スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心コロコロ

心コロコロ
★私の尊敬する関谷義道先生がお亡くなりになってから、もう2年になります。きょうは以前、先生からいただいた書をご覧いただこうと思います。私の宝物です。
先生は、かって10年間仕えた上司でもありますが、著名な書の大家でもありました。私は、先生のことは高校のときから存じ上げていました。当時、先生が「日展脱退声明」という声明文を出された記事を新聞で見たことがあったからです。創作者なら誰もが憧れている「日展」を、なぜ脱退されるのだろう、と当時はかなり話題を呼んだ記事でした。
当時の「日展」の状況がどのようであったかは私には知るよしもありませんが、ずっと後になって聞いたことによると、当時の日展の書部門は漢詩しか認めず、仮名交じりの作品は出品規定違反(現在はもうそんな規定はないそうです)といった、旧態依然とした出品規定や公募展の閉ざされた体質に見切りをつけて、脱退にいたったと聞きました。いかにも、気骨にとんだステキな方が、我が県にお見えになると、当時、痛快に思ったものです。
それ以来、先生は、どの団体にも所属されず、一匹狼の書家として活躍されました。墨象画のジャンルを切り開かれたり、中高の書の教科書の検定委員になられたり、NHKのドラマの題字を手がけられたり、まさに書家として八面六臂の活躍をされたのです。

★何年かを経て、その憧れの先生と、ご一緒できる職場に勤めることが出来るなんて、何という幸せの偶然かと思いました。
この書は、その職場で先生からいただいた何点かのうちの一点です。
この書を、いただいたときの先生の一言が、何ともオシャレで、グッとくる一言でした。

『‘心’ってのは、コロコロ変わるから、こころって言うんだ。だけど、主義、主張、信念を持っていないヤツは変わりようもないけどね。また、心に皺(しわ)があるのもいただけないな、顔の皺は、生きてきた歴史の年輪だけど、気持ちの中には、多くの暗い影をつくる皺は無いほうがいい。』
ですって!

ポチッといただけば感謝感激です!



コメント

boumamaさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★義道先生の他の作品もご覧いただいたそうで、嬉しいです。
★若いときに中央の団体から身を退かれた後は、地方から全国に常に斬新な書を発信されました。晩年にはご自分の書をPCで処理して、不思議な画面をつくるなんていうことも試みてお見えでした。
いつもマドロスパイプをくわえて、センスも、風貌も、若者よりずっと若者らしい先生でしたよ。

大切な字「心」

とてもいいお話でウットリしてしまいました♪
もう一度見直しました「心」という文字。
そして早速HPのお邪魔し、ほかの作品も見せていただきましたがご本人の信念のようなものが感じられるようで、こちらのコメントで他の皆さんが仰っておられるように同じように感じました。

>でも、いつも、「書」と「美術」は同じ領域と、おっしゃっていました。<
私も密かにズッとそう思ってましたので心強く思い、これからはキッパリと断言できます。

外道sさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★エネルギッシュに頑張ってお見えのご様子、いつもブログで拝見しています。
★したい放題の自由な人生を堪能して出来た皺なら、その皺もカッコいいのですが、どうも、私はまだまだ、腹を立てたり、恨んだり、ジメジメした皺が出来つつあるようです。関谷先生の域までは、なかなか到達できません。

久しぶりです。
最近、自分の事で一杯でしたので・・・。

久しぶりに良い話を聞いた気分です。
「心に皺を作らない。」
主義、主張、信念はこの年になると何となく有りますがその分皺も有るような・・・どうやって皺を作らず、出来た皺を伸ばしていくかが問題です。

artkazukoさん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★この先生も
最初は[文字には厳格な規則がある]→やがて[書き順なんかどうでもいい、文字はかたち]→それから[書き順は文字を生かす命]と、コロコロ変わっていきました。そういう、自由な変節が大好きでした。でも、いつも、「書」と「美術」は同じ領域と、おっしゃっていました。

たっぷりとした量感のある筆使いがいいです。

書家や書に関連した知人(もちろん無所属です)が何人かいますが、
それぞれがこだわりを持っていて面白いです。
私は書に関しては、美術の感性で気軽に楽しんでいます。

枯雑草さん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★この先生のかかれた「書」は、その筆勢や形や紙面のレイアウトに、書かれた文字の気持ちの背景が手に取るように伝わってきて、ホントに生きている「書」って感じが、私にはするのです。
★アトリエの壁から、いつも叱咤激励をしてもらっています。

こんにちは。
生きるための拠り所となる人がいるということは
とてもいいことですね。それも、身近におられたと
なると尚更・・。もっとも、近くにいても気づかない人
も多いかも・・。玉さんは、幸せな方だと思います。
よ。心気溢れる「心」の字ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/233-d6d0fc47

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。