スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永平寺から小浜へ

永平寺から小浜へ
★東京にいる二男が以前から、『秋になったら、北海道でも沖縄でも行きたいところに旅行に連れて行ってあげるよ』と、言ってくれていたのですが、私はそんな遠いところではなく、ずっと気になっていた行き先がありました。
実は家内の養母が福井県の北端にある永平寺で供養していただいているのですが、8年ほど前に回向に行ったきりのままになっていました。もう一つは、福井県の西端にある小浜に嫁いだ私の二番目の姉が逝ってから、その嫁ぎ先ともずっと不義理をしていました。
どうでもいい遊び旅行はスッと行けるのですが、永平寺も小浜も、どうしても行っておかなければ義理を欠いてしまうという大切なところなのに、なかなか行く機を得なかったのです。
そこで、今回は両者への回向の旅にすることにしました。

★二男は『そんなところなら俺の車で回ろうか』と言って、東京からクルマで来てくれました。が、このクルマ、釣りの好きな二男が釣り師仕様に改造したクルマで、天井には何本もの竿、両サイドには釣り道具の棚、荷台には釣り場でのキャンプ用道具、寝袋等々、があって、乗用車とはまた違った雰囲気のクルマでの2泊3日の旅に出たのです。

★自分で運転しないクルマの旅ってのはいいですね。好きなところで休んで、好きなところを見て、好きなものを食って、おまけに全て二男の財布にたよって、言うこと無しです。ホテルもその都度、PCで探して当日予約をしてくれました。
そんなわけで、郡上白鳥インターから福井県に入り、大野市、永平寺で回向をして、芦原温泉、小浜の姉の嫁ぎ先で回向をして、小浜港、石山温泉、石山寺、琵琶湖大橋、と2泊3日で600キロ近くの行程でした。

★ナビを見ながら運転しているのに『ナビは信用できない』という二男、土地カンが全くないのに『この道違うんじゃない』と言う家内、かなり昔に通った微かな記憶で『その信号を右に』と知ったかぶりをする私、てんでバラバラの意見で何回も変な道に迷い込みましたが、無事に行ってきました。
おかげで、ずっと気にしていた養母と姉の回向が出来てホッとしたのです。

ポチッといただけば感謝感激です!

コメント

おちゃめさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★了解しました。交通安全、気をつけてお越しください。

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★神社仏閣で私も同じようなことを感じることがあります。多分、私自身が真面目になって参拝しているか、観光気分で立ち寄っただけ、という気分の差が、そう感じるか感じないかの分かれ目だと思いますが…。

ご招待ありがとうございます

最終日になってしまいますが、11月の15日の午後からお邪魔しますよろしくm(_ _)m>

一番上の写真の橋の向こうに緑の笠をかぶったお地蔵様たちが挨拶をしているかのようで面白いです。

神社仏閣って不思議な霊気が漂っているときがありますね。
日を改めていくと、どうということなかったり・・・不思議な空間です。

おちゃめさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★北陸にはよく行くのに、仲間連れの関係で、私が寄らなければならないところには、なかなか寄られないで素通りばかりでした。
ダメですね、私はいつも遊びばかりが優先してしまって…。
今回はキチッと回向が出来ました。

よかったですね

永平寺に寄られたならすぐ近くの有名なごま豆腐のお店にいかれましたか?
北陸は、何回行っても飽きないところです。
私ももうすぐカニが解禁になったら出かけますよ。

気ままな旅には、ちょうどいい距離ですものね。
素敵な旅になってよかったですね。

枯雑草さん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★息子のおかげで、ずっと気にとめていた回向の旅が出来ました。
人間勝手なもので、やらなければならない大事な行動が、つい後へ後へと延びてしまうのは何故でしょうか?。
でも、やっと今回で肩の荷が下りました。

外道sさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★そうですね。いろいろな意味で‘思い’が残る場所というのは誰もが持っているものですね。‘遠くなった懐かしい思い’‘忘れられない思い’…。
★私は結構、執念深い(?)ものですから、そういう所に立つと、またそこから新しい自分が生まれてきそうな気がするのです。

こんにちは。
頼りになる次男さんにお任せの大名旅行。よかったですね。
いい息子さんをお持ちの玉さんは幸せもの。でも単なる
観光旅行じゃなくて、回向の旅・・これがよかったのでしょうね。

良いですね。

色々な思いが有る地への小旅行、玉清さんらしいです。
思いが残る場所・・・少しは有りますが・・・それが人生」で、それを埋めていける程の長生きが出来れば良いな~。
良い息子さんをお持ちですね。
私としては両親を連れて旅行に行きたいと思いますが、何分不景気と、それを解っている両親は誘っても断ります。
悲しい時代なのか?両親が頑固なのか?
私事でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/241-a047b4d7

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。