スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近隣ケア/お誕生日ハガキ

近隣ケア/お誕生日ハガキ

★いつもながらの書き出しですが、暑い!、いつまで続くのでしょうか。
毎年、8月の終わりに名古屋で行われているあるイベントがあります。今年もその案内状が届きました。冒頭挨拶文にあった主催者の一行目です、『猛暑もやわらぎ、幾分しのぎやすい時節となりました。~後略~』と…。
この一行を見て我が家は大笑いでした。35℃以上が連日続いているのに、この文章はないだろうと。
案内状を受けたみんなが同じことを思ったのではないでしょうか。

★多分、この挨拶文を書いた人、例年の文例に倣ってずいぶん以前に書いていたのでしょうが、今夏の場合は、そうは問屋が卸さなかったのです。事程作用に、過去の文例や時候の挨拶文など、いわゆる形式的なことばかりを気にし過ぎていると、それが通用しない今年のような夏もあるのですね。

★話が飛びますが、どこの自治会組織にも「近隣ケアグループ」というのが設置されています。地域のお年寄りを地域のみんなで見守り支えていこうという思いをリードしていく係です。私の町内では75歳以上の方々が近隣ケアの対象で十数人お見えです。
近隣ケアグループの活動は、当該の方々のお宅訪問、当該の方々へのお弁当のづくり、プレゼント配布、お手紙やお葉書、等々、町内によってさまざまです。
私の町内でもいろいろやっているのですが、その一つにお誕生日お祝いハガキというのがあります。

★今年から家内が、その近隣ケアグループ長の役を仰せつかりました。『ただ、文字だけでお誕生日おめでとう書くのでは形式的すぎるので、受け取ったお年寄りがニコッとするようなハガキにしたいのだけれど…』というので、二人で相談の結果、それぞれの方々のお誕生日の月に合わせたイラストを添えることにしました。とりあえず9月分までは済みました。

★ハガキ作戦も形式的と言えば形式的ですが、せめてお年寄りが一瞬でもニコッとするようなハガキという家内の思いは、間違っていないと思ったのです。
が、一年が済んで、また来年には今年と同じものを使うわけにもいきませんので、一から作り直しです。ちょっと悩みの種です。

ポチッといただけば感謝感激です!

コメント

鍵コメさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★ゴメンナサイ!、鍵コメさんから頂いたコメントをすっかり見過ごしていました。コメント数が奇数になっているので、アレッ?と思い気づいた次第です。
★国立新美術館のほうはご観覧いただいたでしょうか?、作品数が膨大で疲れて嫌になりますね。私も自分のデザインの部屋をしっかり見ただけで、他の部門は走って見ました。アッそうそう絵画部門の工藤静香ちゃんの作品は野次馬気分でちゃんと見ました。感想は、う~ん…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きらりんさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★きらりんさんのお義母様は90歳で、草花のスケッチをされているのですか、とても素晴らしいことですね。好きなことに取り組んでいらっしゃることが「元気」ということですね。
★79歳のお母様、でも何回でも声を掛けて、何回でも顔を見せててあげて下さい。
★お年寄りの孤独、なんていう言葉をなくすのは周囲のみんなの努力次第、と分かっていても、それが難しい日本社会ですね。

まぁ うれしい!

こんな 素敵な誕生日カードいただいたら
歳をとっても 嬉しいですね~。

独り暮らしの人は 声かけていただけるだけでも嬉しいでしょうね。

私の義母は90で一人暮らしですが毎日絵筆をもって草花のスケッチをしていて とっても元気です。
かたや 私の母は79ですが 耳が不自由になってから
ひきこもってしまっています。家族と一緒に住んでいても昼間は
一人なので 鍵をかけていて電話にもでません。

うちの自治会にもケアグループがあるのかしらん、
同世代の人達どおしで楽しく暮らせるといいのですけど。難しい問題です。






響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★全国津々浦々、自治会活動のなかで、この組織はあるようですよ。でも、私も、何年か前に自治会の仕事に関わるまでは知りませんでした。いや、関心がなかったということでしょうか。
きっと、福祉行政の上の方からの意図で出来てきた組織なのでしょう。でも、せっかくの組織ですから、地域のために有効な活動にしたいですね。まだまだ、これからの組織です。
★私は家で、上手く踊らされているのです。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★この辺りは田舎町ですので、幸いにもお一人暮らしのご老人は居ませんが、でも、各家庭の家族構成などを見ていると、これからそういう問題が出てくるだろうということは十分推測出来ます。
こういう組織はただ存在しているだけというだけでなく、実際にどう動くかでしょうね。その点で、私の町内も含めて、まだ形式的な活動の域をでていないように感じます。

こんばんは。
取り巻く環境が寂しいお年寄りの方はあちこちにいそうです。
そんなとき、玉さんのおっしゃる近隣ケアグループがあると良いですね。
(知らなかった~。うちらの地域にもあるのだろうかー。)

奥さまもご主人を取り込んで「近隣ケアグループ」のお役目をなさるとは・・
さすが玉さんのオクサマですね♪
妖怪のわかるアノご夫婦と同じにおいを感じますぞ。

近隣ケア

こんにちは。
独り暮らしのお年寄りが、問題となってるこの時勢。
近隣でケア・グループの活動は素晴らしいことですね。
それに玉さんの絵も一役かっている訳・・。どうぞ活躍をお祈りします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/276-b2a56510

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。