スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪虫

雪虫
★11月4日の朝8時ごろ、坂本峠の晩秋風景を見に行こうと玄関を出てクルマに乗ろうとしたとき、目の前にファ~と雪虫が飛んでいました。ついこの前、『昔は、この季節になると、よく雪虫が飛んでいたのに、最近は見かけないなぁ~』と、家で話題にしていたばかりなので、まるで、その健在を誇示するかのような彼女の出現でした。

★子どもの頃、雪虫…、宙を飛んでいるわりにはちっとも敏捷さがなく、手で叩くと手のひらに白い綿のようなものを付けた小さな虫がくっついていました。雪虫を追っかけて遊ぶ日が続いて、間もなく初雪が降りてくる。雪虫の出現の数週間後に初雪が降るという確率は、ほぼ100%だったように記憶しています。まさに彼女は冬の到来を告げる妖精でした。
ずっと後になってから、この不思議な雪虫、実はアブラムシの一種ということを知って『なんじゃ、アブラムシかよ…』と、ガッカリしたことを思い出します。

★さて、美濃と飛騨を分ける坂本峠を越えて少し飛騨側に下ると谷の向こうに、山一面を覆い尽くす落葉松林があります。辺りは、すっかり紅葉の時期が過ぎて広葉樹の葉は落ちていました。ここの落葉松も全体が茶色くなり、もう一回強めの木枯らしが来るといっせいに針葉が空に舞うのではないかと、思われるようなギリギリの落葉松晩秋風景でした。
この針葉が空に舞う様を見たくて、しばらく待っていたのですが、自然はそう私に都合のいいような光景を簡単には見せてくれません。
でも、意外な光景に遭遇しました。落葉松林の上に一時間ほどの短い間ですが、雪が舞ったのです。
次の日の天気予報で、『昨夜、坂本峠一帯に例年より二週間ほど早い初雪が降り、数センチの積雪があった。』と、つたえていました。

★4日の朝に見た雪虫、彼女を信じるとすれば、私の街にも間もなく初雪が降りてくるでしょうか…。

ポチッといただけば感謝感激です!



コメント

Yukaさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★虫、花、山などの自然、そして器物にいたるまで、「彼女」と「彼」に分けてみることがあります。yukaさんのところで拝見する数々の花も、「彼女」と「彼」のイメージで拝見することがよくあります。
★例えば、先日のノブドウは彼の代表、アイビーは彼女の代表って感じかな…。

葉の連結の部分、見落としてはいけないところです。
いつもながら、リアルな風景とイラストの融合、上手いですね、
北風なんてお構いなしに、2人楽しそうに初冬の空中ドライブ☆ミ
いいですね、楽しそうです。
雪虫を彼女と表するところ、玉さんだって思いました(^^*)

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★2~3ミリの小さな黒い虫が、4~5ミリほどの白い綿のようなものを付けて初冬の空を舞います。
★じっと舞う雪虫を見上げていると、2007・1・24のartkazukoさんの詩が浮かぶかもしてません。

雪虫って本当にいるのですか。
以前、私のサイトに発表した作品(2007年1月24日付け)につけた詩に「雪虫」というものを勝手に想像して作りましたが、実在していたのですね。(私の想像の雪虫は実在の雪虫に近いのか、遠いのか?)
見てみたいです。本物の雪虫・・。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★数ミリの体より大きい真っ白い綿を付けて里に雪が降りてくる前に飛ぶ…、不思議な虫がいるものですね。
自然界は、まだまだロマンでいっぱいです。

こんにちは。
雪を呼ぶ雪虫・・。それは、実はアブラムシの一種だった
のですか。でも、雪虫はユキムシ・・。やっぱり、雪を呼ぶ
何か・・そう信じていたいものですね。

Bokkasaさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★ご観覧ありがとうございました。留守をしていて申し訳ありませんでした。ご夫婦と一緒に喫茶店でコーヒーに行きたかったな、と悔やみました。
★せせらぎ街道のいつもの私のコースは、坂本峠→ウレ峠→坂本峠に戻って→馬瀬村→下呂→墓参→帰宅です。坂本峠から馬瀬への山道ドライブ、ここもメチャメチャきれいですね。

せせらぎ街道

こんばんは。
私も雪虫をみました。
10日でした。立ち話をしていると「フワフワ」と飛んでいました。
手にとってみたのに・・・えっ・・・アブラムシの一種、知りませんでした。

せせらぎ街道・・・四季を通じて素敵な景色ですね。
(冬は気をつけないといけませんが)

♪先日、まちかどギャラリーに寄らせていただきました。
わが街の施設で初めてみて感動したものでした。
久しぶりに、Blogではなく実物で楽しませていただきました。
ありがとうございました。

boumamaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★雪虫…、いい呼び名ですね。
あまりの小さくて白いものだから、空の色と一緒になって目立たないだけではないでしょうか、私のところでは、昨日もファ~とやっていましたよ。

アブラムシ

先日北海道ご出身のお客様にちょうどこの“雪虫”の話を聞いたところです。

私も今まで見たことも聞いたこともなかったのですがアブラムシの仲間だったとは!
お話の雪虫も玉さんのイラストのようなイメージでしたよ。

おちゃめさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★この時期、どこでも飛んでいますよ。寒~い曇った日、家並みを避けて少し広い空き地のような所で、地上から2~4メートルぐらいの所を白い小さな粒のようなものがフワ~と漂っています。

雪虫はやはり寒くならないと現れないんですね

私、実は雪虫というものを見たことがありません
お話の中ではよくみますけどね
あれは、寒い東北か北海道だけのものと思っていたのですが、岐阜でも見ることが出来るのですね。
アブラムシの仲間と聞いてそれもびっくりしましたね。
でもやっぱりロマンチックな虫と私の中では留めておきます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/244-5fd9c2c1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。