夜桜お七

夜桜お七

★この前、坂本冬美くんがビリーバンバンくんの歌をカバーして大ヒットしたあの歌をうたうと、テレ番欄にあったので、その番組を見ながら仕事をしていた。やがて冬美くんが出てきたので仕事の手を休めると、あの歌ではなく「夜桜お七」というド演歌を歌い始めたので『フ~ン、べつに…』と思い、また仕事を始めた。が、耳に聞こえてくる歌詞が、なかなか激しくて、またテレビ画面を見た。どうも恋に破れたお七が、彷徨い歩く途中で鼻緒が切れてしまった状況を歌っているらしい、その一節 『~♪置いてヶ堀を蹴とばして、駆けだす指に血がにじむ~♪』 と、小節をきかせまくった凄まじい歌いっぷりだった。多分この歌詞のお七なる女性の原型は、江戸を大火にしたと伝えられる「八百屋お七」のことだろうか?。
ちょっと面白いなと思ったので、絵にして遊んだのが、この作品である。

★その後、私の好きな 『~♪朝露がまねく、ひかりを浴びて~♪』 と、あの歌を冬美くんはうたい始めた。さっきの「夜桜お七」とは一変して、まこと清純な顔つきになっていた。
それにしても、芸能人というのは、その時々に合わせて、パッパッと感情移入をスイッチ出来るものだと、感心しながらテレビに見入った。

★昨夜、堤防脇にある友人宅の庭で、今年最後の花見宴をやった。風が強く少々寒かったが花吹雪が見事だった。
お七はもまもなく、北に向かい、ここも葉桜になり、やがて緑の葉が繁り、静かな堤防に戻る。
あんなにサクラを謳歌して楽しんだのに…、
そこで一句、《 ゆくサクラ 出ずる緑を 待つ勝手 》だ。

ポチッといただけば感謝感激です!


コメント

枯雑草さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★歌の歌詞というのは、どれもうまく作るものですね。サクラと八百屋お七をうまく組み合わせて、ちょっと退廃的な見事な情景を歌詞していると、思いながら「夜桜お七」を聞きました。冬美ちゃんもまたどんな雰囲気でも歌いこなす歌手だと、素人評論をしながらテレビを見ています。

夜桜の下・・

こんにちは。
ははー、玉さんは坂本冬美のご贔屓なんですね。
夜桜お七・・冬美さんにピッタリかも。それをさっと絵にする玉さん
もさーすが。実際は少しニヒルな感じかと・・。でも、玉さんとして
はちょっと可愛らしすぎる冬美いやお七さんにされた・・ということ。

Bokkasaさん,こんにちは。

★ありがとうございます。
★花吹雪、いい写真がたくさん撮れましたか?、あの堤防、ご近所の長老のお話によりますと、ほとんどが終戦直後、平和を願っての植樹サクラだそうですが、まだ多く歌舞伎役者の百十郎さんが植樹した当初のサクラが残っているそうですね。いずれにしろ歴史のあるサクラ堤防です。

先日は、お声をかけてくだってありがとうございました。
初めは、気か付きませんで失礼しました。
運動不足の私には、花見橋までなかなかたどりつきませんでした。
あの日は、桜吹雪にはちょっと風がたりませんでしたが、良い所を散歩できて羨ましいです。
この辺は、坂道ばかりで大変です。

上の桜堤は、新境川のようにみえますが・・・
こんなイメージの「桜舞い散る」を撮りたかったです。

坂本冬美の曲・・・CMで聴いていましたが、YouTubeでもゆっくり聴いています。
http://www.youtube.com/watch?v=l8KHnIQ8mjo

おちゃめさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★とてもいい歌詞ですね。いつだったか、喫茶店で向こうの席に座っていたヤンキー兄ちゃんの携帯にいきなりこの曲が流れてきて、ビックリしました。若い子たちにも人気があるようですね。
★私は希代のオンチなので歌えませんが、優しくて、ゆったりとした精神情景を思い起こすような感じが大好きです。

boumamaさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★私の年齢はビリーバンバンが活躍した頃をよく知っているのですが、この歌はあまり記憶がありませんでした。一昨年頃から出てきた、いいちこのCMを聞いて『アッ、そういえば…』と思ったのです。
★カバーした冬美ちゃんの声が、この歌詞や曲に良く合いますね。

実は・・私

坂本冬美の歌は大好きなんですよ
夜桜お七は、カラオケへいくと大抵歌います。
また君に恋してるも定番になりそうな私です。

演歌と桜

坂本冬実と言えば大ヒット中の「また君に恋してる」がついに4/7発表の「レコチョク着うたフル週間ランキング」で1位(2010/3/31~4/6)を獲得しました。これは自身初、演歌歌手としても初の快挙ですね。

原曲はビリーバンバンですがこの曲は大人の方が聴いて懐かしいけど古さを感じさせないからヒットしてるのでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/260-031247b6

FC2Ad