スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑中お見舞い

暑中お見舞い
★暑中お見舞い申し上げます。

★子どもたち、多分、夏休みの宿題や課題をすっかり忘れて、今が一番楽しい夏休みのピーク。
暮れなずむ夏の夕陽に遊ぶ昭和村の子どもたちの姿をご覧ください。(以前、童謡の歌詞のバックイラストに描いた作品です。)

★今夏の酷暑はそうとうなものです。ちょっと外にいただけで、骨の芯まで焼きが入ったようなカンカン照りの毎日です。
家内とのウォーキングの時間を少し下げて陽が落ちてからにしたのですが、アスファルトから立ち上る熱気は全くおさまらず、歩いているうちに汗まみれのランニングの中にカビやキノコがすぐ生えてくるのではないか、と冗談が出るほど高温多湿の日が続きます。
また今夜も熱帯夜か…。

☆エアコンでガンガン冷やしながら、『この異常な暑さはCO2の地球温暖化のせいね!』などと言っている人。(キミこそ温暖化元凶のひとり…)
☆『オレ、エアコン嫌いなんだ、家では窓を開けて寝てるよ』というくせに、会社では『ぜんぜん冷えていないな!もっと設定温度を下げろ!』とわめいている、ただのケチな人。
☆『うちのエアコン、室外機は壊れていないので、室内機の方だけ換えてもらえないかしら…』と、出来ない相談を持ちかけて家電店でねばっている人。
☆もう十数年も頑張っているエアコン、数年前からカタカタと変な音がしはじめ、この夏は持ちこたえるかな…、とヒヤヒヤしながらエアコンのスイッチを入れる私の家。

★〈今夏の酷暑はそうとうなもの〉と書きましたが、思えばずっと前から夏になるたびに同じ事を言っているような気がします。子ども頃だって暑さにヒーヒー喘ぎながら登下校の長い道のりを歩いた事を思い出しますし、中学校のとき、校庭での一学期の終業式で暑さのために頭がボーとなって今でいう熱中症一歩手前までいった記憶もあります。
考えようによっては‘酷暑'と‘厳寒'があるからこそ、四季の移ろいをハッキリと感じることが出来るし、そのことで日本人独特の感性が形成されてきたのかもしません。
 とでも無理矢理思いながら、あと一ヶ月、我慢、我慢。

ポチッとお願いします。!



コメント

artkazukoさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★全く心配事を感じないで、ただ遊ぶだけだった遠いあの頃をイメージして描きました。
★今朝も早くから40℃への上昇を予感させるようにうるさくセミが鳴いています。水やりをしながら近づくと、焦げ茶色のアブラセミです。このアブラセミの風貌が、一層暑さをつのらせます。参った、参った!

少女の心のぬくもりが感じられます。
暑さより暖かでなおかつ涼しげな印象です。

子供のころは夏休みを楽しみにしていましたが、
今は・・・・・。
せみの声も子供のころとは、受ける印象が異なります。
自然に対する順応力は年とともに衰えていくということでしょうか?

boumamaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★暑い、暑いと言いながら、暑い外で遊び回る子どもたち、いまも昔も変わりませんね。出来れば、私たち大人も、エアコンから脱皮して自然のなかにいたいものです。汗を拭いながら木陰でスケッチなんてのをやりたいと思っているところです。

bokkasaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★この絵、なつかしい情景を思い起こしていただいてありがとうございます。飛騨昭和村の雰囲気出ていますか?
日が暮れるギリギリまで遊んで、晩飯を喰って、風呂に入って寝る、勉強は明日午前中にやると言って、結局夏休みが終わりに近づくまでやらずに…。

夏休み

「暑中 お見舞い 申し上げます」

玉さんの仰るように今年は異常に暑い!と、毎年のようにつぶやいてるように思います。
詩的なイラストで子供の頃の夏の日(遠い目)を思い出しています。
朝からドップリ日が暮れるまで外で一日中遊びまわっていました。
全身、ぐったりして夜もな~んにも考えず爆睡していたあの頃。
そして夏休みの終わる頃、慌てて宿題のページをめくってました^^;

思い出

暑中お見舞い申し上げます。
ちまたでは、酷暑お見舞い申し上げます。と飛びかっています。
四季のあることに感謝し、早く秋が来ないかな~~と首を長くして待っております。

昭和村の子ども・・・昭和に育った子供のころを思い出します。
クワガタ・・・沢山、いましたね。オスもメスも採りましたが、カブトムシはあまりいなかったような記憶。夕暮までよく遊びました。
素敵なイラストで過ぎ去りし日を思い出しました。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★〈叙情的なイラスト〉とのご感想、うれしいです。これをつくったとき、思い切りそういう雰囲気を出そうと苦心したものですから…。
★私もクーラーは嫌いだったのですが、やせ我慢をしていると家の中でも熱中症になる!と、テレビの番組で脅していたものですから、最近は就寝前にクーラーから、ゆる~く冷えた風を貰っています。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★一つの季節の始まりには、無意識のうちに必ずその季節の終わりや次の季節の始まりをさがす…、ってことありませんか?、それもハッキリとした四季を持つ日本人の感性なのですかね。あの「小さい秋みつけた」という童謡も、そんなとこではないでしょうか、あの歌私大好きです。

こんにちは。
とっても叙情的なイラストですね。こういうの見てると、小さい時の夏休み、思い出が尽きませんね。暑さや寒さがあって、日本人としての感性が育ってきた・・。その通りだと思いますが、このところの暑さ尋常ではありませんね。体力の弱った年寄りには酷暑だと感じます。1日、クーラーのあるデパートや図書館で過ごす人も多いとか。悲しいことですね。

夏休みの真っ最中、始業式はまだまだ先、宿題なんぞは忘れて、いや、思い出さないようにして川や池で水浴び、思い出しますね。
イラストを見るとそろそろ夏休みも終盤、夕暮れにはカナカナゼミの声も聞こえ始め、すぐ側に秋が忍び寄って・・・そんな郷愁をさそう雰囲気、良いものを見せて頂きました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/176-f4e5eba4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。