スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機器オンチ

機器オンチ
★この前「警告」のページでみていただいた作品の連作です。作品の意図は説明が長くなりますので割愛させていただくとして、このところPCが災難続きでした。

★私はネットはデスクトップを使い、作品づくりなどは、ネットに繋がないで使いやすいノートPCを愛用していたのです。
以前から、友人たちには『ノートで玉さんの作品づくりは、ちょっと酷使し過ぎじゃない?』言われていたのですが…。ある日、この作品をつくっているときのことです。そのノートPCから、カチャカチャと大きな異音が聞こえてくると、まもなく黒画面になってわけの分からないメッセージが並ぶのです。何回、再起動してもカチャカチャの音と黒画面のままです。PCプロの友人Aさんに来てもらったところ、彼はジッと音を聞きながら『玉さん。こりゃハードディスクがイカレましたね、もしかするとマザーボードもイカレたかも…、今つくっている作品はチャンとCDか外付けハードに保存しているでしょうね?』と言うのです。

★数日前から、何となく予感があって、(なんかトラブルが起きると面倒だから、制作途中を外付けに保存しなくちゃ…)と思いつつ、(まあ、完成してからでいいか…)と、保存を怠っていたのです。
結局、ノートPCは彼の言うとおりマザーボードも壊れていました。と言うわけで、全てのデータがオシャカになってしまったのです。
しばらくの間は、Aさんが親切にノートPCを貸してくれたので、作品以外の雑多な仕事は、それで急場をしのいでいたのですが、ハードディスクとマザーボードを交換修理するぐらいなら新しいPCを買った方が安くつくということで、今度はノートではなく、ちょっと容量のでっかいディスクトップをネットで購入したのです。
この作品は、その新しいPCで、また一から作り直したものです。一度つくったものを再度最初から作り直すというのは、ホントに疲れるものです。

★が、この作品が出来てから、B1サイズに出力するために業者に渡すCDへのコピーをしているときに、また災難に見舞われました。横置きの本体を縦置きにしていたものですから、CDがトレイから外れて、本体の中の何処かに落ちてしまって、出てこなくなったのです。私は、各ソフトの扱いを作品づくりの過程で覚えていっただけで、ハード部分や機器には恐ろしい程の全くオンチなのです。もう右往左往して、パソコン出前修理業者なるところに電話をすると、『弊社では、出張旅費○○円、トラブル検索○○円、修理費○○円、あなたのおっしゃるようなトラブルなら、2万円前後で済むと思いますが。』と、(CD取り出すだけで2万円かよ?!)と内心思いながら、電話を切ったところで、友人Oさんのことが頭に浮かびました。部品を買ってきて自分でPCを組み立てているOさんです。電話をするとすぐ来てくれて、本体の上をサッサと外して、CDボックスを引き抜き、奧に挟まっていたCDを数分で取り出しました。機器全くオンチの私は、そのスピードと手際の良さに驚いてしまいました。

★2万円かかるところを、コーヒー一杯で済んだから言うわけではありませんが、Aさんといい、Oさんといい、友人はホントに有り難いものです。
そんな、トラブルの果てのこの作品です。私にとっても思い出に残る作品になりそうで…。

ポチッといただけば感謝感激です!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/225-43a08c25

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。