スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きている

生きている

★少し治まったようだが、この秋は彼方此方でクマ被害のニュースが紙面、テレビをにぎわせた。エサを探して街を彷徨っているツキノワグマの母子がいて、通りかかったクルマに前に母クマが飛び出てクルマを阻止し子どもを守ろうとする映像は痛ましくもあったが、ドライバーにとっては生きた心地もないほど恐ろしかったと思う。
中には最も獰猛と言われているヒグマが街を闊歩している北の町の映像もあり、度肝を抜かれた。町に現れた多くクマの殆どは猟師さんたちに駆除された。哀れな気もするが、古来から人間の恐ろしさを知らしめることも、野生動物と人が棲み分ける大きな要素だったと聞く。
クマくんたち、少々、空腹だろうが我慢して冬眠に入ってほしいものだ。

★さて、先々週の事だが、私の町の北に連なる低い里山風の山並みを一日中歩いた。
今夏の猛暑の影響に加えて、ナラ科の樹に寄生する何とか言う害虫が大量発生したとかで、クマの貴重なエサになるドングリが激減したらしいが、ここの山には太った丸々としたドングリがいっぱい転がっていた。幸いにも、ここの山並の大部分は全体が里地から立ち上がったような地形で、余所の山からクマや鹿や猿が入ってくることはないので安心だが、そんな所にだけドングリがごろごろ転がっているというのも野生獣たちには皮肉なことだ。

★今夏の猛暑は小さな虫たちにとっても受難の夏だったらしい。水溜まりや湿気の場所が極端に少ないために、産卵箇所がなかったらしい。蚊の発生が例年よりも少なかったのもそのせいだと、テレビで聞いた。そのためかどうかは知らないが、今年の尾根道の上空には道の両側を渡すようなでっかい蜘蛛の巣がやたら多かった。きっと至る所に網を張り巡らせて、空を飛ぶ少ない虫を捕らえようと必死なのだろう。

★下り道、踏みつぶしそうになったが、落ち葉の色に擬態した♂♀のカマキリが重なっていた。猛暑を乗り切って、やっと子孫を残す元気を取り戻したのか…。

みんな必死に夏を乗り切ったということだろう。

ポチッといただけば感謝感激です!

コメント

artkazukoさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★その地に自然と共に生きてこられて人々、自然の摂理を尊んでそれに従い生きている方々の現代社会に対する批判や叫びは、まさに私たちの未来への警告だと思います。動植物全てを包括した大自然(地球)の営みが壊されていくことへの危機感は誰もが抱いています。
★が、「だから、お前はどう生きるのか?」と問われれば、一言もない私ですが…。

動物に詳しいと言われる方々の「人間が原因をつくった」調の論評ではなく、結果的に人間の味を覚えさせてしまうような残忍なことを熊にしてしまった実際の事件の記述です。
(ちなみに日本のものでも、現代の出来事でもありません。彼らの、今では熊に対して悪かったという思いが伝わってきました。)

熊の生態を知り、熊の尊厳を守り、住み分けをし、共存していたネイティブアメリカンやアイヌの人々の知恵から学ぶものが多そうです。

動物が人間を襲うのは、たいがい身の危険を感じたときなので、
人間にとっての危険動物の生態を熟知している人々は彼らを恐がらせないように、上手にとりあつかって、人間の都合のいいように利用しますし、(笑)
駆除し過ぎて、絶滅しかかってから、保護を叫ぶことのないように、良い知恵が浮かび、上手に「コントロール」できる日が来るといいですね。

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★北海道の紅葉、また格段にきれいでしょうね。
★人間も生活に必要なスペース以外に陣地(?)を広げるな!、山の中に別荘地をつくったり、ゴルフ場をつくって動物の陣地を占領するな!、とはそれらと縁のない貧乏人のヒガミですが、とにかく今夏のクマや野生獣があちこちの街を闊歩したというニュースは何かを予告する深刻さを秘めていると思います。

こんにちは。

紅葉始まってきましたねー。今年は暑かったから見事な色彩です。
熊の親子・・残念でしたね・・・。お散歩コースを間違えたというか・・おなかが空いてたんですね。
鹿も道路際でよく見かけます。人がドンドン開発してしまえば動物のぶんのエリアは狭くなります。動物にはこたえるでしょうね、一本の木から出来る木の実でどれだけの命が支えられてているのか。

artkazuko様や、枯雑草様のおっしゃるとおり、こちらが配慮したりエリアの境界をキッチリとることで お互いの生活を守ることでしょうね。。

動物側から言わせれば エリアを越えて自分達の餌を確保しまくっているのは 人の方が先だっだということになりますかね。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★それがいいか悪いかは別にして、科学発展の恩恵に浴して来たくせに、野生動物が里に下りてくるようになったのは「人間の勝手が原因」と、人ごとのように言う論評もどうかと思います。
★私は子どもの頃、田舎で育ち、イノシシ被害を目の当たりに見てきたものですから、共存共栄なんていう遠い夢の話よりも、作物が荒らされたり、命が脅かされる現実をどうするのかの喫緊の課題を重く感じています。

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★私は動物に詳しいと言われる方々の「人間が原因をつくった」調の論評もにわかには信じがたいと思っています。
★私の育った田舎の方ではイノシシが田畑を荒らします。作物の恩恵にあずかっている私たちにも死活問題です。シシ垣で囲いをつくったり、ワナをかけたり、落とし穴もつくっているところも多いのですが、それは今に始まったことではなく、ずっと祖先の時代から続いています。共存は理想ではありますが、これまでもこれからも彼らとは戦いと知恵比べが続くのでしょうね。

野生動物との共存

こんにちは。
そうですね。熊が街に現れたっていうニュース、随分
おおかったですね。広葉樹林が減って山の食料も
大変なのだろーなーって思いますね。四国の山辺歩いて
いると何処でも猪除けの柵か電流鉄線。こういうのも
ひとつの野生動物との共存の姿なのかなーって思って
歩いてました。

熊も人間もどちらも恐ろしい思いをしているということですね。

生物多様性の展覧会を見に行ったとき、熊に関する展示で
もともと熊は穏やかな性質で、
人間を襲ったりするような動物ではなかったのに、
人間が結果的にそうさせてしまったことが分かりました。

昔の人は、熊の餌になる植物を人間との境界線に植えて熊に与えて
いれば、熊はその餌に満足して人間の世界に入り込まないということ知っていたのに、
現代人はそういった知恵をなくしてしまったと、
専門家の方が、熊出没騒動のとき語っていられたのが印象的でした。

人間社会でも、力のあるほうがエゴを捨て、
知恵のあるほうが知恵を絞るのが、共存の道ということでしょうか。

熊汁食べたのかなと不謹慎?なことを考える私は、エゴむき出しの人間さまですが・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/284-38c3f84a

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。