スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外来種

外来種
★このところ、ずっと頼まれ仕事や秋の公募展の作品づくりで忙しかったが、少し楽になったので、ブログ用にこんなアジサイのイラストを描いて遊んでみた。

★梅雨ど真ん中なのに、梅雨らしい空模様はあまり続かない。きょうもこの地方は30℃近い真夏日だ。
先週、私の家から10キロ程北の山あいにある三光寺にアジサイを見に行った。毎年この時期に訪れる大好きなお寺だ。アジサイ寺と呼ばれるお寺は彼方此方にあるが、ここのアジサイはドサッと密集していないところがいい。お寺を取り巻く山の斜面や山道の脇に、夏草に混じって、ポッポッとアジサイの花房が伸びている。実は、このアジサイ以外の草々や地面もキチッと手入れがされていて、ご住職や地元の人々の人為的に見せたくない、出来るだけ自然に見せたいという苦心が伺われる。
好き嫌いは人それぞれだから、どうでもいいことだが、私は、人為的に一つの花で埋め尽くされたような風景は好きではない。

★話は変わるが、私の町の近くの河川敷にオオキンケイギクという可愛い黄色い花が自然に群生したステキな風景があった。その町の広報リーフレットにもそこの写真が掲載され、ちょっとした名物風景だったのだが、実はこの花、数年前に駆除対象外来植物に指定されたのだ。町は大慌てで、河川敷からオオキンケイギクの駆除を始めて、徐々にこの風景が縮小されつつある。が、堤防のあちこちには、まだ黄色いコスモスのような花が風に揺れていて美しい。私には、まさに日本的な味わいのある風景に見える。

★在来種の生態系を破壊するような憎き外来植物や外来生物がいることは否めないが、一方で外来種が長い時を経て在来種になったものもすごく沢山あることも否めない。例えば、人々の命を救ってきた薬草の中には、遠い昔、外国から持ち込んだ帰化植物も結構多くあると聞く。

★さて、そのオオキンケイギク、私は何も知らないので無責任なことを言うのだが、細い茎の先端に黄色い花を付けて、川風に揺れる優しい姿からは、在来種を席巻し、環境を壊すような雰囲気を全く感じない。実は、その姿こそが魔力なのだろうか?。オオキンケイギクも、どこかのだれかさんと同じか?!。難しい…。

美しく優しい姿に騙されてもいいという方、ポチッとください。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/226-b9b8ebe8

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。