたばっかりに、一瞬のうちにクツがクズになってしまいました。

私も経験あります

加納の亜ぴ他アピタの駐車場を下りて10メートル歩いたところで
かかとの部分のウレタンが粉々になって足元一枚のシートだけになってしまいました。
ちょうど車の中にビーチサンダルが入っていたのでペタペタと歩きながら履き換えちょうどアピタでよかった!あわてて靴を買ったものです。その時も玉さんと同じ教訓を感じたものです。
ほんとにあわてますね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/296-8ae036a9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。