スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賀状ベスト7/友人紹介(その2)

賀状ベスト7/友人紹介(その2)
☆☆正月気分も遠くに去ったのですが、私のところにいただいた年賀状ベスト7を見ていただきながら、友人紹介(その2)の記事にしようと…。

★①手描き→イラストレーターとフォトショップ
彼は写真教室を幾つも持って後進の指導にあたっている正真正銘のプロの写真家なのに、年賀状や冊子のカバーデザインなどはいつも絵です。なぜか手描き感を大事にしていて写真を使わないのです。写真センスと手描きセンスの相乗作用を自分自身に言い聞かせながら仕事をしているようです。その彼が昨年の秋、イラストレーターソフトにはまり込んでしまいました。ところがなかなか操作が思うようにいかず、何度もつまづいたのですが、そんなとき彼は近くの書店に出かけてイラストレーターソフトの扱いに関する本に読みふけりました。そして店員の目を避けながら、本に書いてある要点をサインペンで自分の手のひらや腕にメモして帰るのです。この繰り返しをしながら、とうとうイラストレーターをモノにしてしまったのです。自分の体を文字だらけに…、まるで「耳無芳一」です。
この賀状、わずか数ヶ月で、もうすっかりイラストレーターソフトの扱いはベテランの域です。

★②木版画
友人ではなく学校の大先輩です。学生のときから、『何と、うまいデッサンをされる先輩だろう!』と、憧れていたのですが、最近は木版画に没頭され、版画の公募展に出品され活躍されています。メチャメチャ複雑な多色木版画なのに寸分のズレもありません。すごいですね。

★③鉛筆デッサン
友人ではなく学校の大先輩です。1960年代~1970年代、各美術雑誌を賑わした某美術団体の創設者のお一人ですが、現在でも新聞に紀行画を連載するなど大活躍です。よく一人でヨーロッパに絵を描きに出かけられますが、米やインスタント食品をどっさり送っておいて、安いアパートを借り自炊しながら、自転車をリースしてパリ郊外に出かけ絵を描き続ける、こんな生活を毎年一ヶ月ほどしています。でも、この先輩、失礼ながら、英語もフランス語もダメです。やっぱり創作は度胸でしょうか、私には最も足りないものです。

★④手描き→イラストレーターとフォトショップ
毎年、自分たち夫婦の似顔絵をその年の話題の人に重ねたイラストを描いていて、私も楽しみにしている賀状です。彼は中学校の頃から、石森章太郎(後の石ノ森章太郎)氏が主催するマンガ作品コンクールに応募して入賞するなどの賞品稼ぎをしていました。やがて東京の美大に進み、東京でディザインディレクターで活躍中です。もしかしたら、まだ賞品稼ぎの裏稼業をしているかもしれません。

★⑤手描き→イラストレーターとフォトショップ
名古屋のイラストレータークラブに所属し、活躍中の彼女です。彼女は昨年、私の町で個展をやりましたが、卒業以来ウン十年の中学時代の仲間がそれを聞きつけ、搬入や飾り付けの手伝いに駆けつけました。人望でしょうね。この絵にも、お人柄がにじみ出ているようです。

★⑥シルクスクリーン
最近はあまり流行りませんが、私の県は過去シルクスクリーン印刷とそのためのインク製造の全国シェアを殆ど占めていたのです。ただ、シルクスクリーンとは言わずにグランド印刷と言う独自のブランド名で有名でした。その名残で、シルクスクリーン印刷業者が結構多いのです。彼も、そのプロです。カチッとエッジの決まったシルクスクリーン独特の表現は、私も大好きです。

★⑦色鉛筆
ついでに、東京にいる二男からの賀状です。年末にアップした、あの脳ドッグをすすめてくれた彼です。絵とは縁のない仕事をしていて、『また年賀状か、めんどくせー!』と言いながら、いつもちょっとシュールな、凝った賀状をつくっています。

☆☆私も、年賀状を減らそうと毎年画策しているのですが…、こうして面白い賀状を皆さんからいただくと『さぁて、寅年はどんなのに…』と、もう思ってしまいます。

ポチッといただけば感謝感激です!



コメント

Bokkasaさん,こんばんは。

★ありがとうございます。
★絵を描く先輩や仲間からの年賀状をいただくと、『ああ、みんな頑張ってお見えだなぁ』と、感じて、自分も怠けてはいけない、と思います。その意味で年賀状も私にとってはありがたいです。

素敵!!

素敵な年賀状の紹介・・・楽しませていただきました。
説明が書いてあり、作り方がよくわかりました。
芸術家さん達の作品は、さすがですね。
見ごたえがありました。

いとうさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★本日はご苦労様でした。エジプトの素晴らしい写真をたくさん見せていただきました。入賞云々よりも、コンクールに挑戦されるという意欲に感動しました。入賞されればもっと感動ですが。
いつでもお越しください、出来ることがあればお手伝いいたします。

お礼と感動

今日はプリントアウトしていただき、ありがとうございました。アドバイスももらい、とてもきれいにできたので、入賞するような気になってきました。
年賀状の紹介を見させていただきました。とても素晴らしいものばかりですね。レベルの高いところには素晴らしいものが集まることが分かりました。今後ともよろしくお願いします。また、見させていただきます。

枯雑草さん、こんばんは。

★ご覧いただいて、ありがとうございます。
★毎年、年賀ハガキの当たり番号を確認したあとは、捨ててしまうので何となくもったいないと思っていたのですが、今年はせめて一部でもブログで皆さんにご覧いただけたこと、良かったと思っています。

こんにちは。
さすがに玉さんの先輩、友人、それにご家族まで。
芸術家の皆さんだから、見事な個性の展覧会ですね。
うまいなーと唸るものばかりですよ。楽しませていただき
ました。

boumamaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★賀状は、書いている人はそんなに意識していないのに、受け取った者から見ると、それぞれの個性が滲み出ていて楽しいですね。
小さな一枚のハガキで自分が伝わるとすれば、年賀状もまんざら捨てたものではないのかもしれませんね。

個性がズラリ

玉さん宛てに送られた今年の年賀状どれも個性的で、つい見入ってしまいました。
さすがこの道のベテランの人ばかりで力作揃いです。
作成方法もさまざまですが玉さんの友達の紹介記事も素晴らしい♪
素敵なものを紹介していただき有難うございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/200-00e6e0f4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。