スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だまし絵ふう切り絵

だまし絵ふう切り絵
★以前、金沢での会議に行ったとき、なかなかのお面をお土産にいただきました。有名などこかの神社の貴重なものと、詳しい説明がありましたが、忘れました。ただ、極彩色の派手さといい、表情といい、大変気に入って有り難く頂戴したのです。ずっと壁に掛けていたのですが、これをモチーフに切り絵にしてみました。

★さて、その切り絵、私は、好きで結構つくってきたのですが全く素人なので、手順や作成方法は我流です。切り絵の厄介なところは出来上がったもの(紙)全体が一枚につながっていなければなりません、当然ですが…。途中が切れていたり、シマ(島)になったりしていては、一般的に言う切り絵ではありません。どのようにして全体をつなぐかを考えながら切っていくのが、切り絵づくりの楽しいところでもあるのです。

★以前は雑誌などで見る、切り絵作家さんのやり方どおりに黒い紙を切っていたのですが、紙が黒いために、切り抜く線が分かりづらくて大変でした。そこで考えた方法が、白い紙に自由に鉛筆で絵を描いて切り抜くやり方です。切り抜いた後、鉛筆の線がいっぱい残っていて汚いのですが、その上を、ホームセンターに売っているスプレー塗料をかけて消せばいいのです。効率的で仕上がりも早く、黒い紙に描かれた見え難い線を追っかけて切り抜くという煩わしさもありません。

★この切り絵は、白と黄色と黒のスプレーで、台紙と作品に別々に着色して貼ったものです。目の錯覚で、どこがつながっている作品部分か、どこが台紙なのか分からないところがありませんか?、偶然ですが、ちょっとした、だまし絵ふうの切り絵になりました。

ポチッといただけば感謝感激です!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/220-2186faad

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。