ホワイトナイト

ホワイトナイト

私の居住する町はメジャーな史蹟も名所もなく、日本地図の中にひっそりと佇んでいる小さな地方都市です。ただ自慢と言えば、市の縦横に走っている並木道でしょうか。道筋によって、それは銀杏であったり、ナンジャモンジャの樹であったり、ハナミズキであったりして、統一性を欠くところがまた面白いのです。おかげで道行く人は芽吹きの初春から、落ち葉の晩秋、さらに葉の落ちきったオブジェのような冬の上枝まで、季節の移ろいを並木から感じ取るのです。
さて、その一画にメタセコイアの小さな並木道があります。今年も12月に入って、その木にイルミネーションが飾り付けられました。200メートルほどの光ロードはこの辺りでは珍しく、とても美しいものです。しかし、夜遅くなると誰もいません。人気のない道の上でキラキラと光っているだけです。でもご心配なく、それからが冬のフェアリーたちの出番なのです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/2-89ed1529

FC2Ad