スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪…

雪…

★Merry Xmas!!〈チョッと早いか?…〉

★前回にも書いたが、私の町のイルミネーションは、彼方此方で見られるような極彩色の豪華さは微塵もない。白色LED球の入ったロープ樹木に巻き付けただけのものだ。しかし、白色の光が冬の夜を素朴に飾る。おりしも、そこへ今回の寒気で雪が降った。ホワイトクリスマスを迎えられるのは何年ぶりだろうか。私がこの町に住んでからは、その記憶がない。雪と白色の輝き、厳寒の中で実に美しい。イヴを迎えるシチュエーションは揃った。

★だが、この寒気は一方で富士山からの悲報ももたらした。山岳気象の専門家によれば、富士山のような高い独立峰では、冬の強風が山に当たると、風は二つに分かれて山を巻くように吹く、それが双方から激突したところに、何処から吹いて来たとも分からない得体の知れない吹雪の突風が吹き荒れるという。一行がその突風に遭遇したかどうかは知る由もないが、冬山を知り尽くしたベテラン一行でさえ、抗うことの出来ない自然の猛威がそこに在ったということだ。
片山右京さんの悲しみの会見が一ファンとして痛々しく見ていられなかった。

★雪は街に降り積もり、イルミネーションとの見事なマッチングを見せ、家々からもれる明かりを一層温かく見せ、冬の街を美しく演出する。しかし、ときとして白魔と化し、無情な脅威をふるう。
自然に比して、人間の存在がいかに小さいかを富士山の悲報から思った。

★私たちは大自然の中の小さな小さな点のようなスペースを間借りしているようなものだ、と肝に銘じながら冬を満喫し、楽しいイヴを、明るい新年を迎えたいものだ、と今さらながら思うのである。

ポチッといただけば感謝感激です!

コメント

boumamaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★ほんとにショックした。これからさまざまな活動を展開されようとしていた矢先の右京さんたちの無念さも感じました。いつかこの悲劇を乗り越えて、また素晴らしい活動に戻られることを願うことしきりです。

おちゃめさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★あたり~!!、このサンタイラスト、発想はいつも見るピザ屋さんの若者が乗っているバイクです。ピザ好きの私は、ついピザバイクをサンタに重ねたのです。
★雪山ならずとも、自然の中に入るときには気をつけることいっぱいありますね。

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★可愛いネコサンタ拝見しました。
★大自然の力さえもコントロールしたり、制御したり出来ると、思い上がった科学者たちもいることが怖いですね。
私も飛騨に育ったので、自然の恐さは十分知っているはずなのに、つい、それを忘れてしまいます。富士山の悲報は多くの人に教訓を与えたのではないでしょうか。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★枯雑草さんの四国ご遍路の旅、ブログで拝見する山の道々を見るたびに、きっと大変な目に遭われることも多いだろうな、と思っていましたが、やっぱりそういう時にも遭遇されるのですね。
大師のご加護を願いながらも、お気をつけてご遍路の旅を…。

ショック

つい最近のニュースの中では右京さんの遭難と聞いた時、本当にショックでした。
その後はご存知のようにご本人は救助されたのですが・・・ご本人の気持ちを察すると同じように我々も悲痛な気持ちになりました。

バイクに乗ったサンタさん
現代的ですね~玉さんならではの発想ですね(笑)
今の時期ピザ屋さんと間違わなければと思いますけど
冬山の怖さ
国民全員がきっと心に留めたことでしょうね。

サンタさんもバイクなのですね。
早く届けたいという気持ちか、早く仕事を終えたいという気持ちからか(笑い)

アートカズコでアップのネコサンタはてくてく歩きです。
ネコなのでマイペースです。
期間限定アップなので、25日までにご覧頂けたら嬉しいです。

自然は大いなる「気まぐれ」ものですから・・。
いくら慎重に事に望んでも、人間は所詮、人間。
人災は防げても天災は難しいですよね。

自然の中の・・

こんにちは。
右京さんの悲痛な表情、ほんとに痛々しい会見映像でしたね。
冬の富士山のような厳しい所でなくても、ちょっと自然の中に
入れば、危険はいっぱい潜んでいますね。私もこの秋、四国の
山道で遭難寸前の目に会いました。おっしゃるように、自然の
中をちょっとお借りして、歩かせていただいている・・そのことを
忘れないでいたいですね。

外道sさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★佐用町の災害復旧ボランティア、ご苦労様でした。そういう現場を目の当たりにすると、どうしようもない自然の猛威を実感されたでしょうね。
★各家庭にみる過熱気味のイルミネーションには、人ごとながら少々閉口しています。そんなに競争しなくても、と思います。
ただし、一杯飲んで、店から出た後の盛り場の極彩色のネオンはなかなかいいものですが…。

何とも?

確かに、今回の事故はどうして?と、思いました。

今年は近県の佐用町で大水・浸水などの災害が有り、その災害復旧に行きましたが・・・人間は自然には勝てませんし、その力は想像の上をいってますね。

>樹木に巻き付けただけのものだ。
私は最近のイルミネーションの加熱傾向に少々嫌になってますね。
始めの頃の樹木に巻き付けた物の方が良かったと思ってます。
何だか加熱しすぎて情緒が無い?・良い感じでは無いですね。
どう思います?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/248-0595a1a7

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。