スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山

富士山

★「二人展」が終わって、気分的にも少々楽になったので、先週の24~25日、一泊二日の旅行に行ってきた。
地元の仲間たちと伊豆・箱根方面への旅だ。

★私の地方からの一泊旅行では、北陸方面や伊豆箱根方面は定番のコースで、私も何回か訪れている。湯河原温泉も馴染みのところだが、今回の山手の奥湯河原温泉は初めてだった。
ちょうど紅葉が最盛期で、ホテルの従業員も訪れていた観光客も『今年はホントに紅葉が美しい!』と感動していたが、私の郷里である飛騨の紅葉の美しさに比べれば比較にならない。鮮やかさも赤色や黄色の彩度がかなり鈍いし、ちょっと言い過ぎかもしれないが、山を覆う色のバランスも飛騨地方のそれと比べれば落ちる。

★しかし、ここに来なければ見ることが出来ない富士山という珠玉の風景がある。
幸運なことに、つい三日前に大きく冠雪した富士山の姿に会えた。夕日に映えるやや赤みがかった富士、青空にそそりたつ富士、何度見ても、何回訪れても、その存在感には誰もが息をのむ。
自分の存在がいかに小さいか、自分の抱いている悩みや怒りがいかに取るに足らない小さなものかを強烈に感じさせる富士の山である。

★富士山、学生の頃、友人と二人で登ったことがあるが、結構きつく苦しかった。遠くから眺める端麗さとは、およそほど遠い厳しい山だった記憶がある。でも、それも何だか厳優を包括してそそりたっているようでカッコイイ。

ポチッといただけば感謝感激です!

コメント

artkazukoさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★あの形、どんな風にして出来たのでしょうかね。素人が考えると、凸凹のない平地の地形のところで、真上にまっすぐ噴火し、さらに四方に均等に溶岩が流れないと出来ない山の形ですよね。
★奇跡の成り立ちを持つ富士山、やっぱり日本の宝です。
でも、昔私たちが登ったとき山頂はきれいとはいえない状況でした。遠くから見ても、そこに行っても美しい山であってほしいものですね。

2番目の写真が特に美しい

富士山はの山を「さん」て読むのが「富士さん」という感じで親しみがあっていいです。
富士は日本人だけではなく、中国の方々にも魅力的なようで嬉しいですねぇ。

まだ遠くからしか眺めたことはありませんが、江戸時代の御用絵師の作品から浮世絵、明治から昭和の日本画の巨匠の作品まで、富士は様々な捉え方をされていて、活火山なので、またいつか形を変えていくのでしょうが、今はあの絶妙な形で踏ん張っていてくれるからこその魅力なのでしょうね。

御用絵師の富士山登山記録の絵図は、当時の装備でよくそこまで登ったって感じがするほど、自然の厳しさ、神秘性が伝わってきましたので、
玉さんの富士山登山の思い出、富士登山未経験の私でも、ちょっぴり伝わってきました。

おちゃめさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★伊豆箱根、そんなに自ら進んで行きたいと思うほどの所ではないのですが、「もしかしたら富士山が見られるかもしれない。」
多くの人がこの方面に旅するのは、それが大きな要因でしょうね。
★おっしゃるとおり、そんなふうに他を惹きつける何かを持つ人でありたいものですね。

素晴らしい景色ですね

ほんとに富士山の最高の写真を見せていただいてありがとうございます
最高ですね!
やはり日本一はいいものです。
静岡に向かう時はいつも富士山が見れるかなって期待して通るものです。見れるととても幸せな気持ちになります
昔からそして今も同じ気持ちになるのですから不思議なものですよね。
何回見てもいいと思える、そして何度会ってもまた会いたくなると思われるようなそんな人間にもなりたいものですよね。

響さん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★本屋さんにも誰でも手に取れる画集が並んでいるし、最近の美術館はどこでも気軽にデニム、Tシャツで鑑賞できる雰囲気なのに、お高く留まった画廊や作家たちが美術の一般化を疎外していると、やや偏った私感ながら思うこともあります。
★そうそう夜のアジの刺身もよかったけど、朝食のアジの干物、身が厚くて新鮮でメチャメチャ甘かったです。海のない県の私たちは大喜びでした。

外道sさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★新幹線でも、近づくと富士山が見えるかどうか楽しみにしますが、なかなかきれいな富士山に出会えるのは難しいですね。
今回は二日ともクッキリでした。運がよかった!
★紅葉というのはその年々で期待通りだったり、期待を裏切ったり、何でしょうかね。でも、飛騨の山々は期待を裏切りません(手前みそですが)

今年も「二人展」開催、ご成功おめでとうございました。
チョット寄れる。。そんなスタンスが玉さんらしいなぁと毎年思います。^^
(私も絵画集の本をお煎餅かじりながら見てることがありますから。恥。。)

紅葉が始まりかけた伊豆・箱根きれいな風景だったでしょうね。
あじのお刺身も堪能されたでしょうか。

おっしゃるとおり、富士山はすばらしい。
何度眺めても、うっとりします。
日本人みんなの父であり・母であり・・
和ませてもらえ、憧れて、勇気付けられて、見とれる・・そんな山ですね。

観てみたい

私も一度は富士山を観てみたいのですが・・・私が近くに行くと何時も雲を被っていて観られません。
きっと日頃の行いが悪いのでしょうね。

我が地域の紅葉は綺麗ですが・・・いつもの紅葉よりは悪いかな?何だか、だらだら紅葉している様な感じです。
気候のせいかな?

枯雑草さん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★ホントのそうですね。優しくて端麗な姿に憧れて行くと、とんでもない目に遭う。なんか、人間界でもよくありそうで…。
★いつも雲が覆っていて見られないときの方が多かったのに、今回は特に夕日を受けた冠雪の姿が最高でした。

富士のお山

こんにちは。
富士山は日本人の心の故郷ですか・・まさにそうですね。
私も、随分昔に、歩いたり、オートバイで中道を回ったりしました
けど、近づいて接する富士山と遠くから眺める富士山と
これほど違う山というのも、やはりここだけですね。それが、また
心に夢を呼ぶのでしょうね・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/288-35b1448e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。