スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘超’/少女Cの迷言

‘超’/少女Cの迷言
★先にご覧いただいた、深海のエビのようなモノを描いた作品と対の作品です。

★職場でこの作品のモニターを開いていたら、いつも部屋に寄ってくれるヤクルトレディーのお嬢さんが私の注文したタフマンドリンクを机に置きながら、チラッとモニターを覗き、『ワ~!凄い、なんか超コワイ!』と言いました。‘超’がつくほど恐いとは思いませんが、オドロオドロした雰囲気の画面にしたかったので、ヤクルトお嬢さんの感想は‘我が意を得たり’ってところです。
というわけで、きょうは‘超’つながりの一席を。

★超カワイイ、超カッコイイ、特に中高生の女の子を中心に‘超’を付ける言葉が蔓延し始めてから、もう随分ときを経ました。この表現に私は全く違和感を持っていません。
その事が‘超’を付けるほど凄いかどうかは別にして、この表現はもっともっと以前からありました。例えば「超弩級」「超特急」等々、『いまあるモノが最高に凄いと思っているだろうが、こんどのモノはもっと凄いのだぞ!』という意味で、宣伝の惹句などによく使われていました。

★でも、新語・造語づくりの名人の中高生の女の子は、ときとしてトンでもない使い方をするときもあります。
正月のテレビでのことです。名古屋の某デパートで、女物の衣類を何着も詰め込んだ福袋にドッと押し寄せる女性の大群(?)が画面に映っていました。やがて、女子高生とおぼしき茶髪ミニスカの三人連れがそれぞれに福袋をゲットして群れから離れて、福袋を開いて中を点検しているところにレポーターがマイクを向けました。
レポタ 『お好みのモノが入っていましたか?』
3少女 『…』(見るのに必死でレポーターを無視)
レポタ 『お好みのモノが入っていましたか?』
3少女 『…』(レポーターを意にとめず、3人が自分のゲットした衣類を見せ合い始める)
少女A 『ね~、ね~、このセーター、超カワイイ!超お気に入り!』
少女B 『私も!これこれ、みてみて超カワイイ!』
ここで無視されっぱなしのレポーター、その場を離れて、ちがうお客ほうに向かう。その直後、
少女C 『ワ~!、このティーシャツ!いい、いい、超 春着れる!』

ん!、いま、その端っこに居るバリバリ付けマツゲの子、ナンと言った?!、私も、家内も、遊びにきていた長男も、一瞬テレビに釘付けになりました。そして、大笑いをしたのです。
おい、‘超 春着れる’ってのはいくらナンでもひどいだろう、(着られる)をら抜きで〈着れる)と言うのは許せるにしても、何でも頭に‘超’をつけりゃいいってモンじゃないだろう!

★それ以来、我が家でも、ルール無視のメチャクチャな‘超’付け言葉をつくって楽しもうと思うのですが、なかなか少女Cのような見事な‘メチャクチャ超付け’の使い方は見つかりません。少女C、ある意味スゴイ!。

ポチッといただけば超感激です!


コメント

Bokkasaさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★今や若者のことばの中には、自然に周囲の者も使ってしまう言葉も多くありますね。それだけ影響力が大きいということでしょうね。そのうちに辞書にも載ると思いますよ。

↓ のエビさんも“ド迫力”と思いましたが、このカニさんもビックリでしたよ。
超怖い・・・なるほどです。
怖いよりも、さらに怖いって感じ~~!!  なのでしょうか?

若い人の使う言葉、どうやって使ってよいかわかりませんが・・・
ちょっと、マネッコして使っているときもあります・・・。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★今の時代に、出来た言葉が、次の時代に辞書に載るようになるってことはあると思いますが、日本語の微妙な表現の難しさが、そのうちに簡単な一言で済むようにはなって欲しくない、と思います。チョー、マジ、等々、そのおそれがあるのではないか?と思っているのです。

こんにちは。
これはスゴイ蟹のオバケですね。超オドロオドロしいですね・・。
わが家の息子もちょっと前まで、チョウ○○とか、マジーとか連発しとりましたなー。若い人が独創的な方法で自分を表現すつのは、悪いことじゃないと思うけど・・、人マネであったり、仲間だけに通じる、正に自己中心的な振る舞いには、ちょっとあきれることが多いですね。親父のグチかなー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/204-a5cb0c41

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。