スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿吽(あ・ん)

阿吽(あ・ん)
★先々週、隣の町の小さなギャラリーで、S先輩の作陶と私のCGの第9回二人展をやりました。作陶とCGという両極端の作品を楽しみに待っていてくださる街の人々に後押しされて、この二人展も、もう9年目を迎えることが出来たのです。

★そのS先輩は毎回、作陶作品の中に何対かのコマ犬を出品しています。それぞれに少しずつ阿吽(あ・うん)の表情を違えて、それは見事な出来栄えです。ご存じにのように、口を開いた阿形の表情、口を閉じた吽形の表情、いわゆる阿吽の表情です。よく気心が知れた二人のことを『阿吽の呼吸』というような言い方をしますが、実際の阿吽の意味はもう少し深いようです。

以下、S先輩から聞いた「阿吽」の深~い話です。

★コマ犬のルーツは百獣の王ライオンをモチーフにした霊獣獅子像を造形した古代エジプトです。その代表的なものがスフィンクスですが、よく帝王の椅子の肘掛けや石造建築の柱などに彫られた獅子像は映画や写真などで眼にすることがあります。
その獅子像がシルクロードを経て東洋に伝わり、やがて、その獅子像に東洋的思想や宗教哲学が付加され、コマ犬(高麗犬→狛犬)になったと言われています。とりわけ、そこに生まれた「阿吽」の表情は、東洋的思想や東洋の宗教哲学ならではのものです。

★「阿」は梵語で「物事の始まり」を意味します。「吽」は梵語で物事の終わりを意味します。だから「阿」と「吽」の間は物事の過程を意味します。言い換えれば、生と死の間にある人生そのものです。さらに大きく考えれば、「阿」と「吽」の間は生きとし生けるもの、森羅万象、全てです。
私たちが神社に参拝すると参道の両脇に必ず阿吽の表情のコマ犬が、寺社に参拝すると山門の両脇に阿吽の表情の仁王さんがいます。その間を私たちは通ります。いま与えられている生を満喫し、その幸せに感謝し、幸せを願い、阿吽の間を歩いているのです。

あと一ヶ月も経てば初詣に神社仏閣を訪れることになります。今年はS先輩から聞いた話を心にとめながら、ちょっと心して参道を歩こうかと思っているところなのです。

ポチッといただけば感謝感激です!


コメント

おちゃめさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★物事の初めから終わり、というこtですから、阿吽の呼吸というのは「一を知って、十を知る」ということなのですね。それほど気のあった二人と言うことでしょうか。でも、その信頼関係を築くまでの過程こそが阿吽の間にあったのでしょうね。

そうだったんですね。

阿吽の呼吸とよく口に出して言ってましたが、そうゆう意味がこめられていたのですね。とても勉強になりました。
表情もしっかり見たことなかったのです
口を閉じているものと開いているものそれも初めて知った気がします、何気にぼーと見ていただけだったように思います(笑)
神社に行ったときはしっかり見てこようと思います。
阿吽の間に人生がある。なんて奥深いものなんでしょうね。

枯雑草さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★作品を見ていただくと言うことは、それだけ多くの方々の作品に関する見方や意見を伺うということですから、作るものにとっては大変な勉強になります。
★ある国で発祥した文化に、また別の国の文化が付加されて、新しい文化が生まれていくのですね。

二人展開催、おめでとうございます。もう9回目ですか、
すごいですね。
狛犬や仁王のあ・うんの話、どこかで読んだような気が
します。ああ、お稲荷さんのキツネもね・・。世界的な規模で
大昔から伝わってきたものですね。夢が拡がりますね。
いいお話を聞かせていただきました。

外道sさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★ちょっと出かけていましてお返事遅れてごめんなさい。
★チェンソー木彫りの狛犬奉納の計画、実に素晴らしいお気持ちだと思います。是非、実行に向けて作品をつくり続けていただきたいと思います。小さいときから遊んだ鎮守の森への恩返しですからね。

それです!

いい話を聞きました。
狛犬にそんな意味があったとは・・・。
私がチェンソーアートを始めてから「いつかは!」と、思っていることの一つに、「近所の神社に狛犬を奉納したい!」が有ります。
実はこの神社の中にはすでに誰が彫ったのか解らない狛犬が居ます。(よく見ないと狛犬とは解らない物です。)
それを観たときからもっと良い物を彫って、奉納したいと思っています。
阿吽の間に残せる物は限られて居ますからね、神社なら長く残りそうですし・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/245-26e6cd1a

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。