スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月下美人

月下美人
★ず~っと前から欲しかった‘月下美人’、昨年の秋、家内が友人から一鉢いただいてきました。それが昨夜、一房(一輪というより一房と言った方が適している容貌だったものですから…)ですが見事に花開きました。

★二週間ほど前に、鉢の下の方の葉に花芽らしき突起が出て、その突起の根元が日に日にゾウの鼻のように伸びて花芽を押し出していき、同時に先っぽの花芽は風船のように膨らんでいきます。
昨日の午後5時半、帰宅して車から降りると家内が待ちかまえていたように飛び出てきて『今夜、咲くかもよ!』と言うので、見るとポンポンに膨らんだ蕾の彼女が玄関の横で揺れていました。

★それから何回彼女を見に外に出たでしょうか、もう8時頃からは玄関の出入り口をふさぐように鉢を置いて、イッパイやりながら網戸ごしに監視です。
そして最も美しくも妖しい姿を見せてくれたのが深夜11:30です。
花が開く不思議な過程といい、見事なその容貌といい、こんな花がこの世にあるのか…、と思いながら、午前1時頃まで見とれていました。

★今朝6時、花はすっかり萎んでダラッとぶら下がっていました。
‘月下美人’…、まさに彼女は一夜限りの夢の花です。

☆今夏の終わり、涼風が吹き始めた頃、もっといい土に換えて、もっといい鉢に換えて、伸びすぎた上の葉を剪定してあげて、ギリギリまで寒さにあてて、冬はしっかり家の中で養生してやり、来夏の彼女は幾房の花を一夜に見せてくれるか…、楽しみでなりません。

ポチッとお願いします。!

コメント

水無月さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★来夏までのお楽しみです。この秋から来春までの養生の仕方で来夏の花の付きようが決まるそうです。やっかいなヤツですが、それだけ楽しみも大きいのです。
★こちらの酷暑は骨のなかの髄液まで沸騰しているのではないかと思うほどの暑さです。ちょっとオーバーですが…。北海道はいいですね。

bokkasaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★きれいでしょ!
この花、先のクジャクサボテンと同じ科の仲間だそうです。が、片や夏の真昼に真っ赤な花、片や真夏の夜中に真っ白な花、同じ仲間でありながら、その両極端がまた不思議ですね。

玉さん、こんばんは♪
今年の暑さはお辛いでしょうね。暑中お見舞い申し上げます。
今のところ涼しい北海道・・・湿度も低くカラッとしています。涼しい場所にいて申し訳ない気持ちです。

月下美人・・・一夜の美しくも儚く、そして潔い命ですね。
たった一夜の夢を、今日か、明日か?と、ご夫婦で心待ちにされてたお気持ちも、花同様美しいと感じました。

今日も過ごしやすかったですね。
雨と雷・・・長い時間、ゴロゴロいっていましたのでPCに向かうことができませんでした。
テレビに雷が落ちても、アナログだから買えばいいけど、PCに落ちたら大変、大変、大事な画像などのデーターが入っていますから・・・

♪月下美人、綺麗ですね。
 なるほど、と思う花の名前、誰が付けたのでしょうね。
 華やかなクジャクサボテンも綺麗でしたね。

nanbuyaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★だれも見ていない夜のしじまに揺れている真っ白い見事な花。月下美人とは実に見事な命名だと、彼女を見ていて思いました。
★ネットによると、萎んだ花は栄養価高く、テンプラにして食すと美味、と書いているヤツがいました。なんと不心得なヤツ!

外道sさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★なんとも不思議で妖しい花ですね。鼻を近づけると結構キツイ香りがします。深夜の一時に全てを賭けているようでいじらしい気もします。
★秋に伸びた葉を切って、きり口を2~3日乾燥させて、鉢の土に挿しておけば、どれだけでも増えると聞きました。来夏の楽しみが増えました。

枯雑草さん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★一晩だけ、それも深夜の数時間だけ、何か意志のある生き物といった不思議な植物ですね。
★『私に勝てる美しさってある?』と真っ暗な周囲を睥睨しているようで、まことに妖しい夜の花です。

boumamaさん、こんばんは。

★ありがとうございます。
★以前から写真やネットで見ていて、是非欲しいと思っていた月下美人、昨年いただいて、今年咲くとは思っていませんでした。実物は想像していた以上に妖しく、美しく、見事でした。
今はもう、葉?茎?だけが何もなかったように伸び放題です。

たった一夜限り、それもわずか数時間。
何故に真夜中に咲くのか?不思議です。その時間、花粉を運ぶ蝶やハチがいるとも思えないし、・・・・
花の命は短くて・・・儚すぎます。

月下美人
去年の盆に、初めてみました。
私達(身内)が夜、花火をしに近くの学校に行っているとき、実家の近くの方からいきなり声をかけられ、「今日咲いたんですよ!見て行きなさい。」見てみると月下美人でした。
とても感動しました。
そのおじさんも、夜中?月下美人の前にいました。
年に一回しかない、晴れ姿、しかもひっそりと夜に咲く花。
何とも良い感じです。
いろいろ詮索するのも、無粋な気になる容姿です。

こんにちは。
暑い、暑い夏の夜。玉さんのお宅で月下美人が咲いたのですね。すばらしいです。「彼女は一夜限りの夢の花・・」まるで、1年に一度だけ会える恋人のようですね。これから、しっかり養生してあげて来年の逢瀬に夢を託すのですね。いいですね・・。

妖しい美しさ

毎日暑いですね。

何と、あの月下美人が玉さんの家で開花したのですか。
まるでこの時を見計らったように・・・ジリジリと待つ楽しさよ♪
マンジリともせず見つめてた甲斐あって、目の前にパッと開いた時は幻想的でまるで夢のように思われたことでしょうね。

暗闇に浮かび上がるように咲いた月下美人・・・素晴らしいです。パチパチ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tamakiyosi.blog76.fc2.com/tb.php/175-fc666409

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。