スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲き誇る

咲き誇る

★「作品B」が、まだ出来上がりません。つなぎの記事でご無礼を!

★一昨年、このクジャクサボテンは三鉢しかなかったのですが、株分けをして七鉢にしてその中から二鉢を、家内の知人に差し上げました。
昨年はまだ植え替えたばかりで花付きも良くなかったのですが、今春は、ご覧のとおりのビックリするほどの花付きです。華やかで明るくて、玄関先の彩りには申し分ありません。

★差し上げた友人の方は、全く花をつけていないそうです。『春先に家から出して、日当たりのいいところに置いて、毎日水やりも欠かさないのに…』と、おっしゃっているそうです。多分、それがマズイのだろうと私は思います。
私のところは三月に家から出して玄関先の軒下にほったらかしにしているだけです。適当に雨が吹き込んで、適当に陽が当たって、家の間を吹く強い風でときには鉢が倒れたりして、まあ、自然のままにされているのがクジャクサボテンくんの自立心を喚起したのだろうと、勝手に解釈しているのです。あまり大事にされることは嫌うのでしょう。

★ともあれ、この南国生まれのクジャクサボテン、一年中咲いていてくれてもケバケバしくてイヤになるでしょうが、この時期の数週間、玄関先を華やかにしてくれる有り難い花です。

★2年後ぐらいには、また植え替えをして分家をつくろうと思っています。

ど派手なクジャクサボテンくんにポチッと!

コメント

boumamaさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★華やかですね。サボテン類の花は。
★私にとこでは、シャコバサボテンは2月頃に終わり、このクジャクサボテンは今朝の一輪で最後です。今度は同じ仲間の月下美人が盛夏から初秋の深夜に咲く予定です。楽しみです。

過保護

私が毎日店まで通勤する道すがらに同じようなシャコバサボテンが咲いています。
玉さんの育て方が良かったのでしょうね今年も見事に開花しました。
子供の教育と同じように過保護にしてはダメということで育てる側が勉強になります。

過ぎたるは・・。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★過保護はダメ、全てに言えそうです。ほったらかしておけば、その環境に自然に順応していく、それも全てに言えそうですね。
と言いながら、過去、枯れ枯れにしてしまったいろんな花も随分ありますが…。

サボテンねー

こんにちは。
クジャクサボテンという花ですか。鮮やかーというか、
相当派手な感じですね。やっぱり、サボテンというから、
水遣りの程度なり・・なかなか難しそーですね。
おっしゃるように、過保護はいけませんねー。何事にも
共通してるのかも・・。

artkazukoさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★南国の花は、ホントにドキツイというか、華やかというか、凄い色調ですね。パレットの上では絶対に出来ない色合いです。なんか中に蜜もたくさん包含しているようで、咲いた途端に、アリが花にたかっています。

おちゃめさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★この花、もともと南国生まれの植物なので、寒い日本では結構神経質になるのでしょうか?、たまたま私の家の玄関先に居場所を見つけたって感じです。この鉢のすぐ横に同じ仲間の月下美人も居て、毎年、咲いてくれます。

おはようございます。

はほったらかしを好むものと、
丁寧に手をかける必要があるものと
それぞれの植物の性質と上手に付き合える人が
ガーディニングの達人なのでしょうね。

色鮮やかで複雑な花の形をしていて、インパクトの強い美しい花ですね。
南国のものは魚も鮮やかで美しいですね。

植物ってとても敏感ですね

私もシャコバサボテンのつぼみをつけたので場所を移動させただけで
つぼみがすべて落ちてしまったことがあります。
花をつけるころは、場所も温度も変えないようにすることを必須にしております。、
その花の癖をしっかりつかむことが大切でしょうね。

それにしても素晴らしい花ですね
今年もしっかり咲いてよかったですね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/267-ac5ad0ae

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。