スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木っ端仏

木っ端仏
★以前にも私の円空仏(いや、円空仏を真似た彫り方の木造仏)をいくつか見ていただきましたが、これもそのときに作った一つです。実寸は8㎝×25㎝ぐらいの小さなものです。たしか赤松の木だと思いますが、道に張り出して邪魔になった枝を打って捨ててあったのを拾ってきて作ったものです。本当は木地の色のままで放っておいて自然に変色させた方がいいにきまっているのですが、私はせっかちですので、すぐオイルステンやワニスを塗って、乾かないうちに拭き取ったりしながら、何とか古代色を出そうと試みたのですが、うまくいかなかったのでそのまま棚に置いたままにしていました。

★先日、円空仏を600体ほど彫っている先輩のアトリエの本棚に偶然、ある本を見つけました。
もう半世紀以上も前に円空仏を最初に見いだした岐阜大学の土屋常義教授と当時高名な劇作家の飯沢匡氏の円空論争を取り上げた本です。概略は、円空は宗教学に精通した高僧であったという土屋氏に対し、いや円空は人間的な人物ではあったが宗教学には無知なただの乞食坊主だった、という論争です。二人とも円空を愛するが故の論争なので、私にはどっちでもいいのですが、ただ、中央の高名な飯沢匡氏が地方で地道に研究している学者を小馬鹿にしたような態度が気に入らないと感じながら、その本を読んだのでした。
そんなわけで、私の作ったいくつかの円空仏を眺めながら、江戸の昔の円空さんに思いを馳せているのです。

★このような、枝の切れっ端やそこの辺に転がっている薪などから作る仏様を‘木っ端仏(こっぱぶつ)'と言います。円空さんは全国各地で一宿一飯のお礼に、その場で鉈や小刀を取り出し木っ端仏を彫って、その家に置いていったのです。私の県が円空さんの出生地というのが定説で、県内の彼方此方の寺社、旧家、展示館で本物を見ることが出来ます。ガツ~ンと鉈で彫った後で、きれいにしたり、彫り直したりといったチマチマした跡は一切ありません。本物に見る迷いのないその彫り方の迫力たるや凄いものです。
いにしえの為政者たちが仏師に作らせた各国宝級のお寺の仏像も凄いのですが、全国を布教行脚しながら生涯12万体を彫ったという当時無名の円空さんの生き様も凄すぎます。

ポチッといただけば感謝感激です!

コメント

murayukiさん、こんばんは。

★コメントありがとうございました。
★飛騨をはじめ全国彼方此方に円空仏はたくさん現存していますが、数百年も前に、よくぞこんなに単純化された半抽象的な表現の彫刻をする人が居たものだと、驚くばかりです。無宗教の私には、お坊さんというよりも‘木彫作家円空’という感じです。

artkazukoさん、こんばんは。

★コメントありがとうございました。
★何百年も村の祠や家の片隅にほったらかしにされていて、誰も見向きもしなかった円空仏を調査し、昭和30年代に初めて円空さんの作品を世に送り出した土屋教授は立派だと思います。そして円空ブームが起こると、すぐそれをこねくり回す有名人たち、そいつらは大嫌いです。

玉清様

いつも!
お世話になります。

「木っ端仏」!
円空さんという方は凄い方なんですね。
生涯に12万体も彫った製作エネルギー
には驚くばかりです。

達人というか、匠というか、その木の素材
を生かして魅力ある「木っ端仏」を彫刻した
のでしょうね。

円空さんの慈悲と思いやりの心が今でも
伝わってくるような感じがします。

ではでは・・・。
コッパポチ、ポチ

こんにちわ

宗教学の知識のあるなしに関わらず、
深い祈りをこめて作っているのだから、
いかなる宗教にも共通する根源的なところに
到達していると思うのですが。

頭のみ解釈するのと五感で解釈するのとでは、
感じ方が違ってきますし。

とかくものを作らず、作ったもの、作った人を論ずる人々は
作品そのものが訴えている言葉にならない根本より
作品の背後の言葉になるもので解釈しがちですので・・・。

枯雑草さん、こんばんは。

★コメントありがとうございました。
★さすが枯雑草さん、両面宿儺像ご存じでしたか。現在、高山市の千光寺に安置されています。いっときの円空ブームのとき全国彼方此方で展示されたようです。
★私も両面宿儺像の迫力に圧倒されました。庶民の信仰心をこそ大切にした円空さんの心があふれた像だと感激したものです。

こんにちは。
玉さんの円空仏、なかなかカッコいいですね。
全体の形がおもしろいと思いました。
円空の両面宿難(「な」の字が出ない)、どっかで見た記憶があります。すごい迫力でした。こんなものを造る人が、宗教というか何かそういうものを強烈に信じていない訳がない・・とその時思いました。

きらりんさん、こんばんは。

★コメントありがとうございました。
★円空さんの仏様は、そこら辺に落ちている木片や木株で即席で作ったものですから、数百年の長い年月のうちに、薪と一緒に燃やしたり、外で腐って土に還ったりしてしまったのでしょうが、それでも全国の彼方此方に多く現存しているということは、余程の数を作ったのですね。凄いエネルギーです。

オーラが

玉先生の 円空さん、
ちょっときどって かっこいいですね。
とても30センチ位の大きさのようには見えないです。
立派な狛犬ならぬ 寺門の毘沙門天様みたいなかんじにみえますね・・。(私はお寺のことよくわからないけど、なんやらちょびっとすごさを感じます)一度しか行ってないのですが高賀山でみた円空仏を思い出しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/190-fe56e6fb

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。