希望/汽車

希望/汽車
★あの頃、岸洋子さんが歌う『希望』という歌が流行っていた。東大安田講堂事件で頂点に達するあの壮絶な学生運動が始まる直前のことである。私はノンポリだったのでせいぜい道一杯に手をつないで『安保反対!』のシュプレヒコールをしながら歩くフランスデモというやつに参加する程度だった。
しかし、主体性を無くして、ドヨ~ンと澱んでしまった日本を何とかしたいという仲間たちの熱気は私にも分かった。私たち画学生もダダイスムを気取った抽象画を描くヤツが多かったが、今思えば、せめてカンバスの中に体制への抵抗を表現していたのだろう。

★この歌は、そんな時代背景のなかで流行った。
『希望』というタイトルなのに、メロディーにも歌詞にも、ポジティブさはない。どこか倦怠感がただようデカタンス調の歌なのだが、そういう歌特有の叙情感にあふれていて、いまでもこの汽車をモチーフにした『希望』は大好きだ。

★その3番の歌詞
希望という名の あなたをたずねて
寒い夜更けに また汽車にのる
悲しみだけが あたしの道連れ
となりの席に あなたがいれば
涙ぐむとき そのとき聞こえる
希望という名の あなたのあの唄
そうよあなたに また逢うために
あたしの旅は いままた始まる

現実からの脱皮をめざし、進もうとするがなかなかままならない。でも、やっぱり進まなければ何も見えてこない、今度は路線を替えて進んでみようか…、どうなるか分からないけど…。
私にはそんな歌詞に思える。

★話は唐突に変わるが、私が過去仕事の中でかかわってきた‘不良'と世間から呼ばれる子たちの中の多くも、やっぱり、〈現実からの脱皮をめざし、進もうとするがなかなかままならない〉で苦しんでいた。自分を見つめようとする気持ちがあるという点で、悩みも苦しみもなく現状に安穏として過ごしている子よりは、彼らの方がはるかに将来の可能性を秘めていると常々思っている。

★汽車をモチーフにした歌はたくさんある。話はさらに唐突だが、大月みやこさんの少し前のヒット演歌「女の駅」はこうだ。
はかない さだめね あなた 髪が泣く
夜明けが憎いね あなた 夢が泣く
心悲しい 女の駅は
追って 追って 追って行きたい
汽車が二人を 引き離す

ここでは、自分は汽車に乗れないと、自分で自分を決めつけている。『ウジウジしてないで、あんたも汽車に乗ったら!』と応援したくなる。

★(う~ん、でも、大月みやこ、もいいなぁ…)

ポチッとお願いします。!


コメント

響さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★そうそう響さんの故郷、釧路でしたね。私の県でやった某大会の次が釧路大会でしたので、引き継ぎと当日との2回、行ったことがあります。地理的に市内の何処のあたりか分かりませんが、小さな飲み屋が並んでいる街で飲み遊びました。映画に出てくる北の街って感じでした。
★銀河鉄道999の劇場版の最後の場面に流れるナレーション。グッと胸をえぐりました。「さらば少年の日よ……」ってやつ。

Bokkasaさん,こんばんは。

★ありがとうございます。
★お互いに飛騨の小学校の修学旅行は汽車で名古屋方面でしたね。
そのとき東山動物園で買ったガラス玉の中に水が入っていてそこにサカナか何かが浮いている小さな飾り物、つい最近まで大切にとっていたのですが、割れてしまいました。
まだ、売店に売っているかな…。

こんばんは。

汽車♪の曲というと、
『銀河鉄道999』ですね。

さあ行くんだ その顔を上げて
新しい風に心を洗おう

明るそうな曲ですが、あのアニメの列車には
主人公とその連れの他には数人しかお客が乗ってなかった気がします。
人気の無いツアーですね。。。

私はふるさとが釧路ですが、
ある意味、鉄道の東の極地(言いすぎ?)ですね。
『釧路駅』という曲ができるとしたら・・かなりさみしそうです・・。

こんばんは。
まだ、夏休みだというのに涼しくなりましたね。
と思ったら、豪雨にゲリラ雷・・・昨夜は眠れませんでした。
玉さんの地域は、大丈夫でしたか?

夢を乗せた「汽車」で、修学旅行へ行ったことを思い出しました。
小学校は、高山線で名古屋・岐阜への旅でした。

たけちゃん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★エノケンさんやその時代の面々の映像を見ながら、微かな記憶をたどりました。
日本がこれから立ち直ろうとしていた時代を背景に流れたまさに‘希望’の歌だったのですね。今聞いても明るい気持ちを抱かせてくれますね。

希望!

えー リアルタイムには もちろん知らないでがんすが
若い頃から この歌を聞くと 何故か希望が湧いてくるでがんす。。。

http://jp.youtube.com/watch?v=LA6f0u0xQpI

水無月さん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★〈リズミカルなレールの響き…〉、黒澤明監督の「天国と地獄」の中で、犯人の電話の声に混じって聞こえる‘カタンカタン’と言う音jから『この音は江ノ電の音!』と、明察するベテラン鉄道員の場面がありました。鉄道、線路、駅、それぞれに、そこ独特の個性があるのですね。
★北海道の駅の表情、また見せてください。

artkazukoさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★ホントに「ゆっくり」を忘れてしまったような社会ですね。私自身もそうです。締め切りにせかされて印刷屋とのやりとりの毎日です。
★今の仕事を辞めたら、今後こそ、ゆっくりとお絵描き三昧の生活を
したいと楽しみにしています。いま、描いておかないと二度と見れない山村風景などをスケッチして回ろうと、地図でチェックなどもしているのです。

足袋ネコさん、おはようございます。

★ありがとうございます。
★「まぁまぁ、押さえて、押さえて」「事をこれ以上大きくしないで」「今はそれを言うな、我慢しとけ」、といった言葉を結構言われてきたし、言ってきたように思います。そんな組織、会社人間の男どもの妄想が演歌に描かれた‘涙こらえて’的女性を流行らせたのでしょうか。が、現実には‘涙こらえて’的女性は私の周辺には一人も居ませんでしたけどね。むしろ、それ的な男のほうが多く居たような…(大笑い)

玉さん、こんばんは。

私は田舎に住んでいるせいもあって、満員の通勤電車というものには縁がなく、汽車といえば旅情をかきたてられるものです。
どこまでも続いていくレールの上を、汽車がリズミカルな音をたてて走っていく・・・。
夜汽車が照らしていく光の先には、不安の中にもとにかく前へ進むことで、希望に辿りつけるような気がします。

私は鉄道の写真をよく撮影しますが、リズミカルなレールの響きは心地よいものです。
また駅での光景も撮影しますが、大きな荷物をもって旅へ出る人の表情はとても明るく、見ていてこちらも嬉しくなったりします。
汽車に乗る人は、楽しい旅をする人ばかりではありませんが、そこには何か、人の想いがあふれている場所だとと思います。
イラストの汽車は、とてもクラシカルな機関車と客車ですね。
機関車が客車を牽くスタイルの列車は、やはり汽車の基本だなと思います。

お久しぶりです。
「汽車」はその形にしても叙情的なムードにぴったりで、
絵になりますね。
「ヨギシャ」という響きもいいです。
「夜飛行機」なるものはないですもの。
ゆっくりと目的地に向かっていく・・・。
その時間のゆとりが人に物事を考える余裕や、
様々な事物に対する心のゆとりを育てていくと思います。
早いこともいいですが、遅いこともいいこと。
途中下車して、横道にそれても、ゆっくり人生を歩んでいくのもまた大切なこと。
今はなんだか、生き急がしているような気がします。
もっとゆっくり、汽車の旅のように・・・。

いろいろ意見を言ったり,私はこうだ!と言うと
アイツは輪を乱す悪いヤツとレッテルを貼りました。
意見を戦わすのが面倒くさかったのでしょう
なぁなぁでまとめる方がラクチンですもの
それとも聞く耳を持とうとしなかったのかも
自分を主張する事が苦手な日本人
世界から置いてけぼりです
演歌のような 我慢が美徳の時代はとっくに過ぎました

枯雑草さん、こんにちは。

★ありがとうございます。
★蒸気機関車、乗っている乗客も煤煙で黒くなり、線路脇の家々の干し物を汚し、トンでもないヤツと当時は思いましたが、とにかくその風貌といい、音といいエネルギッシュでした。何かに向かって驀進しているという巨大な生き物という感じは確かにしました。が、この猪突猛進のイメージは現代にそぐわないというのも確かですね。
★現在は、枯雑草さんのように四国巡礼の歩き旅こそ、かえって新しい夢を見つけることが出来るのでは…。

saraさん、こんにちは。

★ありがとうございます。お久しぶりです。
★そう願っても、いつもポジティヴな気持ちで生活できません。私も元気そうに振る舞っていますが殆どが表面だけのカラ元気のときが多いのです。生きていること自体が障壁と対峙することと思います。
その意味で、この「希望」の歌詞、うまいこと表現してるなぁ、といつも思います。こういう状況の中からこそ、ホントの「希望」を見つけていきたいですね。
★汽車、駅、プラットホーム…、そこは絶対に、「希望」を見つけられるところですね!。

こんにちは。汽車という言葉、独特の響きを持っていますね。厳密には蒸気機関の列車をいうのでしょうが、気動車や電車を含め、長距離の鉄道は皆汽車と呼ばれることがあるのではないでしょうか。今自分が住んでいる世界から、その汽車に乗って何か未知のもののある別の世界に行く・・そんなイメージを感じます。でも、今や日本の街はどこも同じよう、日本国中汽車に乗っているだけでは新しい未知の世界には出会えないだろうなー・・。玉さんの希望のお話を聞きながら、これから汽車に替わる希望の譬えは何になってゆくのだろうか・・と考えていました。

お久しぶりです・・。
イラストの汽車から出てゆく煙・・・見ていると、私も前に進んでゆけそうな気がしました。
『希望』の歌詞も・・・。実は、ちょっといろいろと迷っていた時だったので胸に沁みました・・。汽車、そして駅は、迷いや悩みがあっても勇気を出して進んでゆくことを教えてくれるような気がしました。
>現実からの脱皮をめざし、進もうとするがなかなかままならない。でも、やっぱり進まなければ何も見えてこない、今度は路線を替えて進んでみようか…、どうなるか分からないけど・・。
本当にその通りですね。(^^)
素敵なイラストと記事を拝見して、気持ちがとても軽くなりました。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★高校の頃まで、高山線にも煙を吐く機関車が走っていました。あの頃はシャツが汚れて、鼻の穴が黒くなって、どうしようもない列車だと文句を言っていましたが、今になると懐かしく「あれこそ鉄路を走る最高の汽車だった」と思うから不思議です。

夜汽車、最終列車のテールランプ、やっぱり汽車でなくっちゃ。
東北本線は私の高校まで汽車で単線でした。石炭をたいた煙の匂い。記憶に染みこんでいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/179-157d8f64

FC2Ad