スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日溜まり

日溜まり
★この時期になって、日溜まりの話題もどうかと思うが、ここ2~3日前までの朝夕の寒さには驚かされた。晴れているのに冷たい風は吹いて、まるで晩秋の陽気だった。風を避ける場所にたたずむと微かに太陽の温かさを感じて、
『ああ、これを日溜まりって言うのだな…』と、この時期になって初めて感じた。ホントにおかしな昨今の気候だ。

★日溜まりを心地よく感じるのは人間だけではないらしい。玄関を出るとブロックの上に2匹のトカゲが仲良く日溜まりを満喫していた。普通、トカゲは2匹が遭遇すると、噛みつきあったり、追っかけあったりしてケンカになるものだが、このトカゲは体を重ねるようにして、日溜まりの温かさを分けあっているように見えた。

★ところで、どこのお宅でも『今年は、庭に妙にトカゲが多いね~』と聞く。多分、寒暖の激しい中で岩の下に隠れてジッと出番を伺っていた彼らが、少し温かい陽気になったのを見計らって一気に出てきたために、そう感じるのだろうと思う。

★それにしても、今春の陽気は変だった。そのことに関して、さまざまな予報士がさまざまな解説をしていたが、ある予報士の解説が無知な私には最も納得できた。曰く『北極から長い寒気の帯が張りだしていて、それがグルグル回っている。だからその帯が日本列島の上を通るときは寒いし、通り過ぎると温かい。よって日替わりに寒暖の差が大きい 』、なるほど!。

★が、多少変な気候でも、山は新芽の薄緑色におおわれて美しいし、トカゲを先頭に小動物も庭で蠢いている、四月始めに入れたアスターの種もみんな若葉が出そろった。季節の移ろいは総じて順調だ。やっぱり異常気候なんて案じることはない。

ポチッといただけば感謝感激です!


コメント

artkazukoさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★〈小動物が「幸福」に生命を謳歌しているのなら、人間の生命活動も「幸せ」でいられる・・・そういうことでしょうか。〉
全くその通りだと思います。
★数年前、東京から来たという友人の知り合いで、結構お歳を召した品のいいご婦人がと鵜飼い舟に乗ったのですが、その方が舟から手を差し出して長良川の水を口に含むのです。友人が『汚いですよ!』と言うと、ご婦人は『何言ってるの、アユがいっぱい泳いでいる清流だから、汚い筈がないでしょ…』とおっしゃるのです。
私は都会人の自然への無知と言うよりは、真理をついた貴重な感想だと感心しました。

トカゲを日常的に見かけるとは、自然に恵まれた地域ならではですね。

異常気象であることが、実は気象では当たり前で、
異常でない年などありえないと、気象の専門家がかつて言っていました。
所詮、人間は宇宙や地球の法則のほんの僅かな部分を解明しただけで、
知らないことだらけですものね。
数億光年などの長いスパンでみたら、ひょっとしたら
今の時期の寒暖の激しさも当たり前なのかもしれません。
(地球温暖化の影響の可能性もあるかもしれませんが・・・)

動物は天変地異がくるのをいち早く察知しますし、
自然の法則性を本能的に知っているのかもしれません。
小動物が「幸福」に生命を謳歌しているのなら、
人間の生命活動も「幸せ」でいられる・・・そういうことでしょうか。

枯雑草さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★今年なんだかトカゲがチョロチョロするのをよく見ますよ。アイツら
いったい何処で、どうして冬を過ごしたのか気になります。
でも、さまざまな小動物が身近で生きていると思うと嬉しくなります。
あの、やなせたかしさんの童謡「手のひらに太陽を」の歌詞を実感します。

土のうえ・・

こんにちは。
日だまりにトカゲ・・。この頃よく見かけるのですか・・。
私は、マンション住いで土から遠いもので、家にいると
とんとそういうもの見なくなってしまいました。土の上どうなってる
のかなー・・
ところで、地震や異常気象、私には最近の地球怒ってるように
思えて仕方ないのです。大変気になります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/262-4b40d3cc

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。