睨まれる

睨まれる
★以前、私たちがつくっていた木彫サークル「木屑会」で、凧を作って遊んだときのものだ。それぞれに江戸凧らしい絵を描いた。私は武者と龍の二点をつくった。しばらく棚の上に置いてあった。邪魔になって捨てようと思ったが、せっかく作ったものを捨てるのも勿体ないと思い、アトリエの天井にヒートンを付けて設置した。依頼10年以上も天井に張り付いたままだ。ちょうど私の机の上にあるので、仕事がイヤになって、上を向いて大あくびをすると、この武者と龍の睨んだ眼と合ってしまい、あわてて仕事に戻る。

★睨む、睨まれる、人との関係でもそう感じるときがある。「自分は睨まれているのではないか…」と。
ずっと昔のことだが、私も職場で上司に睨まれているのではないかと思ったことがある。もっとも、当時の私は、あまり周囲のことを考えずにやりたい放題の時期だったので、睨まれても仕方がなかったのだ。しかし、職場を転勤して、異動先の職場で一ヶ月ほど過ぎてから、その上司が訪ねて来てくれた。私の顔を見るなり、『おお、元気そうじゃないか!』と、笑顔で喜んでくれた。私は、若干戸惑いながらも内心「オレ、この人に睨まれているわけではなかったかも…」と、勝手に都合のいい解釈をした。

★そりゃ人と人との関係だから、睨まれたり、嫌われたり、することもあるだろうが、えてして「睨まれた感」「嫌われた感」というのは、なんか自分がやってしまった勝手な行動や言動に後ろめたいことがあったりしたときに感じることも結構あると、私の場合を振り返って思う。
が、いまだに私は反省もなくその繰り返しで、寛大な彼や彼女に感謝するのみだ。

ポチッといただけば感謝感激です!

コメント

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★今年もよろしくお付き合いくださるようお願いいたします。
★こちらは久しぶりの大雪の正月で真っ白でした。真っ白から始ますスタートか、はたまた、汚点を白で隠したままのスタートか、分かりませんが、とにかく2010年がスタートしました。
お互いに頑張りましょう!

新年ですね。

新しい年が訪れましたね。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

凧の絵、武者も龍も優しそうなお顔立ちですね。
きっと優しい睨みなのでしょうね。

「にらめっこしましょ、あっぷぷ~・・」
実は、お互いに睨まれていると錯覚しているだけだったり・・

でも、睨むとは興味を持つともいえませんか?
対象をじっと睨んで、よく理解し、解釈し、表現する・・・
今年は睨みつけたくなるような対象にどれだけ出会えるでしょうか?

murayukiさん、おめでとうございます。

★ありがとうございます。
★昨年はmurayukiさんのすごいCG作品をたくさん見せていただき、大変な刺激をいただきました。ありがとうございました。
★今年もよろしくお願い申し上げます。

玉清様

今年も!
御世話になりました。
御礼申し上げます。

来年も宜しく!
お願い致します。

良いお年を!
ではでは。

迫力のある江戸凧にポチ!

足袋ネコさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★今年も足袋ネコさんの加賀友禅のお仕事を拝見し大いに刺激を受けました。ありがとうございました。
★私は現在まだ自分の部屋のお片づけです。イヤになったので、来年の大晦日に先送りです。
★良いお年を!

玉さんも大あくびをなさるのですねー(笑)
あくびは脳の中の酸素が少なくなった時にしたくなる症状だとか。
健康のためにもあくびは我慢してはいけないのです(笑)
人は自分をどう判断しているかはとても気になり
思い切って聞いてみてもリップサービスの事が多い大人の世界。
いっそ何も考えないで暮らしていた方が長生き出来るかな?
今度のお正月はお天気が悪そうですので引きこもってのんびりと過します。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★忍耐力のない私の勤め人時代は、かなりの反抗とほんの少しの我慢で、いま思うと赤面しきりです。
★京都に行ってきました。先日の枯雑草さんの作品にあった、清水から八坂、そして祇園の道を、今年もブラブラしてきました。

おちゃめさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★28~29日、恒例の京都忘年会で遅くなってすみませんでした。
★この凧、捨てないで天井に張り付けておいて良かったなあ、と思っています。眼が合うだけでなんか気持ちを切り替えてくれます。

睨まれる

こんにちは。
ご自分が画かれた武者や龍に睨まれる・・。それは、きっと自らの過去の行動から刺激を受けているってことかも。いいことですね。
自分の昔サラリーマン時代を振り返ってみると、非難される、それに至らなくても、睨まれる、疎まれる・・そんなことの連続であったような気がします。たまには言いすぎた、やりすぎた・・ということもありますたけど、多くは今もって間違っていたとは思えないこと。
人間ができていない、と言えばそれまでですが、サラリーマンってそんなもんか・・・なんて、全く反省のない自分です。

想像できます

「きっと離れてみて、もう一度会いたい」と思わせるほど印象深い気持ちを与えることが出来ていたのでしょうね。
なんだかわかるような気がします(笑)
仕事がイヤになって、上を向いて大あくびをすると、この武者と龍の睨んだ眼と合ってしまい、あわてて仕事に戻る。
これも目に浮かびで笑ってしまいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/249-82363dde

FC2Ad